タグ別アーカイブ: ネウソン・セメード

ベンフィカの移籍金額が1億ユーロを突破!ローマを抑え今夏の移籍市場でトップに

『Record』

ベンフィカが、今夏の移籍市場で最も多くの移籍金を生み出したクラブとなった。

先日、ネウソン・セメードを3000万ユーロでバルセロナに売却したことで、ベンフィカが生み出した移籍金額は、1億ユーロの大台を突破し、1億1180万ユーロに。日本円にして、約145億円(1ユーロ130円換算)を生み出したことになる。

この夏に多くの選手をヨーロッパのトップクラブに送り込んでいるベンフィカ。セメードの他にも、エデルソン・モラエスを4000万ユーロでマンチェスター・シティに、ビクトル・リンデロフを3500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドへ移籍させていた。

ちなみに、移籍金額でベンフィカに次ぐ2位は、モハメド・サラーをリバプールに売却するなどしたローマの約1億800万ユーロ、3位は、ロメル・ルカクを8400万ユーロでユナイテッドへ移籍させたエバートンの1億600万ユーロとなっており、1億100万ユーロで4位のリヨンまでが、ここまで1億ユーロの大台を突破したクラブとなっている。

©FutePor -ふとぽる-

プジョル、バルセロナ加入のネウソン・セメードについてコメント「セメードは…」

『O JOGO』

ベンフィカからバルセロナへ3000万ユーロで移籍したポルトガル代表RSBネウソン・セメードについて、クラブのレジェンドDFカルレス・プジョル氏がコメントを残した。

「ネウソン・セメードは非常に優れた選手だ。まだ若く、現在まで良いプレーをしてきた。バルセロナでは何が起こり、彼がどのように適応していくのか見てみようじゃないか。全てがうまくいくことを願っている」

今季はベンフィカをリーグ4連覇に導き、自身もポルトガルリーグで最優秀若手選手賞に輝くなど、母国で十分な結果を残したセメード。プジョルの期待に応え、バルセロナのRSBとしてその実力を世界に見せつけたいところだ。

©FutePor -ふとぽる-

16-17ポルトガルリーグ各種賞が発表。王者ベンフィカとポルティモネンセが独占!

『O JOGO』

ポルトガルリーグが、2016-17シーズンの各種賞を発表。1部、2部ともに、王者が賞を独占する形となった。

1部では、最優秀若手選手、最優秀GK、最優秀監督、最優秀選手が王者ベンフィカから選出。2部では、最優秀若手選手以外の賞を王者ポルティモネンセが独占した。

最優秀監督は、2年連続で同じ顔ぶれに。1部ではベンフィカのルイ・ビトーリア、2部では昨季シャービスで最優秀監督賞を受賞した「昇格王」ことビトール・オリベイラが、今回はポルティモネンセ監督として選出された。

1部の最優秀選手は、5年連続でベンフィカから選出。ネマニャ・マティッチ(現チェルシー)、エンゾ・ペレス(現リーベルプレート)、ジョナス(現ベンフィカ、2年連続)に続き、キャリアハイのシーズンを送ったピッツィがリーグMVPの名誉を獲得した。

以下、2016-17ポルトガルリーグ各種賞

<1部>
・最優秀若手選手
ネウソン・セメード(ベンフィカ)

・最優秀GK
エデルソン・モラエス(ベンフィカ→マンチェスター・シティ)

・得点王
バス・ドスト(スポルティング)

・最優秀監督
ルイ・ビトーリア(ベンフィカ)

・最優秀選手
ピッツィ(ベンフィカ)

・ベストゴール
サウバドール・アグラ(ナシオナル→ベンフィカ)

<2部>
・最優秀若手選手
ルイ・コスタ(バルジン)

・最優秀GK
リカルド・フェレイラ(ポルティモネンセ)

・得点王
ピレス(ポルティモネンセ)

・最優秀監督
ビトール・オリベイラ(ポルティモネンセ)

・最優秀選手
パウリーニョ(ポルティモネンセ)

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカまた大型移籍か。RSBネウソン・セメードが5000万ユーロでバルサ移籍目前

『zerozero.pt』

ポルトガルリーグ王者ベンフィカが、さらなる大型移籍を実現させそうだ。

昨日はブラジル代表GKエデルソン・モラエスを4000万ユーロでマンチェスター・シティへ売却することを発表したが、次はポルトガル代表RSBネウソン・セメードの移籍が濃厚となったようだ。

ネウソン・セメードにオファーを提示しようとしているクラブは、バルセロナ。ポルトガル代表の若手RSBに5000万ユーロという天文学的な移籍金を差し出す用意があるようだ。移籍交渉には敏腕代理人ジョルジ・メンデスが関わっており、なるべく早くに交渉を締結させたいバルセロナは、数日中の移籍完了を望んでいるという。

衝撃のデビュー年となった昨季に続き、セメードは今季もベンフィカ不動のRSBとして活躍し、47試合に出場。ベンフィカは23歳の同選手と2021年までの契約を結び、違約金は6000万ユーロに設定している。

©FutePor -ふとぽる-

UEFAが16-17ポルトガルリーグのベスト11を選出!ポルトが優勝のベンフィカを超える

『maisfutebol』

UEFAのポルトガル語版が、16-17シーズンのポルトガルリーグベストイレブンを選出した。

UEFAが選定したのは、ベストイレブンの11名とその控えとして7名。チームを率いる監督とシーズンMVPも選出した。イレブンには、3位スポルティングから2名、優勝のベンフィカから4名、2位のポルトからは優勝チームをこえる5名の選手が輩出された。

以下、UEFAが選出した16-17ポルトガルリーグベストイレブン

ベストイレブン
GK
イケル・カシージャス(ポルト)

DF
ネウソン・セメード(ベンフィカ)
フェリペ(ポルト)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ)
アレックス・テレス(ポルト)

MF
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
ビッツィ(ベンフィカ)→シーズンMVP

FW
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)
チキーニョ・ソアレス(ポルト)
コンスタンティノス・ミトログル(ベンフィカ)
バス・ドスト(スポルティング)

控え
GK
エデルソン・モラエス(ベンフィカ)

DF
マキシ・ペレイラ(ポルト)
セバルスティアン・コアテス(スポルティング)

MF
アドリエン・シウバ(スポルティング)
ヤシン・ブライミ(ポルト)

FW
ムサ・マレガ(ビトーリア・ギマラインス)
ジョナス(ベンフィカ)

監督
ルイ・ビトーリア(ベンフィカ)

©FutePor -ふとぽる-