タグ別アーカイブ: パリ・サンジェルマン

ポルトがPSGの若手左サイドバックに興味

『A BOLA』

フランスメディアによると、ポルトがパリ・サンジェルマンに所属するフォデ・トゥーレに興味を示しているようだ。

『Foot Mercato』によると、19歳のLSBを巡り、ポルトはリバプールやウェストハム、マンチェスター・シティにサウサンプトンら強豪クラブと争奪戦を繰り広げそうだという。

トゥーレは、PSGの代表としてユースリーグで活躍した期待の若手である。これまで10試合に出場し、1ゴールを記録。決勝でチェルシーに敗れたものの、優れたパフォーマンスを発揮していた。

©FutePor -ふとぽる-

PSGがリスボン・ダービーにスカウトを派遣。お目当てはポルトガルで名を馳せる2名のMF

『zerozero.pt』

土曜日にジョゼ・アウバラーデ・スタジアムにて開催された、スポルティング対ベンフィカのリスボン・ダービー。アウェイのベンフィカが1-0で勝利し、リーグ首位に躍り出たこの日、パリ・サンジェルマンのスカウトが、両チームに熱視線を送っていた。

フランス王者が熱心にそのプレーを追ったのは、スポルティングのポルトガル代表MFウィリアン・カルバーリョと、ベンフィカの新人MFレナト・サンチェス。特にウィリアンを最優先に追跡しており、ブラン監督のお眼鏡に叶う選手として大きな関心を寄せているようだ。同クラブは、スポルティングで主軸を務める若き代表MFに3500万ユーロを用意しているという。

対して、18歳のポルトガル人MFレナト・サンチェスは、今後数試合を観戦し、じっくりとその実力を見極めたいようだ。レアル・マドリードやバルセロナ、バイエルンにユベントス、マンチェスター・ユナイテッドなど世界各国のメガクラブが追い求める才能には、今後も熱心にスカウトを派遣することだろう。

両者ともにポルトガルリーグを代表する強力MF。パリ・サンジェルマンは、その豊富な資金力で若き才能を引き抜くのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

PSGがバレンシアのポルトガル人若手選手2名の視察にスカウトを派遣。来季獲得を狙う

『A BOLA』

パリ・サンジェルマンがバレンシア対レアル・マドリードの一戦にスカウトを派遣した。お目当は、ポルトガル人選手2名。右サイドバックのジョアン・カンセーロとMFアンドレ・ゴメスだったようだ。

『PlazaDeportiva』によると、パリ・サンジェルマンは早くも来季の補強戦略を計画しており、21歳のカンセーロと22歳のアンドレ・ゴメスを成長余地の大きな若手選手として注目しているという。しかし、バレンシアは両選手を将来性への投資という観点から大金を積んで獲得したため、交渉は難航することが予想されている。ただし、両選手の代理人を務めるジョルジ・メンデスはバレンシアともパリ・サンジェルマンとも懇意にしていることが、両クラブの交渉において大きな助力となるだろうことは間違いない。

数年後にポルトガルフル代表の主軸として活躍することが期待されているカンセーロとアンドレ・ゴメス。果たして、バレンシアは将来性豊かな期待の若手選手を手放すのだろうか。その決断に注目が集まる。

©FutePor -ふとぽる-

PSGがCLアトレティコ戦にスカウトを派遣。ベンフィカの2大若手スターに注目

『A BOLA』

パリ・サンジェルマンが、ルス・スタジアムで行われたCLグループステージ最終節ベンフィカ対アトレティコ・マドリード戦にスカウトを送り込んだ。お目当は、ベンフィカで注目を集める2人の若手スター選手、ゴンサロ・グエデスとレナト・サンチェスであったようだ。

『mercato365.com』によると、クリスティアーノ・ロナウドやアグエロらを狙うパリ・サンジェルマンが、ベンフィカの上記2選手にも注視しているという。おそらく、彼らスーパースターを取り逃がしたときの代替案として、または即戦力かつクラブの将来を担う若手として、グエデスとレナトを保有したいのだろう。

ゴンサロ・グエデスとレナト・サンチェスは、ともに今季よりルイ・ビトーリア監督に大抜擢されたベンフィカ期待の若手である。前者はすでにフル代表デビューを飾っており、アトレティコ戦ではCLポルトガル人最年少ゴール記録を更新した歴史的若手選手。後者も、ホームでのトップチーム初ゴールを豪快なロングシュートで記録するなど、どちらも期待値が高く争奪戦が予想される。

©FutePor -ふとぽる-

PSGがクラブの最大目標CL優勝を目指し、モウリーニョ招聘を狙う

『A BOLA』

イギリスメディア『Sunday Express』が日曜日、パリ・サンジェルマン(PSG)が今季終了後にチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督の招聘を狙っていることを明かした。

クラブの最大の目標をCL制覇に設定しているPSG。会長は、モウリーニョをその達成のためには最適な監督だと見なしているという。今季、チェルシーでプレミアリーグのスタートダッシュに失敗し、イングランドで批判を浴びている状況を利用して、名将の獲得に漕ぎ着けたいようだ。

しかし、モウリーニョは最近、チェルシーと2019年6月まで契約を延長したばかり。PSGにとっては最大の障壁となりそうだ。

©FutePor -ふとぽる-