タグ別アーカイブ: ボアビスタ

アンドレ・ゴメスのバルサ移籍で街クラブが思わぬ儲け。ポルトの2クラブも臨時収入

『zerozero.pt』

バルセロナ移籍が決まったバレンシアのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス。この移籍で儲けを得たのは、バレンシアへ同選手を売却したベンフィカだけではなかったようだ。

ベンフィカは、アンドレ・ゴメスをバレンシアへ1500万ユーロで売却してもなお、25%の保有権を維持していた。今回の移籍に伴い、500万ユーロの利益を得るというが、他にも、ポルトとボアビスタのポルトの2クラブ、そしてパステレイラという街クラブが思わぬ「臨時収入」を手にした。

FIFAの移籍に関するメカニズムでは、選手を12歳から21歳まで育成したクラブにも、その後の移籍の数%が行き渡る仕組みになっている。例えば、12歳から15歳の間に育成したクラブは、年間0.25%の収益を手にするため、4年間で0.5%の儲けとなる。

この計算により、街の小クラブ・パステレイラは、バルセロナが支払う移籍金のうち、0.25%を手にすることができる。アンドレ・ゴメスが15歳の頃にポルトから移った同クラブは、8万7500ユーロを得ると推測されている。さらに、変動額を含む同選手の移籍金が5500万ユーロまで膨れ上がった場合には、その収益額は13万7500ユーロにまで上る。

なお、ポルトは0.75%を受け取る権利を有しているため26万2500ユーロ、2009-11にかけてアンドレ・ゴメスがプレーしたボアビスタは、1%の35万ユーロの儲けを得る。

ビッグクラブからメガクラブへの移籍で注目を浴びるその舞台裏では、小さな街クラブを救う思わぬ儲けがあったようだ。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガル2部へレンタル中の日本人選手が契約解除に

ポルトガル2部に所属するレイソインスが、日本人選手との契約解除に踏み切っていたことが明らかになった。

2016年1月4日、レイソインスの公式ページが、広岡ライアン勇輝(25)と契約を破棄したことを発表していた。イギリス人の母を持つ広岡は、2010年からジェフユナイテッドのBチームでプレー。2013年からは、2008年以来となるポルトガルに活躍の場を移し、ボアビスタ、フェイレンセなどを転々としていた。今季からはレンタルでレイソインスに加入しているが、出場は1試合のみ。新年に契約解除へ至ることとなった。

残念ながら契約解除となってしまった広岡。所属元はボアビスタとなっているが、1部チームへの復帰を果たすのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

リバウドの息子リバウジーニョ、わずか半年でボアビスタを退団

『zerozero.pt』

今季よりボアビスタに加入した元ブラジル代表のレジェンド、リバウドの息子であるリバウジーニョが、木曜日、クラブを退団することが明かされた。

ボアビスタは、選手とクラブの双方の合意により、リバウジーニョの今冬の退団が決定したことを発表。理由については言及されていないが、出場機会に恵まれなかったことが要因だと考えられている。

降格圏を彷徨うチームで、わずか4試合の出場にとどまったリバウジーニョ。レジェンドの息子として一身に注目を集めたブラジル人FWのポルトガルでの挑戦は、クラブの「プロとして、そして1人の人間として、輝かしい将来を願う」との言葉とともに、わずか半年で幕を閉じた。

©FutePor -ふとぽる-

ボアビスタ監督辞任直後のプティがトンデーラ今季3人目の監督へ就任!

『zerozero.pt』

今季より1部リーグに昇格したトンデーラが、先日ボアビスタの監督を辞任したばかりのプティをクラブの新監督に招聘したことを公式サイトにて発表した。

トンデーラは、これで今季2回目の監督交代となった。シーズン開幕から指揮を執ったビトール・パネイラを早々に解任し、10月6日からはルイ・ベントが新監督の座に就いていた。しかし、同監督は1勝も挙げることができず、引き分けに終わったアロウカ戦後に、就任わずか2ヶ月で解任されていた。

リーグ最下位に沈むクラブの新監督に就任したプティことアルマンド・テイシェイラは、ポルトガル代表選手としても名を馳せ、ボアビスタを1部残留に導いた39歳の青年監督である。先月末に「個人的な理由で」監督を辞任し、エルウィン・サンチェスにボアビスタの新監督の座を譲っていたが、こちらもわずか1週間足らずという突然の監督人事となった。

ここまでリーグで12試合を戦い、わずか1勝2分9敗の勝ち点5に沈むトンデーラ。3部から昇格したボアビスタを1部残留に導いた若き名将のもと、度重なる監督交代で欠いた安定性を取り戻せるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

複数の候補者が挙げられていたボアビスタの新監督に「ボリビアのプラティニ」が就任へ

『O JOGO』

プティ監督の辞任により後任監督を探していたボアビスタ。新監督は、ボリビア人のエルウィン・サンチェスに確定したようだ。

46歳のエルウィン・サンチェスは、ベンフィカ時代を挟み、10年間にわたってボアビスタでプレーしたクラブのOBである。「ボリビアのプラティニ」と呼ばれたというかつての名選手は、同国の代表監督を4年間務めた経歴を持つ。2003年には、今回のボアビスタ監督就任が有力視されていたジャイム・パチェコ氏の後任として同クラブの監督も務めていた。パチェコやドミンゴス・パシエンシアら有力候補を差し置き、外国人監督が新たな監督の座を射止めた。

サンチェス氏は、日曜日のアロウカ戦からチームの指揮を執る。降格争いに巻き込まれているクラブを残留に導くことができるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-