タグ別アーカイブ: バレンシア

早くも激突するポルトガル人両指揮官。CLベスト16レベルの決戦を控えた記者会見を追う

『A BOLA』

今夜開催されるCLプレーオフ1回戦。注目は何と言ってもバレンシア対モナコの一戦だろう。ヌーノ・エスピリト・サントレオナルド・ジャルディンの両ポルトガル人監督が率いる強豪クラブのどちらかが、CLの舞台に立つことさえ叶わず敗退することになる。決戦に先駆けて、両指揮官と代表選手が記者会見に応じた。

ファーストレグをホームのメスタージャ・スタジアムで戦うバレンシアのヌーノ・エスピリト・サント監督は勝利への意欲を語った。

「失点しないのが重要だ。ホームでの相手のアウェイゴールは決定的なものになる。しかし、我々はゴールを奪われないためにプレーすることはできない。ゴールを奪いにいかなくてはならない。とてもクオリティの高いチームが相手だろうとね。持てるものを全て出し尽くして戦う。チャンピオンズリーグに出場したいからだ」

かつてベンフィカの中心選手として活躍したバレンシアMFエンゾ・ペレスは、セカンドレグを見越した戦い方をする必要性を語った。

「この試合の重要性というものは分かっている。しかしこれは最初の90分だ。バレンシアとモナコに大きな差はない。どちらもとても良いチームだ。確実に言えることは、明日のメスタージャでの試合でCL出場が決まることはないということだろう」

一方のモナコは3名のポルトガル人を含む20選手を、敵地メスタージャ・スタジアムに送り込む。チームの重鎮リカルド・カルバーリョと、U-21欧州選手権ベストイレブンコンビのベルナルド・シウバとイバン・カバレイロの3選手にはポルトガル人も注目するだろう。

モナコを率いるレオナルド・ジャルディン監督も、敵将と同じくプレーオフ突破に向けて並々ならぬ意欲を見せた。

「我々の目標は、CLグループステージを戦うために、まずここを突破することだ。どちらか1チームだけが先に進めるが、それは我々の義務なのだ。攻守ともに良いシステムで戦い、結果を残すことができれば満足だ。このような重要な瞬間に、若手とベテランの両方を重宝するモナコのプロジェクトを強固なものにしなくてはならない」

チームの重鎮、36歳のポルトガル人CBリカルド・カルバーリョは、バレンシアを難しい相手としながらも、モナコがゴールを決められる自信を垣間見せた。

「メスタージャで戦うのは非常に難しい。バレンシアは良い選手が多く、ボールポゼッションを好むチームだ。しかし、我々も強固なチームだ。粘り強く守備をしてカウンターアタックで攻撃に転じることが必要だろう。アウェイゴールを奪うことができれば、我々にとっては素晴らしいことだ」

ポルトガル時代にしのぎを削ったエスピリト・サントとレオナルド・ジャルディン両監督。強豪クラブへ転籍し、CLをかけた重要な決戦で再び相見える。バレンシアは移籍騒動のオタメンディを招集外とし、モナコはジョアン・モウティーニョをケガで欠くなど、両チームともに看板選手が出場できない。ファーストレグは本日水曜日、現地時間19時45分よりバレンシアのホーム、メスタージャ・スタジアムで開催される。

©FutePor -ふとぽる-

バレンシアのオタメンディを巡りマンチェスター・ダービーが勃発。推定移籍金は約5000万ユーロにまで高騰

『A BOLA』

イングランドメディアが、バレンシア所属ニコラス・オタメンディの、この移籍市場での退団を予想している。アルゼンチン人CBの行き先としてはこれまで何度も報じられた通り、マンチェスター・ユナイテッドが有力である。

しかし、同じ街のライバル、マンチェスター・シティも元ポルトCBに興味を抱き始めたようだ。『Daily Mirror』によると、現在クラブが最優先しているウォルフスブルクのケビン・デ・ブルイネとの交渉が終わり次第、オタメンディとの交渉に向かうと報じられている。

この移籍交渉の鍵は、所属先のバレンシアが握っている。昨季クラブの中心選手として活躍したオタメンディをチームに残したい意向であり、交渉相手に多額の移籍金を求める可能性が高い。報道によれば、その額は実に3500万ポンド、すなわち4900万ユーロにまで上るという。

©FutePor -ふとぽる-

ニコ・ガイタンの未来はマンUかバレンシアか、それともベンフィカ残留か

『A BOLA』

ベンフィカの10番、ニコ・ガイタンの将来はベンフィカ残留、マンチェスター・ユナイテッドまたはバレンシアへの移籍の3パターンに絞られたようだ。

ベンフィカは、ガイタンの移籍に関してマンチェスター・ユナイテッドとすでにクラブ間合意。3000万ユーロの移籍金での交渉が基本合意したが、まだ確定には至っていない。

失敗時に備え、ガイタンの移籍先にバレンシアがプランBとして浮上。しかし、同クラブが提示する金銭面での待遇は、ベンフィカのそれよりも劣っており、選手は一転、ベンフィカに残留する可能性もあるという。

夏の風物詩となったニコ・ガイタンの移籍騒動。これまでスーペルタッサ後には決まるとの報道が主であったが、ついに決着はつくのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ブラガの長身DFにポルトガル人監督が指揮する2つのビッグクラブが関心

『A BOLA』

ブラガに所属する大型センターバック、アデルラン・サントスに、マルコ・シウバが率いるオリンピアコスと、エスピリト・サントが率いるバレンシアが興味を抱いている。

現在26歳のブラジル人DFは、192センチの長身を武器にする大型センターバックである。2012年にブラガのトップチームに昇格すると、そこから主力選手としてチームを支えてきた。2013-14シーズンには37試合に出場して4ゴールを記録。昨2014-15シーズンには、41試合で5ゴールをマークするなど、攻撃面でも存在感を発揮している。

ポルトガルリーグから積極補強を続けるエスピリト・サントとマルコ・シウバの2人のポルトガル人監督が指揮するバレンシアとオリンピアコス。再び母国から有力選手を引き抜くのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカがソルダードに関心。バレンシア時代にはジョナスと名コンビで113ゴールを計上

『O JOGO』

ベンフィカが、アル・アハリに移籍したエース、リマの後継者として、トッテナムに所属するロベルト・ソルダードの獲得に興味を抱いている。ルイ・ビトーリア新監督は、最前線のポジションに補強の必要性を感じており、クラブが30歳のスペイン人FWに白羽の矢を立てたようだ。

ベンフィカとソルダードという2つのキーワードを結ぶ存在が、現ベンフィカエース、ジョナスであろう。昨季はチームを離脱したリマとツートップを形成し、2人で50ゴールを記録していた。ソルダードの移籍が実現すれば新たな名コンビがベンフィカに誕生する。と言うのも、ソルダードとジョナスのコンビは、バレンシア時代の2年半で計113ゴールを記録した過去がある。

ブラジル人FWジョナスが2011年1月にバレンシアへ入団したシーズンに、両者は計18ゴール(ソルダードが15点、ジョナスが3点)を計上した。初めて両者揃ってのフルシーズンとなった2011-12季には、合計46ゴール(ソルダードが27点、ジョナスが19点)を記録。そして、両者が共に過ごした最後の1年には、49ゴール(ソルダードが30点、ジョナスが19点)を記録したが、これは昨季のリマ&ジョナスホットラインにわずか1ゴール及ばなかったにすぎない。

リマ&ジョナスの強力ツートップを失ったベンフィカ。果たして、ソルダード&ジョナスのバレンシア名コンビがポルトガルで復活し、ベンフィカの得点ラッシュを支えることになるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-