タグ別アーカイブ: パブロ・オズバルド

ポルトの新10番は半年で退団か。代理人が1月移籍の可能性を明言

『A BOLA』

ポルトに所属するパブロ・オズバルドの代理人ダリオ・デコート氏が、同選手が冬の移籍市場でクラブを退団する可能性があることを明言した。

今季より鳴り物入りでポルトへ加入し、エースナンバーの10番を背負っているオズバルドだが、ここまでカメルーン代表FWアブバカルの控えに甘んじ、出場機会を得られていない。先日は移籍してわずか半年ながら、ポルトとの契約を破棄し、古巣であるボカ・ジュニアーズへの復帰が報じられていた。

そんな中、代理人のデコート氏は、ポルトとの契約解消については否定した。しかし、1月の移籍市場での退団の可能性は選択肢にあることを明かしたのだった。

「ポルトと契約解消交渉をしているという噂は真実ではない。しかし、1月にクラブを去る可能性はある」

また、ユベントスがオズバルドの獲得を狙うと報じられた噂についてもコメント。こちらは「知らない。しかし、フットボールでは全てが起こり得る」と明言を避けた。

©FutePor -ふとぽる-

オズバルド、シソコ、ボアテング。ポルトガルへ到来した3選手の移籍の行方

今週の火曜日に、大物選手3名がポルトガルへ入国した。ポルトとの契約を目的に、パブロ・オズバルドとアリ・シソコが来葡。首都リスボンでは、ケビン・プリンス・ボアテングが、スポルティングとの契約交渉に臨んだ。

1人目オズバルドは、アトレティコへ移籍したジャクソン・マルティネスの後継者として迎え入れられた。ポルトは当初、グイード・カリージョやジョレンテ、ラウール・ヒメネスらの獲得を模索していたが難航し、実質フリーの身となっていたイタリア人FWに目をつけた。オズバルドは、翌水曜日には練習に初参加。エースナンバー10番のユニフォームを掲げた姿が、クラブの公式Twitterに掲載された。

2人目、アストンビラのアリ・シソコも、火曜日にポルトへ到着した。報道によると、1年のレンタル移籍が濃厚であるという。もし移籍が実現すれば、約5年ぶりのポルト復帰となる。残すは公式発表を待つのみといったところだろう。

3人目ケビン・プリンス・ボアテングは、火曜日にリスボン入り。スポルティングとの交渉に臨んだ。すでに契約期間や報酬など詳細条項を詰めていたが、なんとメディカルチェックをパスできず。一転、破談となってしまった。

三者三様の移籍動向を見せた今回の大物3選手のポルトガル到来。今後も、世界的有名選手のポルトガル移籍は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトが新たに望む2人のビッグネーム

『A BOLA』

カシージャスを電撃補強し、さらにエディン・ゼコやフェルナンド・ジョレンテ、エリック・ラメラらの獲得が噂されているポルトに、新たに2名のビッグネームを補強する可能性が浮上した。

1人目がアストンビラに所属するアリ・シソコ。これまでリヨンやバレンシア、リバプールなどのビッグクラブでプレー歴のある同選手は、かつてポルトに所属。アレックス・サンドロの移籍が噂される左サイドバッグのポジションに、かつての名選手の獲得を画策している。ポルトは27歳のシソコ復帰に430万ユーロを用意。ただし、リールやフィオレンティーナも獲得を狙っているという。

シソコは2008年にビトーリア・セツバルに入団し、ポルトガルへ到着。わずか半年後の2009年1月に王者ポルトに引き抜かれた。そのまた半年後には1500万ユーロの移籍金にてリヨンに移籍した。

2人目がサウサンプトンからボカ・ジュニアーズにレンタルされているパブロ・オズバルドである。29歳の同選手はボカとの契約を終えたが、所属するサウサンプトンは手放すことを画策。ジャクソン・マルティネスがアトレティコに移籍し、ワントップの補強を目指すポルトが同選手の獲得に名乗りを上げた。

©FutePor -ふとぽる-