タグ別アーカイブ: フィオレンティーナ

柿谷の次は香川?ポルトガル人指揮官にドルトムント監督就任の噂

『zerozero.pt』

フィオレンティーナの監督を務めるパウロ・ソウザにドルトムント監督就任の噂が浮上している。

ドルトムントの現指揮官トーマス・トゥヘル監督には、ユベントスやアーセナルの監督就任の噂が報じられている。ドルトムントは、その後任として、1996-97シーズンにクラブでプレーしたこのポルトガル人監督の招聘に興味を抱いているようだ。

パウロ・ソウザは、現在監督を務めるフィオレンティーナで2シーズン目を送っているが、今季限りで退団することが予想されている。かつてレスターで阿部勇樹、バーゼルでは柿谷曜一朗を指導した元名選手は、次に香川真司の監督を務めることになるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

セリエAで活躍するポルトガル人MFにヴィオラが関心も、選手の意思はポルト移籍?

『A BOLA』

ウディネーゼに所属するU-21ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスに、パウロ・ソウザ率いるフィオレンティーナが関心を寄せている。

母国の大先輩が率い、現在のウディネーゼから移籍すれば、理想的なステップアップになるであろうこの移籍。しかし、21歳の若手ポルトガル人MFは、母国への復帰を優先しているようだ。『TuttoUdinese』によると、ヌーノ・エスピリト・サント新監督が就任したポルトも同選手へ関心を寄せており、選手自身もポルト移籍の方へ前向きであるという。

2013年にノバーラからウディネーゼへ移籍し、若い頃から海外での挑戦を続けるブルーノ・フェルナンデス。2018年までこのイタリアクラブとの契約を保持しているが、果たして母国への復帰は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトの新監督候補にパウロ・ソウザが浮上

『A BOLA』

今季途中より就任したジョゼ・ペゼイロ監督のもと不調から脱出できず、リーグ3位に沈むポルト。オリンピアコスのマルコ・シウバやスポルティングのジョルジ・ジェズス、ゼニトのビラス・ボアスら、多くの名将が新監督候補として報道されている。

そんな中、また新たにポルトガル人監督の名前が浮上した。『Sportmediaset』によると、今季フィオレンティーナの監督を離れることが噂されるパウロ・ソウザが、来季ポルトの監督を務める候補の1人であるという。ちなみに、同監督には、ビラス・ボアスの今季限りでの退任が決まっているゼニトも注目している。

現在指揮をとるイタリアでは、リッピやモンテッラらとともに、ミランの新監督候補として噂されるパウロ・ソウザ。果たして、かつてベンフィカとスポルティングでプレーした名選手が、当時のライバルクラブであるポルトの新監督に就任することはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

テージョ、ポルトへのレンタル移籍終了へ。新天地はスポルティングFWにも関心を寄せるヴィオラか

『O JOGO』

バルセロナからポルトへレンタル移籍中のクリスティアン・テージョ。どうやらスペイン人FWのポルト退団が間近に迫っているようだ。

イタリアメディア『La Nazione』によると、テージョの新天地はポルトガル人監督パウロ・ソウザ率いるフィオレンティーナになりそうだ。すでにフィオレンティーナとポルトは合意に達し、残すは所属元バルセロナの許可のみであるという。テージョは再びレンタルの形でバルセロナを離れ、買取オプションが付けられると推測されている。

24歳のテージョは、現在ポルトで満足のいく出場機会を得られていない。ロペテギ監督が去ってからは1分も試合に出ることができず、今季は20試合で2ゴールのみに終わっている。リバプールやエバートンらプレミアクラブからの関心が伝えられていた同選手だが、イタリアに活躍の場を移すのだろうか。

フィオレンティーナは、スポルティングFWアンドレ・カリージョにも関心を寄せており、ポルトガルリーグから2名の有力FWをダブル獲得する可能性もある。

©FutePor -ふとぽる-

19歳からイタリアでプレーするアウトローなポルトガル人SBが、ビッグクラブへの挑戦意欲を見せる

『O JOGO』

入団1年目からレギュラーのポジションを勝ち取ったエンポリで、3年目を迎えるポルトガル人LSBマリオ・ルイ。その活躍から、セリエAの強豪、フィオレンティーナやインテル、ナポリらが獲得を狙っていると噂されている。

同選手は度々、代理人に対してビッグクラブへの移籍願望を明かしていたという。そのため、絶対的なレギュラーを獲得したエンポリとは契約延長をせず、2015-16シーズンをもって契約終了となる。代理人自身も、「我々の意思はビッグクラブへ入団することであり、あの青年はそれに値する。エンポリとの契約更新は全く考えていない」と強気の姿勢を見せた。

スポルティングとベンフィカというリスボンの2大強豪クラブの下部組織で育ち、19歳という若さでイタリアに活躍の場を求めたマリオ・ルイ。今では24歳になり、5年目となる国外挑戦は今年をもって一つの区切りを迎える。契約最終年にさらなるパフォーマンスを発揮し、夢のビッグクラブ入団を勝ち取れるだろうか。前述の3大クラブが獲得を狙っているという噂も、追い風となることだろう。

©FutePor -ふとぽる-