タグ別アーカイブ: バレンシア

ポルト、バッカリに興味。バレンシアは「成功事例」にならいレンタル移籍を希望か

『SAPO Desporto』

ポルトがバレンシアに所属するベルギー人FWザカリア・バッカリの獲得に興味を寄せている。昨冬も狙った同選手について来季の獲得を目指すようだ。

スペインメディア『Plaza Deportiva』によると、ポルトはウイングやセカンドFWとしてプレーできる新戦力を探しており、21歳のバッカリに白羽の矢を立てた。ただし、監督ヌーノ・エスピリト・サントの去就がいまだ決まっておらず、バッカリに興味を持つ同監督の残留次第ではあるようだ。

一方のバレンシアは、バッカリを売却するのではなく、レンタルでの移籍を希望している。レアルのカゼミロがポルトで武者修行をした翌年に、復帰したレアルでレギュラーとして活躍するにまで成長した「成功事例」があり、バレンシアもバッカリに同様の経験を積んで欲しいと考えているという。

現在21歳のバッカリは、昨季PSVからバレンシアに加入。今季は20試合で2ゴールを記録している。

©FutePor -ふとぽる-

バルセロナ、ポルトガル代表期待のRSB獲得が濃厚に?

『Record』

バレンシアのポルトガル代表RSBがジョアン・カンセーロのバルセロナ移籍が有力となっている。『Sport』は同選手のバルセロナ移籍を確実視し、移籍実現に向けた残す論点は、バレンシアが3000万ユーロを望んでいる移籍金のみであると報じている。

今季バレンシアから移籍したアンドレ・ゴメスに続き、再び代表期待の若手ポルトガル人が、同じルートを辿りバルセロナへ加入することになりそうだ。ただ、カンセーロ自身は今季末までバレンシアでプレーすることを望んでおり、移籍実現は来シーズンになりそうだという。

ポルトのアンドレ・ゴメスやスポルティングのジェウソン・マルティンスと並び、母国が欧州王者に輝いたEURO2016後にメキメキと頭角を現し始めたカンセーロ。セドリックの負傷離脱中に代表の定位置を獲得し、バレンシアでも主力を務める若手のRSBのバルセロナ移籍は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

レアルもポルトガル代表若手SBに興味。バルサやバイエルンらと競合へ

『zerozero.pt』

レアル・マドリードが、バレンシアに所属するポルトガル代表RSBジョアン・カンセーロに興味を抱いているようだ。『Calciomercato』が報じた。

今季より選出されているポルトガル代表に定着しつつある期待の若手カンセーロは、バレンシアでレギュラーをはる22歳。バルセロナが強い関心を示していることは度々報じられてきたが、ここにきて最大のライバル、レアルも参戦することとなった。なお、カンセーロには、他にもマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘン、パリ・サンジェルマンも興味を寄せているという。

代表ではSBながらデビュー後3戦3連発と高い攻撃力を発揮したジョアン・カンセーロ。世界的な名選手が不足するポルトガル代表のこのポジションに、いよいよ大物登場となるか。

©FutePor -ふとぽる-

バレンシアが、元ポルトガル代表MFミゲウ・ベローゾに興味

『zerozero.pt』

元ポルトガル代表MFミゲウ・ベローゾにバレンシア移籍の噂が浮上した。スペインメディア『AS』か報じた。

同メディアによると、バレンシアを率いるチェザーレ・プランデッリ監督が同選手の獲得を希望しており、すでにクラブディレクターが、ベローゾの所属するジェノバとの交渉を開始したという。

30歳のベローゾは、ウクライナのディナモ・キエフでのプレーを経て、昨季セリエAに復帰していた。ポルトガル代表からは遠のいている同選手は、元同僚ナニが所属する名門クラブで再起を図るのか。

©FutePor -ふとぽる-

バルセロナがバレンシアのポルトガル代表RSBに関してジョルジ・メンデスと交渉中?

『A BOLA』

バルセロナが、バレンシアに所属するポルトガル代表RSBジョアン・カンセーロの獲得に向け、代理人であるジョルジ・メンデスと交渉中のようだ。

スペインラジオ『Cope Valencia』によると、バルセロナの上層部がカンセーロとの交渉のためジョルジ・メンデスと会談。ポルトガル代表でデビュー3戦3連発と攻撃力がウリの若手RSBを獲得リストのトップに掲載し、確保を目指しているようだ。

今夏には、バレンシアからポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスを獲得したバルセロナ。もしカンセーロを確保すれば、バレンシアからバルセロナへ移籍する2人目のポルトガル人となる。

©FutePor -ふとぽる-