タグ別アーカイブ: ブラガ

ブラガが新監督ジョルジ・シマオンの就任を発表!現国内No.1若手監督がビッグクラブへ

『zerozero.pt』

ポルトガルカップで2部コビリャン相手に敗退し、監督ジョゼ・ペゼイロを解任していたブラガが、新監督ジョルジ・シマオンの就任を発表した。

40歳のジョルジ・シマオンは、現在の国内リーグで最もその手腕が注目されている若手といっても過言ではない期待の青年監督である。昨季はパソスをリーグ7位に導き、今季は2部上がりのシャービスをここまでリーグ7位と上位に押し上げていた。ブラガはその手腕を評価し、シャービスに30万ユーロの違約金を支払い引き抜いた。

今夜のスポルティングとの上位対決はアシスタントコーチであるアベル・フェレイラ氏が指揮を執り、ジョルジ・シマオン新監督は木曜日のモレイレンセ戦でデビューする見通しである。

ポルトガルカップこそ敗退したブラガだが、リーグは現在4位と最低限の順位は維持。期待の青年監督の就任で、3強の牙城を崩せるか注目が集まる。

©FutePor -ふとぽる-

北の2強が絶好調!ブラガは3位浮上でポルトガルリーグは「5強」体制に!

ポルトガルリーグ北部の2強クラブが絶好調だ。

ブラガはU-21ポルトガル代表リカルド・オルタの2ゴールで、ベレネンセスに2-1で勝利。ナシオナルに引き分け、勝ち点18にとどまっていたスポルティングを抜き、3位に浮上した。また、勝ち点は20に積み上げ、2位ポルトと並んだ。

昨季は10位に終わったビトーリア・ギマラインスは、リオ・アベに3-0で快勝。ポルトからレンタル中のムサ・マレガのキャリア初のハットトリックにより、スポルティングに勝ち点1差に迫る5位に浮上した。ちなみに、マレガはここ8試合で10ゴールと絶好調で、ギマラインスの躍進の原動力となっている。

ポルトガル北部の2強の好調により、現在のポルトガルリーグは5強体制に。勝ち点25で首位につけるベンフィカが頭一つ抜きん出て、同20の2位ポルトと3位ブラガがそれを追う。4位スポルティングは同18と不調で、次節の結果次第では、同17の5位ギマラインスに順位を抜かれる可能性もある。

近年のスポルティングの復権により、3強体制が色濃くなっていたポルトガルリーグ。パウロ・フォンセッカのもとパソスが3位に躍進した2011-12シーズン以来となる、3強体制を打ち崩すチームは現れるのだろうか。ブラガとギマラインスはその有力候補だ。

©FutePor -ふとぽる-

アトレティコDFがブラガへレンタル移籍

『maisfutebol』

ブラガが土曜日、エミリアーノ・ベラスケスとの契約を発表した。

22歳のウルグアイ人CBは、アトレティコ・マドリードから1年間のレンタルでブラガに加入する。ちなみに、昨季同選手はヘタフェに貸し出されていた。

2014年にアトレティコへ移籍したエミリアーノ・ベラスケス。ウルグアイ代表としても1キャップを記録しており、ブラガにとっては強力な助っ人が到来する。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカがポルトとの争奪戦に勝利!欧州制覇MFラファと5年契約締結へ

『A BOLA』

ついに、ポルトガルで最も注目を集める若手選手の未来が決まった。ベンフィカが、ゼニトやポルトらとの争奪戦を制し、ブラガのポルトガル代表MFラファ・シウバと5年契約を締結するようだ。

23歳のラファは、2014年ブラジルW杯メンバーに選ばれ、ポルトガルが欧州王者に輝いたEURO2016でも母国を代表した、国内きっての注目株。ポルト以外にもイングランドやスペインのクラブなど、多くのチームが関心を寄せる中、ポルトガルリーグ3連覇中のベンフィカが獲得に漕ぎ着けた。

ベンフィカは、違約金が2000万ユーロとされるラファに対し、その保有権の90%を1500万ユーロで買い取るという。さらに、ブラガに3選手を譲り渡し、カルセラとオスカル・ベニテスの両選手を1年間レンタルし、ルイ・フォンテを完全移籍で売却すると報道されている。

ラファは金曜日にリスボン入りし、メディカルチェックを受診予定。今夏の移籍市場を賑わせた若手のホープが、ついにビッグクラブへステップアップを遂げる。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカやゼニトも狙うラファ、ポルト移籍に一歩前進か

『A BOLA』

ブラガのポルトガル代表MFラファ・シウバが、ポルト移籍に一歩前進したようだ。『A BOLA TV』が報じた。

同メディアによると、EURO2016王者メンバーのラファを巡り、アルガルベはビラモウラのホテルにて会談が実現。ポルト会長ピント・ダ・コスタが直々にブラガ会長アントニオ・サウバドールと対談し、選手の保有権のうち50%を保持する代理人ジョルジ・メンデスを含めて、ラファの獲得について交渉をしたようだ。

同会議では、ピント・ダ・コスタがラファの獲得に関して個人的に合意。残すはアントニオ・サウバドールが、2000万ユーロに設定されている違約金の扱いを決定するのみとなったようだ。

ポルトガル期待の新星ラファは、この夏念願のビッグクラブ移籍が実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-