タグ別アーカイブ: ビトーリア・セトゥバル

ビトール・オリベイラ退任のポルティモネンセ、新監督候補に4名のポルトガル人監督

『zerozero.pt』

ポルティモネンセの新監督候補に、4名のポルトガル人監督の名前が挙がっていることがわかった。ポルトガル大手サッカーメディア『zerozero.pt』が報じた。

ポルティモネンセは、2部優勝を成し遂げチームを1部に導き、1部初年度でリーグ10位と健闘したビトール・オリベイラとの契約延長を断られ、来シーズンの新監督探しを迫られていた。クラブはオリベイラと同様のプロフィール、つまり、国内で実績を積んだベテラン監督を探しており、その候補に3名の監督が挙がったようだ。

1人目が、今季ビトーリア・セトゥバルて率いてリーグ14位となったジョゼ・コウセイロ。かつてはスポルティングやエストリル、ロシアのスパルタクなどを率い、国内外の経験が豊富な55歳のベテラン監督である。

2人目が、今季途中にペドロ・マルティンスの後を継ぎ、クラブを9位に導いたビトーリア・ギマラインスのジョゼ・ペゼイロ。直近の3シーズンは、ポルト、ブラガ、ギマラインスで毎年シーズン途中に監督就任しているポルトガル屈指の「名ピンチヒッター」である。同監督は、すでにギマラインス退団が決定しており、新天地を探している。

3人目が、シャービスをリーグ6位と大躍進させたルイス・カストロ。長らくポルトの育成組織で監督を務め、ポルトのトップチームやリオ・アベなどの強豪クラブを率いた経歴も持っている。同監督も、すでにシャービスからの退任が決まっている。

上記ベテラン3名に加え、野心のある若手監督の招聘も検討しており、ポルトB監督からの退任が決まったアントニオ・フォーリャにも目をつけているようだ。

中島翔哉やファブリシオらの活躍で、昇格組ながらリーグ10位と検討したポルティモネンセ。新監督の動向には、日葡両国のファンが注目していることだろう。

©FutePor -ふとぽる-

韓国代表FWソクのポルト移籍が正式決定!「ポルトガルNo.1クラブに来た」

『A BOLA』

すでに移籍の内定が報じられていたビトーリア・セトゥバルの韓国代表FWソク・ヒョンジョンのポルト移籍が正式発表された。木曜日にクラブの公式Twitterなどを通じて明かされた。

24歳のソクは、ポルトと2020年6月30日までの契約を締結。違約金は3000万ユーロに設定された。

レアル・マドリードでクリスティアーノ・ロナウドとプレーするのが夢だと語ったことのあるソクは、壮大な目標に一歩近づくであろうポルトへの移籍について喜びを露わにした。

「この場にいることかできて、すごく幸せだよ。ポルトは僕が夢見たクラブのひとつだ。持てる力を存分に発揮したい。ポルトはポルトガルでNo.1のクラブであり、ヨーロッパでも有数の強豪クラブだ。CLに常連である事実が物語っているね。チームのために全力を尽くせるように準備する。僕はフォワードだからゴールを決めることが好きだ。でもエゴイストにはならないよ。チームに最大の敬意を持ち、できる限り全力で助けになる」

今季セトゥバルのエースとして大活躍を果たしたソク。リーグ得点ランキングで4位となる9ゴールを記録している。得点力不足に悩むチームの救世主となれるか。

©FutePor -ふとぽる-

好調セトゥバルのマシャード監督が契約延長!昨季はトンデーラを率いて2部優勝

『zerozero.pt』

木曜日、ビトーリア・セトゥバルのキン・マシャード監督が2017年までの契約延長を果たしたことが明かされた。

49歳のマシャードは、昨季トンデーラで2部優勝を果たした気鋭の監督。1部昇格を置き土産に、今季よりセトゥバルの監督を務めている。これまではフェイレンセやシャービスなど弱小クラブを率いていたが、今季から率いる1部の中位クラブ、セトゥバルで奮闘。エースFWソク・ヒョンジョンの活躍もあり、前評判を覆す9位につけている。

得点源であるソク・ヒョンジョンがポルト移籍濃厚であり、チーム状況が心配されるセトゥバル。まずは好調を支える指揮官の契約を確保し、安定的なチーム作りを目指す。

©FutePor -ふとぽる-

韓国代表FWソク、ポルト移籍濃厚に。クラブレジェンドは「ポルトのレベルにはない」と厳しい指摘

『A BOLA』

ビトーリア・セトゥバルに所属する韓国代表FWソク・ヒョンジョンが、この冬ポルトへ移籍することが濃厚となっている。5年契約と150万ユーロの違約金など、交渉はすでに細部へ突入し、木曜日には正式に交渉が締結されると予想されている。

ソクは現在ポルトガルリーグで最も活躍しているアジア人である。今季はセトゥバルのエースストライカーとして、リーグの得点ランクで3位となる9ゴールを記録。田中順也が所属するスポルティングやドイツの数クラブからの関心が伝えられるなど、この冬の移籍市場における注目銘柄であった。

ただし、疑問点もある。いくらソクがリーグ3位の得点数を叩き出しているとはいえ、ポルトは世界を代表するメガクラブである。ラダメル・ファルカオやジャクソン・マルティネスらを輩出したクラブのワントップとして、果たして相応しい人材なのだろうか。

その答えは、かつてのレジェンドFWのコメントから読み取れる。過去にセトゥバルの監督を務め、かつてはポルトの名FWとしてゴールを量産したドミンゴス・パシエンシアが、ソクのポルト移籍についてコメントを残した。

「私の意見では、ソクはポルトのレベルではない。確かに高いクオリティを備えているが、それはポルトのようなメガクラブに相応しいものではないのだ。彼は優れたプロフェッショナルであるが、私にしてみればポルトのワントップとしてのクオリティがあるとは思えない」

監督としてEL決勝でポルトに敗れ、現役時代はクラブのエースを務めたパシエンシアは、クラブがワントップに対して抱く高い理想や要求を熟知している。アジア人という偏見もあるのだろう。しかし、そうそうたる人材を輩出してきたメガクラブに相応しい選手など容易に見つかるものではない。ソクには、それら厳しい指摘を振り払い、ポルトガルリーグにおけるアジア人選手のパイオニアとして、存分に活躍してほしいところだ。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガルNo.1アジア人にスポルティングが関心。田中順也の玉突き移籍の可能性も浮上か

『SAPO Desporto』

リーグ首位を走る好調スポルティングが、冬の移籍市場での前線の補強を画策している。ターゲットとなったのは、ビトーリア・セトゥバルに所属する韓国代表FWソク・ヒョンジョンである。

24歳のソクは、現在13節を終えて、スポルティングのエースFWスリマニと並ぶリーグ2位タイの8ゴールを記録。ポルトガルリーグで活躍するアジア人の中では並外れた成績を残している。エースとして活躍するセトゥバルとは2018年までの契約を残しているが、違約金は300万ユーロと格安であり、強豪スポルティングにとっては高くない買い物だろう。

スポルティングは、スリマニやモンテロ、新戦力のグティエレスや田中順也など最前線が飽和状態であることから、ソクの獲得は所属FWの移籍次第だという。そのため、センターフォワードの4番手、5番手に沈む田中順也が放出され、「アジア人の玉突き移籍」が起こる可能性も否定できない。

田中順也とソク・ヒョンジョン。2人のポルトガルリーグでプレーする稀有なアジア人に影響を及ぼす移籍に注目だ。

©FutePor -ふとぽる-