タグ別アーカイブ: ファビオ・コエントラン

マンC移籍のベルナルドは歴代3位。ポルトガル人の歴代移籍金ランキングトップ12はこれだ!

『O JOGO』

モナコのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのマンチェスター・シティへの移籍が正式に決定した。その移籍金について、イギリス『BBC』は、4920万ユーロ(4300万ポンド)と報じ、フランス『L’Equipe』は、5000万ユーロ+2000万ユーロの成果報酬と報道。どちらの報道を正としても、ベルナルド・シウバは、ポルトガル人では歴代3番目となる高額の移籍金を生み出したことになった。

そんな中、ポルトガル『O JOGO』がポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングを取りまとめた。

1位は、誰もが知るクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードへ移籍した際の推定9400万ユーロ。2位は、こちらもレアルへ加入したルイス・フィーゴ。移籍金が現在のように高騰していない当時にしては破格の金額となる6000万ユーロであった。

ミランへ4200万ユーロで移籍したルイ・コスタは、今回のベルナルド・シウバの移籍により、歴代4位に転落。5位、6位、7位は、昨季、ジョアン・マリオレナト・サンチェスアンドレ・ゴメスがそれぞれインテル、バイエルン、バルセロナへ移籍した際に塗り替えた記録である。

8位には、3000万ユーロで4人の名選手が並んだ。リカルド・カルバーリョ、ダニー、ぺぺ、ファビオ・コエントランなどベテラン勢は、当時としては眼を見張るような金額で移籍を実現させたが、移籍金の高騰が著しい若手選手に追いやられる形となった。

昨季は上述の3選手が歴史的な金額を記録したが、わずか1年でベルナルド・シウバがそれらを優に越える金額を叩き出した。ポルトガルにはまだまだ多くのタレントがいるため、来季以降もこのランキングは塗り替えられることだろう。

以下、ポルトガル人歴代移籍金ランキング

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ベルナルド・シウバ 5000万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(モナコ→マンチェスター・シティ)

4位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

5位 ジョアン・マリオ 4000万ユーロ(+ボーナス500万ユーロ)(スポルティング→インテル)

6位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ(+ボーナス4500万ユーロ) (ベンフィカ→バイエルン)

7位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(バレンシア→バルセロナ)

8位-12位 3000万ユーロ
・リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
・ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト
・ぺぺ(ポルト→レアル・マドリード)
・ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

©FutePor -ふとぽる-

コエントラン、恩師が残留ならスポルティングへレンタル移籍か。レアルも交渉に応じる構え

『A BOLA』

レアル・マドリードに所属するファビオ・コエントランに、来シーズンに母国へ復帰する噂が浮上した。行き先として報じられているのは、恩師が率いるスポルティングだ。

『A BOLA』によると、スポルティングを率いるジョルジ・ジェズス監督は、2009-11シーズンにベンフィカで指揮した教え子のレンタル加入を願っており、レアル側も移籍交渉に応じる構えがあるという。

ただし、移籍交渉の鍵は教え子の加入を望む監督自身が握っている。ジョルジ・ジェズスには、来季スポルティングを退団するとの報道がされており、コエントラン自身は、恩師がいなければ、ベンフィカ時代のライバルチームに加わる意思はないと考えているようだ。

もし名将が去ればチーム力の低下は避けられないスポルティングだが、同監督の慰留は母国のスーパースターを確保する上でも、果たさなければならないミッションとなった。

©FutePor -ふとぽる-

コエントラン、来季は古巣ベンフィカへ復帰?レアルでは6シーズンにわたりプレー

『O JOGO』

レアル・マドリードの元ポルトガル代表LSBファビオ・コエントランに、来季の古巣ベンフィカ復帰の噂が浮上している。

モナコへのレンタルを終え、レアルへ復帰したコエントランだが、怪我の影響もあり、今季の試合出場は4試合のみ。スペインメディア『Sport』は、来季レアルがチームの改革を実行することを予想しており、人員整理の対象に2019年まで契約を残すコエントランも含まれているようだ。そこで、出場機会を求めるコエントランに、6年間プレーしたレアルを離れ、愛する古巣への復帰の噂が浮上した。

