タグ別アーカイブ: ブルーノ・フェルナンデス

2017-18夏季、ポルトガル3強の補強診断。三者三様のチーム強化と注目の新戦力を紹介

2017-18シーズン夏季の移籍市場が閉幕した。例年、多くの主力選手を欧州のビッグクラブに引き抜かれ、この時期にはチームの陣容がガラッと変わるポルトガルリーグの3強。今季は、特にベンフィカが列強クラブの餌食となったが、その代わりの補強はどのように進めたのか。ベンフィカ、ポルト、スポルティング、例年以上に三者三様の特徴が出た移籍市場での動きを補強診断として採点し、注目の新戦力を紹介する。

(以降、主な移籍リストは、Aチームの加入・退団選手のうち、代表的な移籍のみ掲載)

ベンフィカ

目玉補強

ガブリエウ・バルボーザ(ガビゴウ)

今夏は、ルイ・ビトーリアが種を蒔き、花開かせた「ビトーリア・チルドレン」が、みな列強クラブに刈り取られた。シーズン途中にゴンサロ・グエデスがパリ・サンジェルマンに引き抜かれると、シーズン終了後には、RSBネウソン・セメードがバルセロナに、CBビクトル・リンデロフがマンチェスター・ユナイテッドに、そしてGKエデルソン・モラエスがマンチェスター・シティへ、ベストイレブンにも選ばれたリーグを代表するディフェンス陣が根こそぎ引き抜かれてしまった。

主力選手がこぞって退団したベンフィカだが、補強市場での動きは意外にも物静か。このまま新シーズンを迎えるのかに見えたが、移籍市場最終日に大きく動いた。

ポルトやスポルティングらと争奪戦を繰り広げ獲得した今夏の目玉補強が、インテルよりレンタルで獲得したガビゴウ。マルセイユに移籍したミトログルの穴を埋める補強として、ブラジルの逸材を確保した。

また、同日にはネウソン・セメードの後任として、バルセロナからドウグラスもレンタルで獲得。移籍市場開幕直後には、U-21ポルトガル代表の正GKとして活躍し、先日ポルトガル代表にも初選出されたブルーノ・バレーラを、マンチェスター・シティへ移籍したエデルソンの後継者として獲得するなど、何とかビトーリア・チルドレン退団の穴をおおむね埋めることに成功した。

しかし最大の懸念点は、クラブのバンデイラCBルイゾンの相棒を誰が務めるのかという問題。昨季はユナイテッドへ移籍したリンデロフがルイゾン以上の安定感を発揮したが、この夏、代替のCBは獲得できず。加齢による衰えも見られるルイゾンが1年間フル稼働できる保証もなく、CBのポジションが今季のベンフィカにとってアキレス腱となるおそれもある。

主な移籍

【OUT】
エデルソン・モラエス(マンチェスター・シティ)
ビクトル・リンデロフ(マンチェスター・ユナイテッド)
ネウソン・セメード(バルセロナ)
ルカ・ジョビッチ(フランクルフルト)
アンドレ・オルタ(ブラガ)
アンドレ・カリージョ(ワトフォード)
ミトログル(マルセイユ)
【IN】
ブルーノ・バレーラ(セトゥバル)
ミル・スビラール(アンデルレヒト)
ドウグラス(バルセロナ)
クリス・ウィロック(アーセナル)
ハリス・セフェロビッチ(フランクルフルト)
ガブリエウ・バルボーザ(インテル)

補強診断

70点
→エデルソンの穴埋めに、将来のポルトガル代表正GK候補を確保できたのは◎。また、駆け込み移籍でガビゴウと、セメードの後任ドウグラスの2人の大物も獲得した。しかし、リンデロフの後釜を獲得できず、CLを含めた連戦を戦うには、ディフェンスラインの陣容が物足りない感は否めない。

ポルト

目玉補強

セルジオ・コンセイサオン

今夏のポルトは、過去類を見ないほどに物静かな移籍市場を経験した。チームの若きエース、アンドレ・シウバがミランへ移籍したが、それ以外で大幅な戦力ダウンはなし。それどころか、他クラブでの武者修行でたくましく成長した選手がレンタルから復帰し、チームの中心選手として大活躍している。

主な補強は、第3GKのバナー・アウベスのみであったが、ニースで評価を高めた快速SBリカルド・ペレイラや、ポルト伝統の9番を取り戻したバンサン・アブバカル、昨季はギマラインスのエースとして活躍したムサ・マレガなど、レンタルからの復帰組がプレシーズンから大活躍。新戦力の獲得は必要ないほどに、チームに新たな活力をもたらしいている。

