タグ別アーカイブ: ヘスス・コローナ

ポルトガルリーグ2019-20季各種賞が発表。王者ポルトが総ナメ!

ポルトガルリーグ2019-20シーズンの各種賞が発表された。

各クラブの監督及びキャプテンが選出するリーグMVPには、ポルトのヘスス・コローナが選出。右サイドのウイングからサイドバックまでユーティリティ性を発揮したメキシコ代表FWが、現マンチェスター・ユナイテッドのブルーノ・フェルナンデスが2年連続で鎮座していた最優秀選手の座を引き継いだ。なお、ポルトからリーグMVPが選ばれるのは、2011年と2012年にフッキが2年連続で獲得して以来となった。

王者ポルトからは他にも、最優秀監督賞にセルジオ・コンセイサオン、最優秀ゴール賞にFWゼ・ルイス、ベストイレブンにGKマルチェシン、CBぺぺ、LSBアレックス・テレス、MFオタービオ・モンテイロ、RWGヘスス・コローナら計5名が選出されるなど、個人タイトルを総ナメする結果となった。

以下、ポルトガルリーグ2019-20各種賞

・最優秀選手賞
ヘスス・コローナ(ポルト)

・ベストイレブン
GK アグスティン・マルチェシン(ポルト)
RSB エスガイオ(ブラガ)
CB ぺぺ(ポルト)
CB ルーベン・ディアス(ベンフィカ)
LSB アレックス・テレス(ポルト)
MF オタービオ・モンテイロ(ポルト)
MF ピッツィ(ベンフィカ)
MF ペドロ・ゴンサウベス(ファマリカオン)
RWG ヘスス・コローナ(ポルト)
LWG パウリーニョ(ブラガ)
CF メフディ・タレミ(リオ・アベ)

・最優秀ゴール賞
ゼ・ルイス(ポルト)

・最優秀監督賞
セルジオ・コンセイサオン(ポルト)

・最優秀若手選手賞
ペドロ・ゴンサウベス(ファマリカオン)

©FutePor -ふとぽる-

ポルトのヘスス・コローナが、ドルトムント移籍間近か

『O JOGO』

ポルトのメキシコ人FWヘスス・コローナに退団の時期が迫っているようだ。

バルセロナやミランからの関心が噂されていたコローナだが、『Jueque Balón』は、同選手がドルトムントへの移籍で合意に達したことを報道した。

昨季は序盤戦こそ、U-21ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタらにスタメンの座を譲ったヘスス・コローナだが、シーズン後半にレギュラーを奪取。昨季は、計41試合に出場し、6ゴールを記録していた。

©FutePor -ふとぽる-

代表ウィークにポルトガルリーグ選手が躍動!主要クラブの6名が得点を記録

代表ウィークに入り、一時ポルトガルリーグは中断しているが、所属選手の活躍ぶりはリーグが開催していなくてもお目にかかれる。この代表ウィークでは、各地で行われた試合でポルトガルリーグ所属選手が多数活躍。主に6名の選手がゴールを決め、チームの勝利や次ステージへの進出に貢献した。

2018W杯予選が行われた中南米では、メキシコがホンジュラスと対戦。ポルトに所属するメキシコFWヘスス・コローナが美しいゴールを決めた。

アフリカでは、アルジェリア対タンザニアとエジプト対チャド戦が開催。アルジェリア代表は、ポルトFWブライミの1点とスポルティングFWスリマニの2ゴールもあり勝利した。エジプト代表は、ブラガのエースFWハッサンが2ゴールを記録した。

日本代表がカンボジアとシンガポールらと対戦する中、同じくアジア予選では韓国対ラオス戦が開催。ビトーリア・セトゥバルで得点を量産しているソク・ヒョンジョンがゴールを決めた。

EURO2016予選が終了し、各地で親善試合が行われているヨーロッパでは、ポルトガルがルクセンブルグと対戦。ポルトFWアンドレ・アンドレが1ゴールで勝利に貢献した。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトの新戦力コローナにメガクラブが関心。クラシコをスカウトが観戦

『zerozero.pt』

日曜日、ホームでベンフィカとのクラシコに臨み、1-0で勝利したポルト。この日の試合にイングランドのメガクラブがスカウトを派遣していた。

お目当ては、今季よりポルトへ加入したメキシコ人FWヘスス・コローナ。ポルト移籍以前の昨季も注目していたというマンチェスター・シティが引き続き興味を抱いているようだ。

コローナは加入直後からポルトの激しいレギュラー争いに勝利。すでに3試合に出場し2ゴールを記録し、クラブからの信頼を勝ち得ている。

©FutePor -ふとぽる-

駆け込み移籍のポルト。最終日に成立した6選手の移籍交渉

『A BOLA』

ポルトガルリーグの移籍期間終了を目前に、この夏積極補強を敢行したポルトが、駆け込みで、余剰戦力の放出とリーグ開幕後に発覚した弱点を埋める新戦力の獲得を実現させた。最終日にポルトが獲得した選手は2名。また戦力外の4選手を他クラブへ放出した。以下、6選手の移籍情報を紹介する。

<加入>
1.ヘスス・コローナ(←トゥウェンテ)
かねてから噂になっていたメキシコ人FWコローナを獲得。22歳の同選手と5年契約を締結し、違約金を5000万ユーロに設定した。

2.ミゲル・ラユン(←ワトフォード)
イングランドのワトフォードからメキシコ代表選手を1年のレンタルで獲得。ポルトの弱点となっているサイドの守備を強化する人材を補強した。600万ユーロの買い取りオプション付きの移籍となった。

<放出>
3.ファン・キンテロ(→レンヌ)
ハメス・ロドリゲスの後継者として期待されたかつての10番。今季はロペテギ監督の構想外となり、フランスへレンタルされた。ポルトは50万ユーロを受け取ることになる。買い取りオプションは付けられず、成長したキンテロを来季以降チームに迎え入れるつもりだ。

4.アドリアン・ロペス(→ビジャレアル)
昨季に鳴り物入りでアトレティコから加入したアドリアン。しかし、結果を残せずに、1年間のレンタルでスペインへ帰国することとなった。

5.エルナーニ(→オリンピアコス)
期待の若手ポルトガル人は、1年のレンタルでギリシアへ。昨季スポルティングを率いたポルトガル人監督マルコ・シウバのもとで大成を目指す。

6.リカルド・ペレイラ(→ニース)
U-21ポルトガル代表の快速ウイングは、2年間の長期レンタルでフランスへ。かつてのチームメイトであるカルロス・エドゥアルドが昨季大活躍したニースでその再現を狙う。

©FutePor -ふとぽる-