現在29歳のコエントランは、2007年にベンフィカへ加入。2009年にジョルジ・ジェズス監督に抜擢されようやくレギュラーの座を掴み、3000万ユーロという高額な移籍金で銀河系軍団の一員となっていた。

©FutePor -ふとぽる-

今夏で4&5位が更新!高騰するポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングトップ10とは?

『Record』

この夏、ポルトガル人2選手を取り巻くビッグディールが行われた。ベンフィカからバイエルン・ミュンヘンに移籍したレナト・サンチェス、そしてバレンシアからバルセロナへ移籍したアンドレ・ゴメスが、ポルトガルフットボール史にその名を刻む歴史的な移籍を果たした。

両選手は、ともに3500万ユーロの固定額で世界トップのメガクラブへ移籍した。しかしそれだけにはとどまらず、バイエルンのレナト・サンチェスには最高4500万ユーロ、バルセロナのアンドレ・ゴメスには最高2000万ユーロの変動額が付与されている。

両者は固定額だけを考慮してもなお、ポルトガル人歴代移籍金ランキングで4位と5位を更新する歴史的なビッグディールとなった。近年移籍金が高騰しているポルトガル人選手だが、今回はこれまでの高額移籍を振り返る。

歴代最高額の値が付けられたのは、言わずもがな、クリスティアーノ・ロナウド。レアル・マドリードは、マンチェスター・ユナイテッドから同選手を9400万ユーロで獲得した。

歴代2位にも、レアル・マドリードの名が上る。2001年のバロンドーラーであるルイス・フィーゴが、違約金と同額の6000万ユーロでバルセロナからレアルへ禁断の移籍を果たした。

3位は、フィオレンティーナからミランへ移籍したルイ・コスタ。4000万ユーロ強の移籍金を記録した。

そして前述の通り、4位にはバイエルンのレナト・サンチェス、5位にはバルセロナのアンドレ・ゴメスがランクイン。両者は、3000万ユーロでポルトからチェルシーへ移籍したリカルド・カルバーリョ、同額でディナモ・モスクワからゼニトへ移籍したダニー、ポルトからレアルへ移籍したペペ、そしてベンフィカからレアルへ移籍したファビオ・コエントランの4件を塗り替えた。

ポルトガル人選手による歴代トップ10を締めくくったのは、2550万ユーロでスポルティングからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したルイス・ナニ。2500万ユーロでポルトからモナコへ移籍したジョアン・モウティーニョはランク外に弾き出された。

<以下、ポルトガル人選手歴代移籍金ランキングトップ10>

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

4位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ+変動額4500万ユーロ(ベンフィカ→バイエルン)

5位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ+変動額2000万ユーロ(バレンシア→バルセロナ)

同率6位 3000万ユーロ
リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト)
ペペ(ポルト→レアル・マドリード)
ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

10位 ナニ 2550万ユーロ(スポルティング→マンチェスター・ユナイテッド)

©FutePor -ふとぽる-

レアルのコエントラン、PSGとの契約のためパリ入り?

『zerozero.pt』

フランスメディアによると、ファビオ・コエントランが土曜日、パリ・サンジェルマンとの契約のためパリに到着するようだ。レアル
・マドリードはこの移籍で2000万ユーロを得るという。

ポルトガル代表LSBは、新監督ラファ・ベニテスの構想に入らず、レアルからの退団を希望していた。古巣のベンフィカが、コエントランのレンタル復帰を望んでいたが、レアルにとっては、パリ・サンジェルマンからのオファーの方が金銭面で魅力的だったようだ。

©FutePor -ふとぽる-