そんなポルトの注目の新戦力は、選手でないのであれば、やはり監督セルジオ・コンセイサオンだろう。今季3強の中では唯一監督交代を敢行し、フランスのナントで評価を高めたクラブOBにタイトル奪還を託した。フレン・ロペテギ、ヌーノ・エスピリト・サント両監督時代には冷遇されていた上記レンタル組をうまくチームに馴染ませ、ここまでファンを大いに期待させるフットボールを展開している。

主な移籍

【OUT】
グディーニョ(アポエル)
ホセ・アンヘル(エイバル)
チドージー(ナント)
ラファ・ソアレス(フルハム)
ウィリー・ボリー(ウルバーハンプトン)
ルーベン・ネーベス(ウルバーハンプトン)
ジョアン・テイシェイラ(ブラガ)
アンドレ・シウバ(ミラン)
ディオゴ・ジョッタ(ウルバーハンプトン)
ローラン・ドゥポワトル(ハダースフィールド)
アドリアン・ロペス(デポルティボ)
ルイ・ペドロ(ボアビスタ)
【IN】
バナー・アウベス(フェイレンセ)

補強診断

90点
→アンドレ・シウバの売却額3800万ユーロを使わず、レンタル復帰組をチームに融合させ、見事戦力アップに成功。コストパフォーマンスの観点から、非常に優れた移籍市場での動きとなった。また、上記「主な移籍」リストには掲載していないが、Bチーム所属選手を中心とする多くの若手をレンタル移籍に出し、中長期的なクラブの成長のための投資にも成功した。

スポルティング

目玉補強

ブルーノ・フェルナンデス

今夏のスポルティングの戦力補強は一味違う。ポルトガルリーグ3強の中でも、特にスポルティングは、無名選手を格安で買い、育て上げて高額で売るというポリシーを補強戦略としている。しかし、今夏は主にレンタル移籍など移籍金のかからない方法で、世界的な有名プレーヤーを大量に獲得した。バルセロナからジェレミー・マテューと、レアル・マドリードから監督ジョルジ・ジェズスの教え子ファビオ・コエントランを獲得するなど、現在世界で最も強いスペインの2強からディフェンスラインを大幅に増強。昨季のリーグ得点王バス・ドストに依存したFW陣には、元コートジボワール代表セイドゥ・ドゥンビアを獲得した。

このように多くの有名プレーヤーを確保したスポルティングだが、今季最注目の新戦力は、将来彼らのようにスタープレーヤーになることが有望視されている国内注目のヤングスター、ブルーノ・フェルナンデスだろう。ポルトガル人としては珍しく、国内でプロにならずに若き頃よりイタリアで己を磨いてきた逸材だ。リオ・オリンピックでは母国の10番を背負い、まさにチームの中心選手として奮闘。クラブ会長は、将来への期待も込めて、ポルトのフッキが記録した国内最高額の違約金と同額の1億ユーロの違約金を設定した。

主な移籍

【OUT】
ベト(ギョズテペ)
ルーベン・セメード(ビジャレアル)
パウロ・オリベイラ(エイバル)
アンドレ・ジェラウデス(ベレネンセス)
マルフィン・ゼーヘラール(ワトフォード)
リカルド・エスガイオ(ブラガ)
ジェフェルソン(ブラガ)
エセキエル・スケロット(ブライトン)
アドリエン・シウバ(レスター)
ジョエル・キャンベル(アーセナル)
ルーク・カスタイニョス(フィテッセ)
【IN】
アンドレ・ピント(ブラガ)
クリスティアーノ・ピッチー二(ベティス)
ファビオ・コエントラン(レアル・マドリード)
ジェレミー・マテュー(バルセロナ)
マテウス・オリベイラ(エストリル)
ステファン・リトフスキ(リエカ)
ロドリゴ・バターリャ(ブラガ)
ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)
セイドゥ・ドゥンビア(ローマ)
マルコス・アクーニャ(ラシン・クラブ)

補強診断

100点
→ディフェンスラインを刷新したが、補強されたのはコエントランやマテューら大物選手。得点王バス・ドストとアシスト王ジェウソン・マルティンスの2人に頼り切ったオフェンス陣にも、ドゥンビアや、アシストランキング上位入りが期待できるブルーノ・フェルナンデスとアクーニャらを確保。キャプテン、アドリエン・シウバの離脱は痛いが、このポルトガル代表MFの穴を埋めるに十分な新戦力を獲得した。ブルーノ・フェルナンデスは、リーグ開幕直後から今季のリーグMVP級の活躍ぶり。ポルトガル代表にも選ばれるなど、大ブレイクの予感を漂わせている。

