タグ別アーカイブ: ファブリシオ

次節ポルト戦への想いを語るファブリシオ「ポルトはベンフィカよりもずっと速い」

『zerozero.pt』

中島翔哉の2ゴールでフェイレンセに勝利した試合後、ポルティモネンセFWファブリシオがインタビューに応答。チームのパフォーマンスへの手応えと、次節対戦する強敵ポルトへの警戒心を語った。

「今日の勝利はとても重要だった。勝利が来るのは遅かったが、ようやく来た。しっかりと休んで、次の試合に備えたい。僕らは良いプレーをしているが、それだけでは十分じゃない。大事なのは勝ち点3。僕らが練習している美しいフットボールなら、もっと上の順位にいるはずだった。だから今日の結果は正当なもの。ハードワークして、チームのクオリティを見せつけないと」

「ポルトとの試合に向けて、休める時間は多くはないが、今日勝利で終われたことで、気休めにはなった。直近の試合のレベルを維持したいと思っているし、ドラガオン・スタジアムで良い試合をし、良い結果を持ち帰ることができると信じている。みんなが見たがる注目度の高い試合になるだろう。スタジアムは満員で、ポルトサポーターで埋め尽くされるはずだ。ポルトはベンフィカよりもずっと速いし、良い状態にある。でも、僕らのレベルを維持することができれば、そして、ハードワークでチーム一丸になることができれば、良い結果を得られるだろう」

前節ベンフィカ戦では昨季の王者相手にゴールを決め、ゴール判定によって取り消されたが、2点目を追加しそうだったポルティモネンセのエース。チームのパフォーマンスに自信を持っており、強豪ポルト相手でも勝ち点を奪えると信じているようだ。フェイレンセ戦はそれほどに勢いのある好ゲームであったし、この日の勝利がチームに活力を与えたことは間違いないだろう。

©FutePor -ふとぽる-

元鹿島FWファブリシオ、サッカー熱はそこまで?ゴール判定技術にもチクり

『A BOLA』

王者ベンフィカ戦のゴールで注目を浴びるポルティモネンセFWファブリシオが、母国メディアのインタビューに応答。「サッカー選手になる夢はなかった」と意外な内容を語った。

「昔はサッカーは全く好きではなかったし、サッカー選手になりたいという夢を持ったこともなかった。でも友人が練習に連れて行ってくれて、好きになった。それから、父はサッカーがすごく好きで、僕をモチベートしてくれた。彼のおかげ、そして神様のおかげで、今はこうしてサッカー選手になれている」

それでもやはり、ファブリシオの人生はサッカー一色ではないようだ。

「見るとすれば、良い試合かポルティモネンセの相手の試合くらい。スタジアムでサッカーを観戦することは滅多にない。そこまでファンではないんだ」

ゴールを決めたベンフィカ戦についてもコメント。相手キャプテンのルイゾンへの敬意と、自身2点目が取り消されたゴールラインテクノロジーについても語った。

「ルイゾンは祝福してくれた。ルイゾンのことはすごく好きだ。尊敬している。彼は謙虚で良い人柄。彼のようにポルトガルサッカー界で多くのタイトルを取り、徳のある偉大な選手とプレーできるのは喜ばしいことだね」

「判定を待っている間、ルス・スタジアムの静寂は奇妙な雰囲気だった。今でもゴールが取り消された理由が分からない。僕の中ではイメージははっきりしている。オフサイドはなかった。もし立場が反対であれば、ベンフィカがあのゴールを決めていれば、たぶんゴールは取り消されなかっただろうね」

©FutePor -ふとぽる-

【ハイライト動画】中島翔哉ポルティモネンセデビュー!元鹿島ファブリシオのスーパーミドル!

ポルトガルリーグカップ予選セカンドフェーズ、ポルティモネンセ対シャービスの一戦は、ホームのポルティモネンセが、リカルド・ペッソーア、パウリーニョ、ファブリシオの得点により3-1で勝利。本戦出場を決めた。

この試合は、中島翔哉にとって記念すべきポルトガルデビュー戦にもなった。後半開始より途中出場すると、チームにテンポを与える活躍をし、下記ハイライト動画には、中島を基点に生まれたパウリーニョの逆転ゴールと、味方選手が惜しくも外したが、1点ものの素晴らしいスルーパスが映されている。

また、ポルティモネンセの3点目は元鹿島FWファブリシオが、眼を見張るようなスーパーミドルを沈めるなど、日本人にとっては嬉しい内容に。

記念すべき中島翔哉のデビュー戦のハイライトをぜひご覧ください。

©FutePor -ふとぽる-

ファブリシオ所属のポルティモネンセが、プレシーズンにポルト相手に早めの腕試し!

ポルトが、2017-18プレシーズンの日程を発表した。

セルジオ・コンセイサオン新監督率いるポルトは、7月15日からメキシコ遠征に出発。その後帰国し23日にギマラインスと練習試合した後、24日から29日にポルトガル南部アルガルベ地方へ遠征。27日にポルティモネンセと対戦した後、7月30日にドラガオン・スタジアムでサポーターへホームお披露目となる。

2017-18シーズンより1部へ復帰するポルティモネンセにとっては、強豪クラブが並み居る1部への試金石として、最大のビッグクラブ、ポルトと対戦できるのは貴重な機会。ファブリシオと亀倉龍希も、この夏に移籍をしなかれば、ポルトとの貴重なプレシーズンマッチに出場することだろう。

©FutePor -ふとぽる-

ポルティモネンセがポルトガル2部リーグ優勝!ファブリシオは最終節に復帰も出場なし

ポルトガル2部リーグの最終節が各地で行われ、ファブリシオや亀倉龍希らが所属するポルティモネンセが、リーグ優勝に輝いた。

この日、サンタ・クラーラに勝利すれば優勝が決まる一戦。ファブリシオは負傷から復帰し久々のベンチに入りを果たした。試合はポルティモネンセが2-1で勝利。ファブリシオに出場機会は訪れなかったが、チームは最終節に2部優勝を決定させた。

すでに1部昇格を決めていたポルティモネンセだが、最終節に有終の美を飾った。来季は、2部王者のタイトルをひっさげ、リーグ4連覇の絶対王者ベンフィカやポルト、スポルティングなど強豪チームが並み居る1部リーグに挑戦する。

©FutePor -ふとぽる-