タグ別アーカイブ: ネマニャ・マティッチ

マティッチ、ベンフィカの最年少GKに対するモウリーニョの指示を明かす

CLベンフィカ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は、アウェイのユナイテッドが0-1で勝利したが、この日最も注目を集めたのは、良くも悪くも、今季アンデルレヒトから加入したベンフィカGKミル・スビラールであった。

この日、CLでデビュー戦を飾り、イケル・カシージャスが持つ18歳3ヶ月の最年少出場記録を塗り替え、18歳1ヶ月で欧州最高峰の舞台に初出場した同選手であったが、決勝点は自身のミスにより献上し、ほろ苦いデビューを飾っていた。

この決勝点は、ジョゼ・モウリーニョの狙い通りのものとなった。古巣との対戦となったマンチェスター・ユナイテッドのネマニャ・マティッチは、デビュー戦がいきなりのユナイテッド戦というプレッシャーの渦中にあった最年少GKに対するモウリーニョの指示を明かした。

「積極的にシュートを打ち、彼めがけてクロスを多くあげるようにという指示があった。彼はまだ若く、デビュー戦だったからね」

信じられないミスでチームを敗戦に追い込んでしまったスビラールだが、18歳の若さで、CLの、しかも世界的ビッグクラブとの試合でのデビューを飾った同選手への称賛が相次いでいる。マティッチは「これがフットボールというもの。彼は偉大なGKで、ベンフィカの未来だ」と、ミスへの同情とスビラールへの期待を語った。また、ユナイテッド指揮官モウリーニョも「彼はフェノメノ。多くのクラブが彼の獲得に大金を払うことだろう」と大成を予見した。

試合後には、対戦相手で母国の先輩であるルカクに慰められたスビラール。ほろ苦いデビュー戦は、将来有望な若きGKにとって大きな糧になる経験だったに違いない。

©FutePor -ふとぽる-

人材輩出目覚ましいベンフィカ、ついに超高額移籍選手でベストイレブンが完成!

近年、ライバルのポルトやスポルティングらを上回るペースで、ヨーロッパに多くの人材を送り込んでいるベンフィカ。クラブに入団した頃は無名でも、多くの選手が多額の移籍金を残し、ヨーロッパのビッグクラブへ羽ばたいていっている。スペインメディア『El Mundo Deportivo』が、そんなベンフィカの人材輩出力を取り上げ、高額な移籍金を残して退団したベンフィカ選手からベストイレブンを選定した。

GK
エデルソン・モラエス
(4000万ユーロでマンチェスター・シティへ)

DF
ファビオ・コエントラン
(3000万ユーロでレアル・マドリードへ)

ビクトル・リンデロフ
(3500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドへ)

ダビド・ルイス
(2500万ユーロでチェルシーへ)

MF
ネマニャ・マティッチ
(2500万ユーロでチェルシーへ)

アクセル・ウィツェル
(4000万ユーロでゼニトへ)

レナト・サンチェス
(3500万ユーロでバイエルンへ)

ベルナルド・シウバ
(1500万ユーロでモナコへ。その後、5000万ユーロでマンチェスター・シティへ)

FW
ニコ・ガイタン
(2500万ユーロでアトレティコ・マドリードへ)

ロドリゴ
(3000万ユーロでバレンシアへ)

ディ・マリア
(3300万ユーロでレアル・マドリードへ)

ベンフィカは、2010年からの7年間ですでに4億5000万ユーロという桁外れの移籍金収益を上げているが、今回選ばれたベストイレブンが生み出した移籍金は、なんと3億ユーロにも及ぶ。

©FutePor -ふとぽる-

日本人選手も参考に。チェルシーのトップ選手が語学学習の重要性を語る

『SAPO Desporto』

チェルシーMFネマニャ・マティッチが、『ESPN Brasil』のインタビューに応じ、2年半を過ごしたベンフィカでポルトガル語を学んだことの重要性について語った。

「ポルトガルへ行くことになったとき、そこはヨーロッパ最西端の国であり、言語を学ぶ必要があった。2年半を過ごしたけど、最初の2年間は特にね。もしそうしていなかったら、あそこで生きて行くのは不可能だった。語学学習は重要なものだった。今は話せるようになってよかったと思っている。まだポルトガル語は完璧ではないけれど、他の人と不自由なく話せる。僕の言っていることを分かってもらえるし、僕も彼らのことが分かる。それがもっとも重要なことなんだ。いい経験だった。フットボールについてだけでなく、違ったカルチャーも知れ、多くのことを学んだよ」

現地の語学と文化を学び、チームに溶け込んだマティッチは、ベンフィカではリーグMVPに輝く大活躍を果たし、チェルシーへとのぼりつめた。彼のようなトップ選手としてプレーするには、チームメイトと難なくコミュニケーションをとり、サッカー以外の世界でも、不自由のない日常生活を送るなど、海外リーグで安定した生活ができることが重要なのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

バルセロナ、チェルシーの首位躍進を支えるマティッチに興味。「2つの要件」を満たす?

『SAPO Desporto』

バルセロナが、チェルシーとの契約が今季限りとなっているネマニャ・マティッチの獲得に興味を抱いている。

スペインメディア『Mundo Deportivo』によると、このセルビア人MFは、バルセロナが望む選手に求める「2つの要件」を満たしているようだ。すなわち、フィジカルに強く、また、テクニックに優れてゴールを決める能力もあること。194センチと長身のマティッチは、セントラルMFとしてセルヒオ・ブスケツと似た特徴を持つ選手として、バルセロナが注目しているという。

ベンフィカで2年半を過ごし、リーグMVPを獲得したのちにチェルシーへ加入した28歳のマティッチ。今季は、カンテとダブルボランチを組み、プレミアリーグで首位を走るチームに欠かせない選手として活躍している。今季限りでチェルシーとの契約が切れるが、いまだ契約延長交渉はしていないことから、バルセロナは来季の補強の目玉として獲得を目指す意向だ。

©FutePor -ふとぽる-

かつての不仲説は何処へ。チェルシーMFがモウリーニョとの再会を求めマンU移籍を志願

『A BOLA』

イングランドメディアによると、マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任したジョゼ・モウリーニョが、古巣チェルシーよりセルビア代表MFネマニャ・マティッチの引き抜きを画策しており、選手自身も来季のオールドトラフォード行きを望んでいるようだ。

『The Sun』が報じたところによると、マティッチは来季よりチェルシーの監督を務めるアントニオ・コンテに退団を志願。理由は、かつては不仲説も報じられたモウリーニョと再び一緒に働きたいからだという。

マティッチは2015年、中心選手としてチェルシーのリーグ制覇に大きく貢献した。しかし、ポルトガル人指揮官が退任してからはポジションを失いつつあった。

かつての不仲説は何処へ。マティッチは、かつての師を追いライバルクラブへ移籍するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-