タグ別アーカイブ: バルセロナ

ジェウソン争奪戦はバルサがリード。スポルティングは8000万ユーロの新契約を用意か

『SAPO Desporto』

今季の大ブレイクにより、多くのメガクラブが関心を寄せるスポルティングWGジェウソン・マルティンスだが、同選手の獲得レースはバルセロナが一歩リードしているようだ。

ジェウソンがプレーした全ての試合にスカウトを送り込んでいるとされるマンチェスター・ユナイテッドなど、世界各国のメガクラブがこの21歳のポルトガル代表FWに興味を寄せている。そんな中、バルセロナは先日行われたポルトガル対ラトビアの一戦にロベルト・フェルナンデス氏を派遣。『SAPO Desporto』はバルセロナの強い関心の表れと報じた。

一方で、スポルティングは期待の若手選手を引き抜きから守るために、違約金8000万ユーロの新契約を用意しているという。ポルトガルを代表するヤングスターへと成長したジェウソン。その将来は、バルセロナかマンチェスター・ユナイテッドか、それともスポルティング残留か。

©FutePor -ふとぽる-

マンU、マンC、バイエルン、レアル、バルサ…スポルティンFWにメガクラブが行列

『SAPO Desporto』

スポルティングに所属する若手ポルトガル代表WGジェウソン・マルティンスに、世界各国のメガクラブが関心を寄せている。

『A BOLA』によると、ジェウソンに興味を抱くのは、チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、レアル・マドリード、バルセロナなど、まさにトップトップの錚々たる顔ぶれ。特に、ユナイテッドの関心は強く、同選手がプレーした全試合を視察しているという。

今季のCLレアル戦で、アウェイながらセルヒオ・ラモスら世界有数のDF陣を翻弄し、一気に脚光を浴びたジェウソン。スポルティングは、勢いそのままにポルトガル代表にも定着しつつある同選手に、6000万ユーロの違約金を設定している。

©FutePor -ふとぽる-

ゲヘイロ、バルサからのオファーを拒否したことを明かす「ノーと言うのは難しかった」

『SAPO Desporto』

ドルトムントのポルトガル代表SBラファエル・ゲヘイロが、バルセロナからのオファーを断っていたことを明かした。

「バルセロナにノーと言うのはとても難しかった。でも決断しなければならない時が来て、僕はドルトムントのオファーを選んだ。今季はレギュラーとしてプレーする必要があると思っていたし、成長するための出場時間が必要だった。現時点では、幸運にもドイツですべてがポジティブだよ」

今季ロリアンから1200万ユーロでドルトムントに加入したゲヘイロは、本来のSBではないインサイトハーフのポジションでプレーするなど、自身のプレーの幅を広げている。

©FutePor -ふとぽる-

バルセロナがバレンシアのポルトガル代表RSBに関してジョルジ・メンデスと交渉中?

『A BOLA』

バルセロナが、バレンシアに所属するポルトガル代表RSBジョアン・カンセーロの獲得に向け、代理人であるジョルジ・メンデスと交渉中のようだ。

スペインラジオ『Cope Valencia』によると、バルセロナの上層部がカンセーロとの交渉のためジョルジ・メンデスと会談。ポルトガル代表でデビュー3戦3連発と攻撃力がウリの若手RSBを獲得リストのトップに掲載し、確保を目指しているようだ。

今夏には、バレンシアからポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスを獲得したバルセロナ。もしカンセーロを確保すれば、バレンシアからバルセロナへ移籍する2人目のポルトガル人となる。

©FutePor -ふとぽる-

アンドレ・シウバにバルセロナがスカウトを派遣。この日試合を視察した28クラブとは

『zerozero.pt』

ポルトガル代表FWアンドレ・シウバの視察のため、バルセロナがスカウトを派遣したようだ。『O Mundo Desportivo』が報じた。

ここまで16試合で10ゴールと、まさにポルトのエースストライカーへと変貌した20歳のアンドレ・シウバ。バルセロナは同選手を視察するため、先日ドラガオン・スタジアムで開催されたCLポルト対クラブ・ブルージュの一戦にスカウトを派遣したという。

また、同メディアはこの一戦を視察したクラブリストを掲載。アンドレ・シウバ以外にも注目株が多く所属するポルト見たさに、なんと、以下28ものクラブがスカウトを送り込んだようだ。

アトランタ
アストンビラ
アトレティコ・マドリード
オサスナ
バルセロナ
レバークーゼン
ドルトムント
セルタ・デ・ビーゴ
チェルシー
フランクフルト
エイバル
インテル
ユベントス
レスター
マンチェスター・ユナイテッド
モナコ
ミラン
ミドルスブラ
モンペリエ
ニューカッスル
サンダーランド
サッスオーロ
セビージャ
バレンシア
ビジャレアル
WBA
ウェストハム
ウォルフスブルク

ポルトとは5年の契約を残し、違約金は6000万ユーロに設定されているアンドレ・シウバ。ポルトガル代表にも定着した注目のFWには、他にもアーセナルやアトレティコ・マドリード、ユベントスが特に注目を寄せていると度々報じられてきた。ポルトガルでもっともホットな男は、今後も世界のメガクラブからの関心を集めることになりそうだ。

©FutePor -ふとぽる-