タグ別アーカイブ: ファン・キンテロ

コロンビア代表期待の星キンテロが、音楽への情熱から引退も検討?

『O JOGO』

ポルトからフランスのレンヌへレンタル移籍中のコロンビア代表MFファン・キンテロが、フットボールからの引退を考えているという衝撃的なニュースが報道された。コロンビアのラジオ放送『Antena 2』が伝えている。

キンテロが引退を検討している理由は、止まない音楽への情熱だという。フットボール選手としてのキャリアに終止符を打ち、ミュージシャン、もしくはラッパー、DJにでもなろうというのであろうか。とにかく、同選手はすでに近しい友人に対し、この計画を打ち明けたようだ。

23歳のキンテロは、ポルトの10番を身につけるなど期待を一身に背負いながらも、輝かしい功績を残すことはできなかった。さらに、レンタル先のレンヌでも、わずか17試合1ゴールにとどまっている。

ラダメル・ファルカオやジャクソン・マルティネス、後継者と謳われたハメス・ロドリゲスらを継ぐ選手としてポルトへ加入したキンテロ。ビッグクラブへ羽ばたいた先輩らの後を追えず、コロンビアのホープはそのキャリアを道半ばで終えてしまうのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトからレンヌへレンタル中のキンテロが退団を希望。次なる移籍先はスペインか

『A BOLA』

今季よりポルトからレンヌへレンタルされたコロンビア代表MFファン・キンテロ。選手自身はフランスクラブからの退団を望んでいるようだ。

キンテロはレンヌで出場機会を得ることができておらず、ここまでリーグでは5試合、フランスカップでは1試合の計256分の出場にとどまっている。選手はすでに冬の移籍市場での退団をクラブに訴えており、1月に新天地を求める可能性が高い。

そんな中、レアル・ソシエダがキンテロに興味を抱いているとの噂があり、新天地はスペインになることが予想されている。

©FutePor -ふとぽる-

サウサンプトンがポルトMFキンテロに興味?監督は噂を否定。「MFは必要ない」

『A BOLA』

サウサンプトンのロナルド・クーマン監督が先週末、リーグアンのレンヌの試合にスカウトを派遣した。そのことから、ポルトからレンヌへレンタル中のコロンビア代表ファン・キンテロへの関心が噂になっている。

しかし、クーマン監督はイングランドメディアの報道を完全否定。冬の移籍市場で新たな選手を獲得することはないと明言した。

「我々はMFを必要としていない。だからノーだ。私は今いる選手たちに満足している。100%と言い切ることはできない。それはフットボールの世界では不可能なことだからだ。しかし、1月に我々が新たな選手を迎えることはできないんだ」

22歳のキンテロは、今季よりポルトからレンヌへ500万ユーロでレンタル移籍。同クラブは、2000万ユーロの買い取りオプションも保持している。

©FutePor -ふとぽる-

駆け込み移籍のポルト。最終日に成立した6選手の移籍交渉

『A BOLA』

ポルトガルリーグの移籍期間終了を目前に、この夏積極補強を敢行したポルトが、駆け込みで、余剰戦力の放出とリーグ開幕後に発覚した弱点を埋める新戦力の獲得を実現させた。最終日にポルトが獲得した選手は2名。また戦力外の4選手を他クラブへ放出した。以下、6選手の移籍情報を紹介する。

<加入>
1.ヘスス・コローナ(←トゥウェンテ)
かねてから噂になっていたメキシコ人FWコローナを獲得。22歳の同選手と5年契約を締結し、違約金を5000万ユーロに設定した。

2.ミゲル・ラユン(←ワトフォード)
イングランドのワトフォードからメキシコ代表選手を1年のレンタルで獲得。ポルトの弱点となっているサイドの守備を強化する人材を補強した。600万ユーロの買い取りオプション付きの移籍となった。

<放出>
3.ファン・キンテロ(→レンヌ)
ハメス・ロドリゲスの後継者として期待されたかつての10番。今季はロペテギ監督の構想外となり、フランスへレンタルされた。ポルトは50万ユーロを受け取ることになる。買い取りオプションは付けられず、成長したキンテロを来季以降チームに迎え入れるつもりだ。

4.アドリアン・ロペス(→ビジャレアル)
昨季に鳴り物入りでアトレティコから加入したアドリアン。しかし、結果を残せずに、1年間のレンタルでスペインへ帰国することとなった。

5.エルナーニ(→オリンピアコス)
期待の若手ポルトガル人は、1年のレンタルでギリシアへ。昨季スポルティングを率いたポルトガル人監督マルコ・シウバのもとで大成を目指す。

6.リカルド・ペレイラ(→ニース)
U-21ポルトガル代表の快速ウイングは、2年間の長期レンタルでフランスへ。かつてのチームメイトであるカルロス・エドゥアルドが昨季大活躍したニースでその再現を狙う。

©FutePor -ふとぽる-

トルコの3強が元ポルト10番キンテロ争奪戦へ

『A BOLA』

これまで、セリエAのボローニャやサンプドリア、キエーボなどイタリア方面からの関心が強かったポルトの元10番キンテロ。先日、フェネルバフチェのポルトガル人新監督ビトール・ペレイラが獲得を狙っているとの報道があったが、ここに来てキンテロに対するトルコ方面からの関心が加速している。

フェネルバフチェ以外にも新たにキンテロ獲得に興味を抱いているのは、ポルトのチームメイト、リカルド・クアレスマが復帰したベジクタシュとガラタサライだ。両クラブともにコロンビア代表選手をレンタルで獲得したい意向だという。

かつてペスカーラでプレーし慣れ親しんだイタリアの中位クラブか、それとも積極補強を進める新天地の上位クラブか。ポルトで構想外となった才能溢れる若手キンテロの選択に注目が集まる。

©FutePor -ふとぽる-