タグ別アーカイブ: パリ・サンジェルマン

パリ・サンジェルマン、王者奪還に向けポルトガル国内3冠のジョルジ・ジェズスを招聘か

『O JOGO』

レオナルド・ジャルディン率いるモナコにリーグ・アン王者の座を譲ったパリ・サンジェルマンが、来季の王座奪還に向け、スポルティング監督ジョルジ・ジェズスの招聘を希望しているようだ。

『Jornal de Notícias』によると、パリ・サンジェルマンは、すでにジョルジ・ジェズスに対して具体的なオファーを提示したようだ。スポルティングと年俸750万ユーロの2年契約を残す同監督を引き抜くため、2年分の年俸に当たる違約金1500万ユーロを用意したという。

一方のスポルティング側も、ブルーノ・デ・カルバーリョ会長が、欧州のトップクラブでの指揮を望むジョルジ・ジェズスを慰留するのは難しいと考えているようだ。同監督は、ベンフィカ時代に、リーグと2つのカップを制して国内3冠を成し遂げるなど圧倒的な成績を残しているが、パリ・サンジェルマンのような海外のビッグクラブを率いた経歴はない。

先日は、「スポルティングでチャンピオンになるために来た」と愛するクラブへの残留を暗示したジョルジ・ジェズスだが、60歳を超えキャリアの終盤を迎えたいま、夢であった海外挑戦を選択する可能性は十分に考えられる。

©FutePor -ふとぽる-

ゴンサロ・グエデスはパリ・サンジェルマンと5年契約で合意か。移籍金は3000万ユーロ

『O JOGO』

マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が間近と報道されていたベンフィカのU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・グエデスが、急転直下、パリ・サンジェルマンと5年契約を締結したようだ。

監督ウナイ・エメリが同選手への興味を公に認めた月曜日、クラブのディレクター、パトリック・クライファート氏がベンフィカのルス・スタジアムに出向き、交渉を実施。グエデスが移籍金3000万ユーロでパリ・サンジェルマンへ移籍することで合意したという。

現在20歳のゴンサロ・グエデスは、ベンフィカと2021年までの契約を保持し、違約金は6000万ユーロに設定されていた。

マンチェスター・ユナイテッドへの移籍に迫りながら、その新天地はまさかのフランスに。ポルトガルの複数メディアがグエデスのパリ・サンジェルマン移籍への合意を報じており、残すは正式発表のみといった状態だろう。

©FutePor -ふとぽる-

PSGがジョアン・マリオに3500万ユーロのオファーを提示か

『A BOLA』

フランスメディアによると、パリ・サンジェルマンがスポルティングのポルトガル代表MFジョアン・マリオに、3500万ユーロのオファーを提示するようだ。

『France Football』によれば、パリ・サンジェルマンはジョアン・マリオへ強い関心を抱いているという。7ゴール11アシストと優れたシーズンを送った同選手を、来季の戦力として迎えたい意向だ。

ただし、欧州屈指の金満クラブといえど、同選手に課せられる高額な違約金はネックとなるだろう。23歳のジョアン・マリオは、スポルティングと2020年までの契約を保持し、違約金は6000万ユーロに設定されている。先日、クラブ会長ブルーノ・デ・カルバーリョが、同選手の放出は違約金を満たすオファーが提示された場合のみであることを明言していた。

すでにマンチェスター・ユナイテッドが、5700万ユーロのオファーを拒否されたという報道もあるが、果たしてパリ・サンジェルマンはポルトガル代表のホープを確保することができるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトがPSGの若手左サイドバックに興味

『A BOLA』

フランスメディアによると、ポルトがパリ・サンジェルマンに所属するフォデ・トゥーレに興味を示しているようだ。

『Foot Mercato』によると、19歳のLSBを巡り、ポルトはリバプールやウェストハム、マンチェスター・シティにサウサンプトンら強豪クラブと争奪戦を繰り広げそうだという。

トゥーレは、PSGの代表としてユースリーグで活躍した期待の若手である。これまで10試合に出場し、1ゴールを記録。決勝でチェルシーに敗れたものの、優れたパフォーマンスを発揮していた。

©FutePor -ふとぽる-

PSGがリスボン・ダービーにスカウトを派遣。お目当てはポルトガルで名を馳せる2名のMF

『zerozero.pt』

土曜日にジョゼ・アウバラーデ・スタジアムにて開催された、スポルティング対ベンフィカのリスボン・ダービー。アウェイのベンフィカが1-0で勝利し、リーグ首位に躍り出たこの日、パリ・サンジェルマンのスカウトが、両チームに熱視線を送っていた。

フランス王者が熱心にそのプレーを追ったのは、スポルティングのポルトガル代表MFウィリアン・カルバーリョと、ベンフィカの新人MFレナト・サンチェス。特にウィリアンを最優先に追跡しており、ブラン監督のお眼鏡に叶う選手として大きな関心を寄せているようだ。同クラブは、スポルティングで主軸を務める若き代表MFに3500万ユーロを用意しているという。

対して、18歳のポルトガル人MFレナト・サンチェスは、今後数試合を観戦し、じっくりとその実力を見極めたいようだ。レアル・マドリードやバルセロナ、バイエルンにユベントス、マンチェスター・ユナイテッドなど世界各国のメガクラブが追い求める才能には、今後も熱心にスカウトを派遣することだろう。

両者ともにポルトガルリーグを代表する強力MF。パリ・サンジェルマンは、その豊富な資金力で若き才能を引き抜くのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-