タグ別アーカイブ: ベルナルド・シウバ

人材輩出目覚ましいベンフィカ、ついに超高額移籍選手でベストイレブンが完成!

近年、ライバルのポルトやスポルティングらを上回るペースで、ヨーロッパに多くの人材を送り込んでいるベンフィカ。クラブに入団した頃は無名でも、多くの選手が多額の移籍金を残し、ヨーロッパのビッグクラブへ羽ばたいていっている。スペインメディア『El Mundo Deportivo』が、そんなベンフィカの人材輩出力を取り上げ、高額な移籍金を残して退団したベンフィカ選手からベストイレブンを選定した。

GK
エデルソン・モラエス
(4000万ユーロでマンチェスター・シティへ)

DF
ファビオ・コエントラン
(3000万ユーロでレアル・マドリードへ)

ビクトル・リンデロフ
(3500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドへ)

ダビド・ルイス
(2500万ユーロでチェルシーへ)

MF
ネマニャ・マティッチ
(2500万ユーロでチェルシーへ)

アクセル・ウィツェル
(4000万ユーロでゼニトへ)

レナト・サンチェス
(3500万ユーロでバイエルンへ)

ベルナルド・シウバ
(1500万ユーロでモナコへ。その後、5000万ユーロでマンチェスター・シティへ)

FW
ニコ・ガイタン
(2500万ユーロでアトレティコ・マドリードへ)

ロドリゴ
(3000万ユーロでバレンシアへ)

ディ・マリア
(3300万ユーロでレアル・マドリードへ)

ベンフィカは、2010年からの7年間ですでに4億5000万ユーロという桁外れの移籍金収益を上げているが、今回選ばれたベストイレブンが生み出した移籍金は、なんと3億ユーロにも及ぶ。

©FutePor -ふとぽる-

これぞ人材の宝庫!ポルトガルがわずか5選手の移籍で生み出した移籍金はなんと218億円!

『O JOGO』

人材の宝庫の呼び声高いポルトガルからの大型移籍が止まらない。このシーズンオフ、ポルトガル人選手、もしくはポルトガルリーグ所属選手の大型移籍が相次ぎ、わずか5選手が1億7700万ユーロ、すなわち1ユーロ123円換算で217億7000万円もの大金を生み出した。

口火を切ったのは、モナコに所属していたポルトガル人FWベルナルド・シウバ。マンチェスター・シティに5000万ユーロで移籍を決め、ポルトガル人の移籍金では歴代3位を記録した。その後、同様にマンチェスター・シティへ移籍したベンフィカのブラジル人GKエデルソン・モラエスが4000万ユーロの移籍金を生み出し、同じくベンフィカのスウェーデン人CBビクトル,リンデロフが、3500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を決めた。

また、昨日はポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバが、3800万ユーロでミランへ移籍。スポルティングからは、U-21ポルトガル代表CBルーベン・セメードが、1400万ユーロでビジャレアルへ移籍していた。

昨季はレナト・サンチェス(バイエルン)やアンドレ・ゴメス(バルセロナ)、ジョアン・マリオ(インテル)らが記録的な大型移籍を決めるなど、毎年、シーズンオフの風物詩となりつつあるポルトガル関連選手のビッグクラブへの移籍。今シーズンのオフもまだまだ始まったばかりであり、今後も数名のポルトガルからの人材が巨額の移籍金を生み出すだろう。

©FutePor -ふとぽる-

マンC移籍のベルナルドは歴代3位。ポルトガル人の歴代移籍金ランキングトップ12はこれだ!

