タグ別アーカイブ: フレン・ロペテギ

デコが語るポルトガルNo.1監督と自らの後継者として期待する5選手

『zerozero.pt』

元ポルトガル代表のスター、デコが『A BOLA』のインタビューに回答。今夜控えるスポルティング対ポルトのクラシコについてコメントした。

まず、激戦を繰り広げる両監督について、どちらが優れた監督か、自らの考えを明かした。

「確かにロペテギが優れた監督だということに疑いはない。ポルトに良いものを持ち込み、良いチームを作る術を知っている。しかし、対するはジョルジ・ジェズスだ。彼はポルトガルNo.1の監督であり、ポルトガルサッカーの現実をよく知っている」

続いて自らの後継者について尋ねられたデコ。自身の2世に限らず、期待する5選手の名前を挙げた。

「それは難しい質問だね。好きな選手はたくさんいる。ポルトにはハイレベルなMFが3人いる。ルーベン・ネーベスアンドレ・アンドレ、そしてダニーロだ。それから個人的には、スタイルは違えど、バレンシアのアンドレ・ゴメスは好きだ。ただ、MFよりも前線の選手だけどね。しかし、おそらくもっと率直に答えるとしたら、ベルナルド・シウバになるだろう。僕は彼のことをとても気に入っている」

デコも注目するスポルティングとポルトのクラシコは、本日現地時間20時45分より開戦する。

©FutePor -ふとぽる-

年始にクラシコ開戦。ポルト監督ロペテギはスポルティング監督ジョルジ・ジェズスが苦手?

『Record』

1月2日、現地時間20時45分より、スポルティングのホーム、ジョゼ・アウバラーデ・スタジアムにて、スポルティング対ポルトのクラシコが開戦する。ポルトガルリーグは第15節に差し掛かり、ポルトは勝ち点36で首位に立ち、スポルティングは同35の2位から後を追う。このクラシコはまさに、リーグ優勝に多大な影響を与える頂上決戦である。

アウェイに乗り込むポルトには、懸念事項が2点ある。第一に、リーグカップにおけるドラガオン・スタジアムでの敗戦だ。ポルトはマリティモ相手にホームでまさかの1-3の歴史的敗戦を浴びたばかり。チームが精神的ショックから立ち直れているかどうかが鍵となる。

第二に、監督ロペテギが持つ、敵将ジョルジ・ジェズスへの「ジンクス」である。昨季ポルトの監督に就任したロペテギは、当時ベンフィカを率いていたジョルジ・ジェズス相手に、勝利を挙げるどころか1得点も奪えていないのである。ホームでは0-2で破れ、その後ルス・スタジアムでの一戦では、0-0のスコアレスドローに終わり、リーグタイトルから遠のいていた。

今季の平均ゴール数が1試合1.8ゴールと得点力不足に沈むポルト。CLでの敗戦やマリティモへの敗北により、サポーターからの風当たりが日に日に強まっているロペテギが、ジンクスを打ち破り、頂上決戦に勝利できるか。

©FutePor -ふとぽる-

【15-16期CL/EL組合せ決定!】ロペテギ率いるポルトは香川真司所属のドルトムントと「CL級」の初対戦へ

『zerozero.pt』

CLとELの決勝トーナメントの組合せ抽選会が行われた。チェルシーとの直接対決に敗れてCLを敗退し、ELへの参加が決まったポルトの対決相手は香川真司所属のドルトムントに決定した。歴史ある両クラブの対決は、史上初の対戦カードとなる。

ポルトのロペテギ監督が、強豪クラブ対決についてコメント。濃霧により延期され翌日対戦したナシオナル戦後、まだ抽選結果を知って間もない頃に「ドルトムントは非常に強い」と簡略な言葉を残した。

ドルトムントの会長が「CLの試合のようだ」と語ったように、ELのベスト32では勿体無いレベルの組合せとなった。香川真司の活躍を含めた日本はもちろん、世界中が注目する一戦となるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

モウリーニョ、古巣のファンにロペテギ監督への信頼を求める

『SAPO Desporto』

CL最終節、負けた方がグループステージ敗退という決戦を終えたポルトとチェルシー。2-0で勝利し、ポルトをCL敗退に追い込んだチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、古巣のファンにロペテギ監督への信頼を求めた。

「もしポルトが勝っていたら、誰もがロペテギは最高だと話していただろう。ただ、ポルトは敗れ、チームが犯したミスについてが話題となっている。全く違うシナリオであること、そして全く違う状況であることは分かっている」

ロペテギ監督はポルトの監督に就任して2年目となるが、まだタイトルをひとつも勝ち取っていない。モウリーニョは、監督が厳しい状況に立たされたときに必要なのはファンのサポートであると明言し、自らも現在苦境に立たされている状況と重ねながら語った。

「たぶん、それ(ファンのサポート)こそが彼が今最も必要としているものだろう。我々は勝ったときには誰のサポートも必要ないが、負けたときには、特にファンのサポートというものは、我々の安定性を維持する上で不可欠なものとなる。もし私が精神的な安定を持てているのなら、それはチェルシーのサポーターのおかげなのだ」

ロペテギ監督も、モウリーニョについてコメント。古巣の先輩からの信頼への感謝を示した。

「彼は史上最高の監督の1人だ。今季のチェルシーで指揮を続けるのに最適な人間だと確信している」

たった1試合で明暗分かれた両者の状況。モウリーニョはこの勝利を不調からの脱出に活かし、ロペテギはこの敗戦を教訓に初タイトルに向け立ち直りたいところだ。

©FutePor -ふとぽる-

ロペテギ監督がモウリーニョの持つドラガオン19連勝記録を更新!

『A BOLA』

ポルトは火曜日にCL第3節マッカビ戦をホーム、ドラガオン・スタジアムで戦い2-0で勝利した。この勝利により、ロペテギ監督はドラガオンで行われたホームゲームの連勝記録を20に伸ばし、現チェルシー監督モウリーニョがポルト時代に記録した19連勝を更新した。

ロペテギ監督の次なる目標は、24連勝記録の更新となった。かつての名将アルトゥール・ジョルジが前ホームスタジアム、アンタス・スタジアムで達成した偉業に挑む。

©FutePor -ふとぽる-