タグ別アーカイブ: バルセロナ

バルセロナ、チェルシーの首位躍進を支えるマティッチに興味。「2つの要件」を満たす?

『SAPO Desporto』

バルセロナが、チェルシーとの契約が今季限りとなっているネマニャ・マティッチの獲得に興味を抱いている。

スペインメディア『Mundo Deportivo』によると、このセルビア人MFは、バルセロナが望む選手に求める「2つの要件」を満たしているようだ。すなわち、フィジカルに強く、また、テクニックに優れてゴールを決める能力もあること。194センチと長身のマティッチは、セントラルMFとしてセルヒオ・ブスケツと似た特徴を持つ選手として、バルセロナが注目しているという。

ベンフィカで2年半を過ごし、リーグMVPを獲得したのちにチェルシーへ加入した28歳のマティッチ。今季は、カンテとダブルボランチを組み、プレミアリーグで首位を走るチームに欠かせない選手として活躍している。今季限りでチェルシーとの契約が切れるが、いまだ契約延長交渉はしていないことから、バルセロナは来季の補強の目玉として獲得を目指す意向だ。

©FutePor -ふとぽる-

バルセロナ、ポルトガル代表期待のRSB獲得が濃厚に?

『Record』

バレンシアのポルトガル代表RSBがジョアン・カンセーロのバルセロナ移籍が有力となっている。『Sport』は同選手のバルセロナ移籍を確実視し、移籍実現に向けた残す論点は、バレンシアが3000万ユーロを望んでいる移籍金のみであると報じている。

今季バレンシアから移籍したアンドレ・ゴメスに続き、再び代表期待の若手ポルトガル人が、同じルートを辿りバルセロナへ加入することになりそうだ。ただ、カンセーロ自身は今季末までバレンシアでプレーすることを望んでおり、移籍実現は来シーズンになりそうだという。

ポルトのアンドレ・ゴメスやスポルティングのジェウソン・マルティンスと並び、母国が欧州王者に輝いたEURO2016後にメキメキと頭角を現し始めたカンセーロ。セドリックの負傷離脱中に代表の定位置を獲得し、バレンシアでも主力を務める若手のRSBのバルセロナ移籍は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ジェウソン争奪戦はバルサがリード。スポルティングは8000万ユーロの新契約を用意か

『SAPO Desporto』

今季の大ブレイクにより、多くのメガクラブが関心を寄せるスポルティングWGジェウソン・マルティンスだが、同選手の獲得レースはバルセロナが一歩リードしているようだ。

ジェウソンがプレーした全ての試合にスカウトを送り込んでいるとされるマンチェスター・ユナイテッドなど、世界各国のメガクラブがこの21歳のポルトガル代表FWに興味を寄せている。そんな中、バルセロナは先日行われたポルトガル対ラトビアの一戦にロベルト・フェルナンデス氏を派遣。『SAPO Desporto』はバルセロナの強い関心の表れと報じた。

一方で、スポルティングは期待の若手選手を引き抜きから守るために、違約金8000万ユーロの新契約を用意しているという。ポルトガルを代表するヤングスターへと成長したジェウソン。その将来は、バルセロナかマンチェスター・ユナイテッドか、それともスポルティング残留か。

©FutePor -ふとぽる-

マンU、マンC、バイエルン、レアル、バルサ…スポルティンFWにメガクラブが行列

『SAPO Desporto』

スポルティングに所属する若手ポルトガル代表WGジェウソン・マルティンスに、世界各国のメガクラブが関心を寄せている。

『A BOLA』によると、ジェウソンに興味を抱くのは、チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、レアル・マドリード、バルセロナなど、まさにトップトップの錚々たる顔ぶれ。特に、ユナイテッドの関心は強く、同選手がプレーした全試合を視察しているという。

今季のCLレアル戦で、アウェイながらセルヒオ・ラモスら世界有数のDF陣を翻弄し、一気に脚光を浴びたジェウソン。スポルティングは、勢いそのままにポルトガル代表にも定着しつつある同選手に、6000万ユーロの違約金を設定している。

©FutePor -ふとぽる-

ゲヘイロ、バルサからのオファーを拒否したことを明かす「ノーと言うのは難しかった」

『SAPO Desporto』

ドルトムントのポルトガル代表SBラファエル・ゲヘイロが、バルセロナからのオファーを断っていたことを明かした。

「バルセロナにノーと言うのはとても難しかった。でも決断しなければならない時が来て、僕はドルトムントのオファーを選んだ。今季はレギュラーとしてプレーする必要があると思っていたし、成長するための出場時間が必要だった。現時点では、幸運にもドイツですべてがポジティブだよ」

今季ロリアンから1200万ユーロでドルトムントに加入したゲヘイロは、本来のSBではないインサイトハーフのポジションでプレーするなど、自身のプレーの幅を広げている。

©FutePor -ふとぽる-