タグ別アーカイブ: ニコ・ガイタン

アトレティコがベンフィカの主力2選手に興味。CLグループステージ最終節で直接視察へ

『A BOLA』

アトレティコ・マドリードが、ベンフィカに所属する2選手の獲得を狙っている。アトレティコは、ポルトガルリーグ12節のベンフィカ対アカデミカ戦にスカウトを派遣し、両選手を視察したようだ。

1人目が、ベンフィカのエースで10番を背負うアルゼンチン代表FWニコ・ガイタンである。同選手は長らくシメオネ監督の獲得リストの上位に掲載されている。ただ、ベンフィカは3500万ユーロの移籍金を要求し、また、プレミアのほとんどの強豪クラブが関心を寄せていることから、獲得は容易ではないだろう。

2人目が、19歳ながらポルトガル代表にも選出されたFWゴンサロ・グエデスである。今季よりトップチームに定着した同選手は、ビセンテ・カルデロンで行われたCLベンフィカ対アトレティコ戦で、ポルトガル人最年少得点を挙げ、チームを勝利に導いていた。それ以来、アトレティコはグエデスに興味を持ち始めたようだ。アカデミカ戦では出場機会がなかったものの、CLグループステージ最終節のベンフィカ戦を利用して、ニコ・ガイタンとともに現地で視察するようだ。

CL最終節にグループ首位通過をかけて直接激突するベンフィカとアトレティコ。すでに両者ともにグループ突破を決めていることから、試合結果以上に、ガイタンとグエデスの両選手がどれほどのパフォーマンスを発揮できるかに注目が集まりそうだ。

©FutePor -ふとぽる-

プレミアの4大クラブがベンフィカ10番の争奪戦へ。いよいよ移籍実現か?

『A BOLA』

長年ささやかれているベンフィカのアルゼンチン代表FWニコ・ガイタンの移籍騒動。これまで、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、チェルシーなどといったプレミア勢を中心にベンフィカ10番への関心が噂されてきた。

そしてここにきて、アーセナルが獲得競争に参戦することになった。『Mirror』によると、同クラブは今季より積極的にガイタンにスカウトを送り身辺調査をしているという。

ベンフィカのエースとして、今季もチームに勝利をもたらす活躍をしているガイタン。CLでの活躍ぶりからも、ヨーロッパトップクラブの関心をさらに集めているようだ。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカ戦を目当てにチェルシーを始め複数クラブがルススタジアムへスカウトを派遣

『A BOLA』

ポルトガルリーグ第10節、ルス・スタジアムで行われたベンフィカ対ボアビスタの一戦に複数クラブがスカウトを派遣した。

ジョゼ・モウリーニョ率いるチェルシーや、パウロ・ソウザ監督のフィオレンティーナ、カルロス・カルバリャウが指揮を執るシェイフィールドらが担当者を派遣。他にも、ベティスやセルティック、国内クラブからはアロウカとアカデミカらも、この一戦に注目した。

この日輝いたベンフィカ選手は2選手。先制点をアシストした10番ニコ・ガイタンは、長年移籍市場を賑わす人気銘柄だ。それから、そのゴールを決めた注目の若手ゴンサロ・グエデス。先日ポルトガルA代表にも初招集されたヤングスターを目当てに訪れたクラブも多かったことだろう。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカの2大エースが契約延長交渉へ

『A BOLA』

ベンフィカのエースFWジョナスとニコ・ガイタンの2選手が、クラブとの契約延長に臨む。

ジョナスに関し、現在代理人を務める兄弟のティアゴ・ゴンサウベス氏が、契約延長のためリスボン入り。昨季リーグMVPのブラジル人FWは、ベンフィカと2018年まで契約を延長する意向だ。

また、今季も移籍が濃厚とされながら結局ベンフィカへ残留したニコ・ガイタンに関し、来週中にも新契約にサインするという噂が流れている。エースナンバー10が現在保持する契約は2014年11月に締結されたものであり、2018年までの期間を残している。今回はもう3年間の契約延長に臨むという。

第2節で早くも黒星を喫し窮地に立たされているベンフィカ。2大エースの契約延長はこの上ない補強になりそうだ。

©FutePor -ふとぽる-

未だ揺れ動くガイタンの将来。次はユベントスと交渉?

『A BOLA』

ベンフィカの人気銘柄ニコ・ガイタン。ポルトガルからの移籍先はイタリアになるのだろうか。『TVI 24』によると、アルゼンチン代表ウイングは、投資ファンドであるDoyenを通じてユベントスと交渉中だという。イタリア王者はこの夏、ポルトよりLSBアレックス・サンドロを獲得している。

2010年の夏にボカ・ジュニアーズからベンフィカへ到来したニコ・ガイタン。それ以来、毎年移籍市場を賑わしてきた同選手は今夏での退団を希望している。その移籍先候補には、マンチェスター・ユナイテッドやバレンシア、モナコにパリ・サンジェルマン、アル・アハリなどが挙げられている。イングランドの強豪への移籍が間近とみられていたが、ここに来てイタリア王者への移籍の可能性が浮上している。

©FutePor -ふとぽる-