タグ別アーカイブ: バンサン・アブバカル

ポルトガルリーグ11-12月のMVPはジョナス!気になる中島翔哉の順位は?

『Record』

ポルトガルリーグ11-12のMVPに、ベンフィカのエースFWジョナスが選出された。

ジョナスは、11月26日にベンフィカがビトーリア・セトゥバル相手に6-0で大勝した試合で2ゴールを決めるなど、当該期間で3ゴールの活躍。現在は、2位バス・ドストを5ゴール上回る15ゴールで、得点ランキングのトップを走っている。

今回のMVP投票にあたり、ジョナスは18.7%を獲得。2位バンサン・アブバカル(ポルト)の11.7%、3位中島翔哉(ポルティモネンセ)の9.1%を大きく上回った。

ポルティモネンセ中島は惜しくも第3位に。それでも、トンデーラ戦で決めた2ゴールなどが評価され、見事MVP目前までたどり着いた形となった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトの9番を剥奪されたアブバカル、元同僚所属ベジクタシュへの移籍が決定!

『O JOGO』

トルコのベジクタシュが、ポルトからカメルーン代表FWバンサン・アブバカルを、1年の期限付き移籍で獲得したことを正式に発表した。

アブバカルは、今季ポルトのエースとして期待されながらも、プレシーズンから結果を残せず、シーズン開幕前には背番号が9番から26番に変更されていた。それから移籍の噂は熱を帯び、中国行きも報道された中で、急遽トルコクラブへの加入が決定。買取オプション付きのレンタル移籍となった。

ベジクタシュにはポルトでともにプレーしたリカルド・クアレスマが所属。また、今夏はベンフィカからタリスカもレンタルで獲得している。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト新監督、現状のFW陣に満足せず?新たなストライカーを望む

『A BOLA』

今季よりポルトの監督に就任したヌーノ・エスピリト・サントが、クラブに対し新たなストライカー獲得の必要性を説いたようだ。

現在、同監督が戦力とみなしているセンターFWは2選手。「9番」を背負うバンサン・アブバカルと、昨季ポルトBで2部MVPに輝いたアンドレ・シウバであり、彼らと違った特徴を持つゴールゲッターを求めているという。

ポルトは、以前からアトレティコ・マドリードへ移籍したエース、ジャクソン・マルティネスの後継者探しに躍起となっている。昨季は、セトゥバルとマリティモという中小クラブでそれぞれ活躍した韓国代表ソク・ヒョンジョンとマリ代表ムサ・マレガを獲得していたが、両者ともにヒッグクラブであるポルトに相応しいパフォーマンスを発揮できなかった。さらに、ソクはリオ五輪に参加し、マレガはレンタルでギマラインスに加わるなど、前線の人材不足に悩まされている。

エスピリト・サント監督は特に、チームのエースになり得るアブバカルへの要求を強めているようだ。中国移籍の噂もあった同選手のレベルをさらに上げるよう取り組んでいくという。

ジャクソン・マルティネスの後継者を見つけられず得点不足に陥り、そして解任された前監督フレン・ロペテギと同じ轍を踏まないためにも、年間20点は決められる絶対的なゴールゲッターが求められる。ジョナスを要するベンフィカや、スリマニを抱えるスポルティングなど、3強のライバルは絶対的なエースを誇っているからこそ、ポルトとしては補強に関して遅れは許されない。

©FutePor -ふとぽる-

エース流出危機のレスター、ポルトの「新旧9番」を狙う

『A BOLA』

プレミア優勝の偉業を成し遂げたレスターが、エースであるジェイミー・バーディーの流出に備え、新たにFW3選手の獲得に興味を寄せている。

『Daily Mail』によると、レスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督が注目する3選手は、ポルトのアブバカル、チェルシーのラダメル・ファルカオ、ニューカッスルのドゥンビアであるようだ。特に、ポルトは望む金額が支払われるようであれば、アブバカルについて交渉の場につく用意はあるという。

ポルトの現9番アブバカルと、プレミアですっかり評判を落としたかつての9番ファルカオ。ポルトの新旧エースのいずれかが、レスターに加入することはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

好調レスターがポルトの9番を狙う。実現すれば岡崎の強力なライバルに

『zerozero.pt』

ポルトで9番を背負うカメルーン人FWアブバカルに、岡崎慎司所属のレスターが関心を寄せている。

『Daily Mirror』によると、レスターの監督クラウディオ・ラニエリが、アブバカルのクオリティを高く評価しているという。プレミアリーグの前半戦で目覚ましい活躍ぶりを見せ、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーなど強豪クラブが狙うバーディーらの負担を軽減する意味も含め、レスターはポルトの強靭なワントップに狙いを定めた。

カメルーン人のアブバカルは、昨季ポルトへ加入。今季は22試合で11ゴールを記録している。ただし、クラブは今後2〜3年にわたりワントップを担うであろう期待の若き逸材に対して5000万ユーロの違約金を設定していることから、交渉は容易ではない。

クラブの歴史的な好調に伴い、激しいレギュラー争いに晒されている岡崎慎司。アブバカルの加入は強力な競争相手の出現を意味するだろう。

©FutePor -ふとぽる-