以上、2017-18シーズン夏の移籍市場におけるポルトガル3強の補強診断を実施した。駆け込みで移籍選手の穴をおおむね埋めたベンフィカ、レンタル復帰選手をチームに溶け込ませて補強は最小限にとどめ、余剰戦力の整理にも成功したポルト、大物選手を大量に獲得し、チームを大幅に増強したスポルティング。補強の成果もあり、3強は1994-95シーズンぶりに全チームが開幕3連勝を達成した。

今季も、逸材の宝庫であるポルトガルリーグで、上記新戦力の中からリーグを代表する選手へとブレイクするものが現れることだろう。

招集が期待された2人は選外に。サントス監督「ブルーノとリカルドは私のリストに入っている」

『O JOGO』

ロシアW杯予選フェロー諸島戦およびハンガリー戦に臨むメンバーを発表したポルトガル代表。招集が期待されていたブルーノ・フェルナンデスリカルド・ペレイラの2選手は選外となったが、フェルナンド・サントス監督は、両選手には引き続き注目していることを明言した。

今季より加入したスポルティングで衝撃のミドルシュートを1試合に2本沈めるなど、フル代表初選出が期待されたリオ五輪代表10番ブルーノ・フェルナンデス。そして、フランスで評価を高め、今季よりポルトにレンタルバックしたリカルド・ペレイラ。2人は、ポルトガルリーグで開幕から好調を維持し、代表招集が期待されていた。

「ブルーノ・フェルナンデスとリカルド・ペレイラは、私のリストに入っている。彼らは代表のドアが開かれた選手であり、ドアが開いている限り入ることができる。(サプライズ招集されたGK)ブルーノ・バレーラは長らくドアが開かれており、ついに代表に入った」

今回は選外となったブルーノ・フェルナンデスとリカルド・ペレイラだが、今後も国内リーグで好調を維持すれば、代表入りも現実味を帯びてくることだろう。

©FutePor -ふとぽる-

【動画付きコラム】スタメンの固定化進むポルティモネンセ、中島翔哉は割り込めるのか?見習うべきはスポルティングの2選手

リオ五輪で日本代表の10番を背負ったFC東京FW中島翔哉が、1年間のレンタル移籍でポルトガル1部ポルティモネンセへ加入することが決定した。

リオ五輪の日本代表では絶対的な地位を確立していたこの中島だが、FC東京では、Jリーグ得点王を獲得したこともある2人の偉人、大久保嘉人とピーター・ウタカの存在もあり、毎試合スタメンとしてプレーするには至っていない。

果たして、そのような状況の中で、中島はポルトガル1部のこのクラブで出場機会を確保し、レギュラーとして活躍できるのだろうか。今回は、すでにポルトガルリーグを代表するプレーヤーとなった2人の若手ポルトガル人選手をベンチマークとして、中島がポルティモネンセでレギュラーとして活躍できる可能性、そして、ポルトガルで名を上げるために必要な能力について論じたい。

中島が移籍するポルティモネンセは、現在スタメンの固定化が進んでいる。ポルティモネンセが1部に復帰した2017-18シーズンのポルトガルリーグもすでに3節を終えたが、開幕ボアビスタ戦、強豪ブラガ戦およびリオ・アベ戦の3試合のすべてで、スタメンには同じメンバーが名を連ねた。

2部で戦った昨季は2トップ気味で戦う試合もあったポルティモネンセだが、今季の基本フォーメーションは4-3-3。

(※以下、カッコ内は年齢ではなく背番号)

GKはチームの絶対的守護神であるリカルド・フェレイラ(33)。

DFの4枚は、右から35歳の大ベテランRSBリカルド・ペッソーア(5)、CBにルーカス・ポッシニョーロ(3)とルーベン・フェルナンデス(26)、LSBにはルーマー・アグベニュー(15)。

MFの3枚は、左利きのポルトガル人ペドロ・サー(21)、昨季はMFながら9ゴールを記録したブラジル人パウリーニョ(8)、そしてエースナンバーを背負うエウェルトン(10)。(※ペドロ・サーとエウェルトンは、左右を入れ替えることもある)全員が23~24歳で中島と同年代の選手たちである。

FWの3枚は、RWGに開幕戦のボアビスタ戦で決勝ゴールを挙げ、ビトーリア・ギマラインスが関心を寄せるという新進気鋭20歳の若手レフティー、ブルーノ・タバタ(11)、CFにチームのエースである元鹿島ファブリシオ(90)、LWGに昨季ペナフィエルでシーズン8ゴールを記録した24歳の新加入ブラジル人FWウェリントン・カルバーリョ(27)。

