タグ別アーカイブ: ビトーリア・ギマラインス

ビトール・オリベイラ退任のポルティモネンセ、新監督候補に4名のポルトガル人監督

『zerozero.pt』

ポルティモネンセの新監督候補に、4名のポルトガル人監督の名前が挙がっていることがわかった。ポルトガル大手サッカーメディア『zerozero.pt』が報じた。

ポルティモネンセは、2部優勝を成し遂げチームを1部に導き、1部初年度でリーグ10位と健闘したビトール・オリベイラとの契約延長を断られ、来シーズンの新監督探しを迫られていた。クラブはオリベイラと同様のプロフィール、つまり、国内で実績を積んだベテラン監督を探しており、その候補に3名の監督が挙がったようだ。

1人目が、今季ビトーリア・セトゥバルて率いてリーグ14位となったジョゼ・コウセイロ。かつてはスポルティングやエストリル、ロシアのスパルタクなどを率い、国内外の経験が豊富な55歳のベテラン監督である。

2人目が、今季途中にペドロ・マルティンスの後を継ぎ、クラブを9位に導いたビトーリア・ギマラインスのジョゼ・ペゼイロ。直近の3シーズンは、ポルト、ブラガ、ギマラインスで毎年シーズン途中に監督就任しているポルトガル屈指の「名ピンチヒッター」である。同監督は、すでにギマラインス退団が決定しており、新天地を探している。

3人目が、シャービスをリーグ6位と大躍進させたルイス・カストロ。長らくポルトの育成組織で監督を務め、ポルトのトップチームやリオ・アベなどの強豪クラブを率いた経歴も持っている。同監督も、すでにシャービスからの退任が決まっている。

上記ベテラン3名に加え、野心のある若手監督の招聘も検討しており、ポルトB監督からの退任が決まったアントニオ・フォーリャにも目をつけているようだ。

中島翔哉やファブリシオらの活躍で、昇格組ながらリーグ10位と検討したポルティモネンセ。新監督の動向には、日葡両国のファンが注目していることだろう。

©FutePor -ふとぽる-

ビトーリア・ギマラインスがPSGと提携。有力若手選手のレンタルを見込む

『zerozero.pt』

昨季ポルトガルリーグ4位の強豪ビトーリア・ギマラインスが、フランスリーグの名門パリ・サンジェルマンとの提携で合意したようだ。ポルトガルメディア『O JOGO』が報じた。

今回結ばれたのは、両クラブの選手の交流に関する提携。これにより、ビトーリア・ギマラインスは、パリ・サンジェルマンに所属する将来有望な若手選手をレンタルで獲得することが予想されると同メディアは報じている。

今回の提携は、ビトーリア・ギマラインスのジュリオ・メンデス会長と、パリ・サンジェルマンのスポーツディレクターであるアンテロ・エンリケ氏の良好な関係によって実現したようだ。エンリケ氏がポルトの副会長を務めていたころ、メンデス会長は同様の提携をギマラインス-ポルト間で取り付けていた。

次の土曜日には、ビトーリア・ギマラインスの次期会長選が控えており、メンデス氏が順当に当選した場合、パリ・サンジェルマンとの協業が本格化する見込み。ギマラインスは、2012年にチェルシーのマテイ・デラッチとミラン・ラルコビッチを、2013年にはグラナダとモナコからそれぞれ、ホナタン・メヒアおよびダルウィン・マチスと、クリス・マロンガをレンタルで獲得しており、同様の移籍がパリ・サンジェルマンからも実現する可能性が高まることが予想される。

©FutePor -ふとぽる-

これぞポルトガル1部の恩恵。ポルティモネンセ若手FWに昨季4位のギマラインスが興味か

ポルティモネンセに所属する若手ブラジル人FWブルーノ・タバタにビトーリア・ギマラインスが関心を寄せているようだ。

現在20歳のタバタは、昨季ポルティモネンセのユースチームからトップに昇格したばかりの若手FW。1年目ながら34試合に出場するなど主力として活躍していた。今季も、若手ながらチームの中心選手としてプレーすることが期待されており、開幕戦のボアビスタ戦では、チームを2-1の逆転勝利に導く決勝点を挙げていた。

タバタに関心を寄せているというビトーリア・ギマラインスは、昨季リーグ4位と躍進したポルトガルを代表する強豪クラブ。ウディネーゼへの移籍の噂が報じられているラフィーニャの後釜として、タバタに注目しているという。

今季から1部に上がったことでより注目度が増したポルティモネンセの面々。日本でも馴染みの深いファブリシオや亀倉龍希にも、活躍次第では1部の強豪クラブへの道が大きく拓けるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカのリーグ4連覇がかかる一戦。闇サイトでチケットが約7万円に高騰

『Público』

土曜日の日本時間深夜2時15分から開催されるベンフィカ対ビトーリア・ギマラインスの一戦。ベンフィカのホーム、ルス・スタジアムで行われるこの試合のチケットはすでに完売済みだが、インターネット上で売られたチケットが高騰しているようだ。

現在の額は、実に550ユーロ。日本円にして約6万8000円(124円換算)と、プレミアリーグ並みの高額である。ちなみに、ポルトガルメディアが、「開始金額より4倍に高騰」と記述していることから、当初ですら137ユーロ(約1万7000円)と十分に高額であり、この試合への注目度の高さがうかがえる。

首位ベンフィカは、残り2節で勝ち点78。2位ポルトとは5差であるため、今夜勝利すればリーグ4連覇が決まる。すでにリスボンのマルケス・デ・ポンバル広場には、優勝パレードをすべくサポーターが待機している。

©FutePor -ふとぽる-

ギマラインスが4位を確定で来季のEL出場権を獲得。9年ぶりにライバルを上回る快挙!

『O JOGO』

北部の強豪ビトーリア・ギマラインスが、リーグ4位以上を確定させ、EL出場権を獲得した。

ポルトガルリーグ第32節、5位ブラガがモレイレンセに敗れ、ギマラインスとの勝ち点差が残り2節で8となったため、ギマラインスの4位以上が決定。ギマラインスは、リーグ3位となった歴史的な2007-08シーズン以来、実に9年ぶりに、ポルトガル北部の覇権を争うライバルであるブラガを上回った。

2014-15シーズンは、ルイ・ビトーリアに率いられリーグ5位を達成したが、翌年同監督がベンフィカに引き抜かれ、後を継いだアルマンド・エバンジェリスタがチームを降格圏に沈め、同監督も途中解任。国内屈指の名将セルジオ・コンセイサオン(現ナント監督)が何とか10位まで立て直していた。今季は、リオ・アベから招聘したペドロ・マルティンスがチームの復興に努め、監督交代がされなかった5チームの一角として、3強に迫るチームを築き上げた。

3位スポルティングとの勝ち点差は8のため、ギマラインスが3位に上がる条件は、残り3試合を全勝し、スポルティングが全敗することであり、今季は4位が濃厚に。来季はELに出場しながら、今季叶わなかったリーグ3位以上に挑む。

©FutePor -ふとぽる-