タグ別アーカイブ: フラメンゴ

【動画付き】ジョルジ・ジェズス、国際大会3度目の正直!リベルタドーレス杯を劇的優勝!

ポルトガル人監督ジョルジ・ジェズス率いるフラメンゴが、リーベルプレートと対峙したリベルタドーレス杯決勝は、歴史的な大逆転劇で幕を閉じた。

フラメンゴは前半14分にリーベルのボレに先制弾を許し、その後は得点を奪えずに敗戦濃厚に。しかし、ジョルジ・ジェズスのもと母国ブラジルでかつての輝きを取り戻したガビゴウことガブリエウ・バルボーザが、89分と92分に立て続けにゴール。わずか3分間の大逆転劇を演じたフラメンゴが優勝を飾った。

フラメンゴは1981年の優勝以来、実に38年ぶりとなる大会王者に。前回優勝時には、神様ジーコが、この日のガビゴウ同様2ゴールを決めていた。クラブを逆転優勝に導いたガビゴウは、グループステージからベスト16、ベスト8、準決勝、決勝の全てのフェーズで得点をマーク。わずか3分での2ゴールはリベルタドーレス杯最速記録となった。

また、ベンフィカでは6年間で10つのタイトルを勝ち取ってきたジョルジ・ジェズスにとって、国際大会での優勝はキャリア初。ベンフィカ時代には、ELで2年連続決勝敗退の悔しさを味わってきた監督は、3度目の正直でついに大陸王者の栄誉を手に。リベルタドーレス杯を手にしたのは、外国人監督としては、1991年にコロコロを率いたミルコ・ヨジッチ以来、史上2人目。自身16つ目のタイトル獲得に、選手・サポーターのみならず、ポルトガルリーグ公式や自身が3289番目のソシオであるスポルティングなど、各ポルトガルクラブからも祝福が寄せられた。

フラメンゴはこの優勝でクラブW杯出場が決定。ブラジルリーグでも次節勝利で優勝が決まる。リベルタドーレス制覇の余韻を残しつつ、今後もジョルジ・ジェズス率いるフラメンゴの躍進には目が離せない。

©FutePor -ふとぽる-