『O JOGO』

モナコのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのマンチェスター・シティへの移籍が正式に決定した。その移籍金について、イギリス『BBC』は、4920万ユーロ(4300万ポンド)と報じ、フランス『L’Equipe』は、5000万ユーロ+2000万ユーロの成果報酬と報道。どちらの報道を正としても、ベルナルド・シウバは、ポルトガル人では歴代3番目となる高額の移籍金を生み出したことになった。

そんな中、ポルトガル『O JOGO』がポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングを取りまとめた。

1位は、誰もが知るクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードへ移籍した際の推定9400万ユーロ。2位は、こちらもレアルへ加入したルイス・フィーゴ。移籍金が現在のように高騰していない当時にしては破格の金額となる6000万ユーロであった。

ミランへ4200万ユーロで移籍したルイ・コスタは、今回のベルナルド・シウバの移籍により、歴代4位に転落。5位、6位、7位は、昨季、ジョアン・マリオレナト・サンチェスアンドレ・ゴメスがそれぞれインテル、バイエルン、バルセロナへ移籍した際に塗り替えた記録である。

8位には、3000万ユーロで4人の名選手が並んだ。リカルド・カルバーリョ、ダニー、ぺぺ、ファビオ・コエントランなどベテラン勢は、当時としては眼を見張るような金額で移籍を実現させたが、移籍金の高騰が著しい若手選手に追いやられる形となった。

昨季は上述の3選手が歴史的な金額を記録したが、わずか1年でベルナルド・シウバがそれらを優に越える金額を叩き出した。ポルトガルにはまだまだ多くのタレントがいるため、来季以降もこのランキングは塗り替えられることだろう。

以下、ポルトガル人歴代移籍金ランキング

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ベルナルド・シウバ 5000万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(モナコ→マンチェスター・シティ)

4位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

5位 ジョアン・マリオ 4000万ユーロ(+ボーナス500万ユーロ)(スポルティング→インテル)

6位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ(+ボーナス4500万ユーロ) (ベンフィカ→バイエルン)

7位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(バレンシア→バルセロナ)

8位-12位 3000万ユーロ
・リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
・ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト
・ぺぺ(ポルト→レアル・マドリード)
・ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

©FutePor -ふとぽる-

ベルナルド・シウバ、マンチェスターへ。移籍交渉の相手はまさかの…シティ?

『O JOGO』

リーグ・アンを制し、CLではベスト4に進出するなど、輝かしいシーズンを送ったモナコで10番を背負うポルトガル代表ベルナルド・シウバが、移籍交渉のためマンチェスターに到着したようだ。

イングランドメディアによると、移籍交渉の相手は、度々報じられてきたユナイテッドではなく、なんとシティ。同郷監督ジョゼ・モウリーニョのもとでプレーすることが有力視されていたが、一転ライバルクラブへの移籍が有力となった。

名将グアルディオラを迎えながら、CLでもプレミアリーグでも無冠に終わったマンチェスター・シティ。来季のクラブ改革に向け、CLで負かされたモナコの10番に7000万ユーロを支払うことが推測されている。

©FutePor -ふとぽる-

バイエルン、2人目のポルトガル人獲得なるか?すでに8000万ユーロ用意の噂も

『zerozero.pt』

バイエルン・ミュンヘンが、モナコに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバに関心を寄せているようだ。

バイエルンは、今季限りでフィリップ・ラームとシャビ・アロンソの2人がチームから去ることが決まっているため、新戦力を探している。その目玉として、モナコでフランスリーグ首位およびCLベスト8進出に大きく貢献しているベルナルドに注目し、最大の獲得候補の1人として見なしているようだ。すでに8000万ユーロの移籍金を用意しているとの噂もある。

また「Bild」は、カルロ・アンチェロッティ監督が、元ベンフィカという共通点を持つレナト・サンチェスが、ベルナルド加入の手助けになると想定していると報じている。

ベルナルド・シウバは今季、モナコのエースとして49試合に出場し、9ゴールをマーク。この活躍ぶりから、レアル・マドリード、バルセロナ、チェルシーなども獲得を狙っていると噂されている。

今季開幕前には、クラブ初のポルトガル人としてレナト・サンチェスを獲得したバイエルン。早くも2人目のポルトガル人獲得となるか。

©FutePor -ふとぽる-