これらスタメンをベースに、クラブのレジェンドである36歳ジョルジ・ピレス(9)や、23歳のギニアビザウ系ポルトガル人FWウィルソン・マナファ(19)、19歳のナイジェリア人FWチデラ(70)などが交代によって途中出場する戦術が固定化している。

中島翔哉が加入した場合、ポジションを争うことになるのは、主に両ウイングのブルーノ・タバタ(11)とウェリントン(27)になるだろう。彼らは、ほとんどの試合でともに途中交代しており、両ウイングには中島が途中出場できる機会が存分にある。同時に、3枚の交代枠を争うマナファ(19)やチデラ(70)なども試合出場をかけて競うライバルになり得るだろうし、中島がセントラルの位置でプレーするのであれば、ペドロ・サー(21)やエウェルトン(10)とのレギュラー争いも待ち受けることになる。

言及したウィングの4選手はみな中島と同年代、もしくは、中島よりも若く勢いがあり、ブラジルやアフリカにルーツを持つなど、スピードとテクニックに長けたウィンガーである。たとえリオ五輪で10番を背負い、将来日本代表の中心選手としてプレーすることが期待されている中島にとっても、出場機会を簡単に奪える相手ではない。当面は、決まり文句にはなってしまうが、途中出場で機会を伺いながら、ポルトガルサッカーの技術やスピード、プレーリズムに慣れ、同時にポルトガル語を習得してチームの一員として馴染んだ上で、限られたチャンスをものにしていくのが、スタメン出場に向けた現実的な路線だろう。ただ、中島がポルティモネンセで試合に出場するチャンスは、十二分にあるはずだ。

ではその中で、中島翔哉はどのようなプレーを身につけるべきなのか。是非、相手にとってより嫌な選手になるため、また、ポルティモネンセの絶対的なプレーヤーへと成長し、ポルトガルリーグを代表するアタッカーになるために、中島と同年代ながらすでにポルトガルリーグを代表する若手スタープレーヤーとして活躍する2選手のようなプレーを目指してほしい。

その2選手とは、ともにスポルティングに所属するFWジェウソン・マルティンスとMFブルーノ・フェルナンデスだ。

1人目のジェウソン・マルティンスは、現在22歳の若手ポルトガル人。カーボベルデにルーツを持ち、77番を背負うRWGということから、スポルティングのレジェンドFWナニと比較されることが多い。昨2016-17シーズンにポルトガル代表に定着し、代表のキャプテンでスポルティングの先輩でもあるクリスティアーノ・ロナウドが、レアルのペレス会長に獲得を進言したとも噂される、ポルトガル最注目のヤングスターである。

ジェウソン・マルティンス最大の武器は、サイドで相手DFを置き去りにする、圧倒的な突破力。CLで対戦したレアル守備陣、ブラジル代表マルセロやスペイン代表セルヒオ・ラモス、フランス代表ヴァランらも翻弄したほどだ。

このジェウソン・マルティンスは、昨季のポルトガルリーグで唯一2桁アシストを記録し、アシスト王に輝いたリーグを代表するドリブラーである。ルイス・フィーゴやクリスティアーノ・ロナウド、リカルド・クアレスマにルイス・ナニなど、ポルトガルおよびスポルティング伝統のウィンガーの系譜を継ぐ逸材だ。中島は、このジェウソンまでとは言わずとも、ポルトガルリーグでプレーするウィンガーとして、参考にすべき点は多いだろう。ジェウソンのように、個の力で相手守備陣のバランスを崩し、得点に結びつけるアシストを積み上げ、目に見える結果を残すことが、中島がポルティモネンセで絶対的な存在になるための鍵となる。金崎夢生もポルティモネンセでの約2年間で18ゴールと、しっかり結果を残したからこそ信頼を勝ち得ていた。

2人目のブルーノ・フェルナンデスは、今季スポルティングがサンプドリアから獲得したポルトガル人の攻撃的MF。中島と同様にリオ五輪で母国代表の10番を背負った選手である。スポルティングは今季獲得したこのブルーノ・フェルナンデスに、ポルトがフッキにつけたのと同額でリーグ最高額タイの違約金である1億ユーロを設定したことからも、その期待度の高さが伺える。

サンプドリア以前に所属したウディネーゼ時代は、パスセンスに優れ、豊富な運動量を武器に前線に飛び出したり、守備に貢献したりと「走れるファンタジスタ」のような印象が強かったブルーノだが、今季より加入したスポルティングでは、持ち前のテクニックにパワーが上乗せされ、ミドルレンジからのシュートなど新たな武器に磨きをかけている。

