タグ別アーカイブ: ビトール・ペレイラ

上海上港、ビラス・ボアスの後任が決定。ポルト時代の「バトンタッチ」が再び実現!

『A BOLA』

アンドレ・ビラス・ボアスの退任が決まっていた中国スーパーリーグの上海上港が、新たにポルトガル人指揮官ビトール・ペレイラを招聘したことを正式に発表した。

49歳のポルトガル人監督は、これまでポルトやオリンピアコス、フェネルバフチェなどの強豪クラブを指揮。16-17シーズンに1860ミュンヘンを退任して以来、フリーの身となっていた。

アンドレ・ビラス・ボアスの後任にビトール・ペレイラが就任するのは、今回で2度目。2010-11シーズンにビラス・ボアスがポルト就任1年目でリーグ無敗優勝とEL制覇を含む4冠の偉業を成し遂げ勇退した翌年、アシスタントコーチであったビトール・ペレイラがチームを引き継いだ。その後、ビトール・ペレイラ率いるポルトは、無敗優勝を含むリーグ2連覇を達成。同監督は、ポルトが3連覇を果たした黄金期を支えた。

オリンピアコスでギリシアリーグを制して以来、タイトルに見放されているポルトガルリーグ無敗優勝経験者。次なる挑戦は、パウロ・ソウザ、パウロ・ベントに続き、3人目のポルトガル人監督が誕生した中国となった。

©FutePor -ふとぽる-

コンセイサオンの退団意思に怒りのナント。それでも後任監督候補は3名のポルトガル人

『zerozero.pt』

フランスリーグ・アンに所属するナントが、新監督候補として3名のポルトガル人監督に注目しているようだ。

ナントは今季、ポルトガル人監督セルジオ・コンセイサオンがチームを率い、リーグ杯ではモナコに敗れた準決勝まで残るなど健闘した。しかし、会長が信頼を寄せた同監督は、今季限りでクラブとの契約を解除し、古巣ポルトの監督就任を希望していることが報じられ、会長の怒りを買ったとも伝えられた。

契約期間中の退団意思表明でなかば裏切られる形となったナントだが、コンセイサオンの実力は買っているようで、その後任にもポルトガル人監督の招聘を検討しているという。

ナントが関心を寄せるポルトガル人監督、1人目はブラジルW杯でポルトガル代表を率いたパウロ・ベント。今季はオリンピアコスを途中解任されたため現在はフリーの身となっている。2人目は今季ギマラインスをリーグ4位に導いたペドロ・マルティンス。一気に株を上げた同監督にはポルトやスポルティング、オリンピアコスらも関心を寄せている。そして3人目はビトール・ペレイラ。ポルトでリーグ2連覇を達成し、オリンピアコスやフェネルバフチェを率いた経歴を持つなど実績は十分。今季は1860ミュンヘンをドイツ3部に降格させたことから退団が噂されている。

ポルトガル人の中でも屈指の実力と評価を兼ね備えたセルジオ・コンセイサオンの退団のダメージは大きいが、ナントの新監督はその穴を埋めるのに十分な人選となりそうだ。

©FutePor -ふとぽる-

PSGへ監督流出危機のスポルティング、新監督として国内外から4名をリストアップ

『zerozero.pt』

ヌーノ・エスピリト・サントが退任し、新監督を探しているポルトに引き続き、スポルティングも新監督の確保に強いられている。

現在指揮を執るジョルジ・ジェズスには、ウナイ・エメリ監督に満足していないパリ・サンジェルマンが興味を抱いており、違約金を満たす1500万ユーロを支払う用意があるようだ。監督自身も、初となる海外のビッグクラブへの監督就任を望んでおり、オファーが届けば流出は避けられない。

そこで、スポルティングは、来季の新監督候補として4名をリストアップ。ポルトガルリーグから1名、海外リーグから3名に注目しているようだ。

1人目は、今季ビトーリア・ギマラインスをリーグ4位に導いたペドロ・マルティンス。現在ベンフィカでリーグ4連覇を達成したルイ・ビトーリアですらギマラインスを5位に導くにとどまったのだから、その手腕に疑いの余地はない。

2人目は、国内リーグではアロウカなど多くの下位クラブを残留に導き、現在はマッカビ・テル・アビブを率いるリト・ビディガル。

3人目は、1860ミュンヘンで3部降格の危機にいるビトール・ペレイラ。フェネルバフチェやこの1860ミュンヘンでもいまいちふるっていないが、ポルト時代には無敗優勝を含むリーグ2連覇を達成するなど、実績は十分だ。

4人目は、ポルトも狙っているパウロ・ソウザ。かつてクラブでプレーしたOBは、今季限りでフィオレンティーナとの契約を終えるため、フリーで獲得できる可能性がある。

ベンフィカでの6シーズンで10のタイトルを獲得した名将ジョルジ・ジェズスの引き抜きは大ダメージとなるが、その影響が最小限となる実績・経験が豊富な4監督が揃った。ジョルジ・ジェズスの動向とならび、スポルティングの新監督人事に注目が集まる。

©FutePor -ふとぽる-

監督解任のインテル、後任候補にポルトを無敗優勝に導いた2名のポルトガル人監督が浮上

『O JOGO』

フランク・デ・ブール監督を成績不振により解任したインテル。その後任候補に2名のポルトガル人監督が浮上した。

2名のポルトガル人監督とは、アンドレ・ビラス・ボアスビトール・ペレイラ。前者は昨季ゼニト監督を辞任し、後者はフェネルバフチェ監督を解任されていたため、ともにフリーの身である。

アンドレ・ビラス・ボアスは、2010-11シーズンにポルトを率いてリーグ無敗優勝を含む歴史的な4冠を達成。ビトール・ペレイラは、そのチームを引き継ぎ、同じく無敗優勝を含むリーグ2連覇を達成するなど、両者はポルトの歴史の一部となった名将である。

『La Gazzetta delo Sport」によると、両者の他にグース・ヒディングやマルセリーノらも新監督候補に挙げられている。暫定監督として今季末までステファーノ・ピオリ氏の就任が有力視されているが、果たして12位と下位に沈む名門クラブは、誰にその復権を託すのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

CL予選敗北のフェネルバフチェ、ポルトガル人監督を解任か

『zerozero.pt』

フェネルバフチェのポルトガル人監督ビトール・ペレイラに解任の噂が浮上している。

トルコメディアによると、同氏が監督就任した昨季トルコ王者の座を逃したこと、また、今季は同郷監督レオナルド・ジャルディン率いるモナコにCL予選で敗れ、出場権を失ったことが原因であるという。

バレンシアへ移籍したナニ、カリアリに移ったブルーノ・アウベス、退団を表明したラウール・メイレレスなど、次々とポルトガル人がクラブから去っているフェネルバフチェ。終いには監督までもが退団することになるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-