スポルティングがアウェイで昨季4位のビトーリア・ギマラインスを0-5で粉砕したポルトガルリーグ第3節の一戦で、ブルーノ・フェルナンデスの新たな武器が覚醒した。目の覚めるようなスーパーミドルを1試合に2度も沈め、スポルティングの新エースに名乗り出た。

中島翔哉もミドルシュートの意識が高い選手であり、実際にリオ五輪アジア予選のイラン戦での2ゴールを始め、いくつものスーパーミドルを沈めてきた。得意のミドルレンジからのシュートにさらに磨きをかけると同時に、ブルーノ・フェルナンデスがウディネーゼ時代から備えていたような豊富な運動量による前線からの守備でチームに貢献することができれば、ポルティモネンセにいる他のウィンガーにはない、中島独自の強みとなるだろう。

もちろん、ジェウソン・マルティンスとブルーノ・フェルナンデスはポルトガル3強の一角スポルティングでプレーする国内トップトップの選手であり、中島翔哉がポルティモネンセでこのレベルを求められることはないだろう。(当然、ポルティモネンセよりも高みを見据え、ポルトガル3強以上のクラブを目指すのであればこのレベルが求められる)

中島翔哉の武器である、敏捷なドリブル突破やゴールへ向かう強烈な意識、ミドルレンジからの得点力などは、十分ポルティモネンセでも通じるものであるし、前線での日本人らしい献身的な守備は、ポルティモネンセの他のウィンガーが備えていない中島特有の武器となり得る。最初は途中出場から徐々にポルトガルおよびポルティモネンセのサッカーに馴染み、スタメン出場の機会を虎視眈々と狙うこと。そして、ポルティモネンセで絶対的なレギュラーとして活躍し、ポルトガル3強以上のクラブへのステップアップを望むのであれば、ジェウソン・マルティンスのような、相手守備陣を独力で切り裂く圧倒的な突破力を身につけ、ブルーノ・フェルナンデスのような、中距離から得点を量産できる走れるファンタジスタへと変貌を遂げてほしい。

ポルトガルリーグのFW陣には、独力で試合を決定づけられる力が大いに求められているのは間違いない。結局、鍵を握るのは、中島本人が移籍に際して「Jリーグより確実に個の能力が高いのは明らか」と語ったように、独力で状況を打破する突破力や、一発で状況をガラッと変える得点力など、ゴール・アシストという結果に繋がる「個」の力を磨きあげることに尽きるのかもしれない。

ポルティモネンセ、2017-18シーズン第3節までのハイライト動画

第1節 ボアビスタ戦 2-1 ○

第2節 ブラガ戦 1-2 ●

第3節 リオ・アベ戦 0-2 ●

ブルーノ・フェルナンデスに国内史上最高タイ1億ユーロの違約金。3強の歴代最高額はだれ?

『Record』

スポルティングがサンプドリアより獲得したブルーノ・フェルナンデスに、1億ユーロというクラブ史上・ポルトガル史上最高額の違約金を設定したことが話題となっている。

これまで、ポルトガルで最高額の違約金を記録していたのは、ポルト時代のフッキにつけられた1億ユーロ。ブルーノ・フェルナンデスは、ポルトのレジェンドFWと同額となる天文学的な違約金となった。また、ベンフィカで歴代最高額となるのは、バイエルンへ移籍したレナト・サンチェスにつけられた8000万ユーロである。

ただし、レナトがバイエルンへ3500万ユーロで移籍したように、違約金満額でポルトガルからビッグクラブへ移籍するのは稀なケース。それでも、ブルーノ・フェルナンデスにはクラブ史上最大の期待が込められていることは明白であろう。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティング、U-21代表10番の獲得を発表!違約金はクラブ史上最高の1億ユーロ

『O JOGO』

スポルティングが、サンプドリアのブルーノ・フェルナンデスを獲得したことを正式に発表した。

スポルティングは、U-21ポルトガル代表で10番を背負い、将来を期待されている同選手と5年契約を締結。移籍金は、850万ユーロと50万ユーロの変動額となった。また、同選手に設定された違約金はクラブ史上最高額である1億ユーロに。現在、クラブで最高額の違約金をつけるポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスの6000万ユーロを大きく上回った。

ポルトガルでプロとしてプレーした経歴はなく、若い頃からノバーラ、ウディネーゼ、サンプドリアなどイタリアのクラブを転々としてきたブルーノ・フェルナンデス。昨季リーグ3位に終わったスポルティングは、念願のタイトル奪取に向けて、異色のキャリアを持つ22歳をキープレーヤーとして確保した。

©FutePor -ふとぽる-