タグ別アーカイブ: ポルティモネンセ

浦和レッズ移籍が噂されるポルティモネンセ亀倉龍希ってどんな選手?

ポルトガルの最大手サッカーメディア『A BOLA』により、ポルティモネンセから浦和レッズへの移籍が報じられた亀倉龍希。今回は、これまで日本のメディアにはあまり取り上げられてこなかった同選手についてご紹介したい。

亀倉龍希、本名テオドロス・リュウキ・カメクラ・パナゴポウロス(Theodosos Ryuki Kamekura Panagopoulos)。フッキの代理人を務めることで知られ、ポルティモネンセの最大株主でもあるテオドロ・フォンセッカを父に持つ、日本とブラジルのハーフだ。1995年生まれで現在は22歳。2012-13シーズンより世界的強豪ポルトの下部組織に入団し、2013-14シーズンに当初レンタルでポルティモネンセに加入して以来、実に5シーズンにわたって同クラブでプレーしている生粋の海外組である。
(上記データは、ポルトガルのサッカーデータベース『zerozero.pt』より取得)

ポルティモネンセではチームの主力選手として活躍するかたわら、金崎夢生や中島翔哉らがチームに馴染むように陰ながら支えてきた。金崎がポルトガルで記者会見を行う際には通訳を務めることもあった。中島も現地メディアに対して「どうしても監督やチームメイトの言っていることが分からなかったら、龍希が助けてくれる」などと語っており、日本では金崎夢生と中島翔哉の活躍ばかりが取り上げられる裏で、両者のポルトガルでの生活を支えていた、まさに功労者でもある。

直近の2シーズンは多くの出場機会に恵まれてはいなかったが、ポルトガル2部時代の2015-16シーズンには、年間40試合以上に出場するなど、まさにチームの中心選手として活躍。ちなみに筆者は、2016年のリオ・オリンピックメンバーに選出されることを陰ながら期待していた。

長らくポルトガルリーグでプレーを重ね、プレー以外の面では日葡バイリンガルという強みを活かしてチームメイトが異文化に馴染むのを助けていた亀倉。浦和レッズにはポルティモネンセのチームメイトであるファブリシオが加入しており、仮に亀倉の移籍も実現すれば、ファブリシオが鹿島アントラーズぶりの日本で、快適な生活が送れるよう全力でサポートしてくれるはずだ。また、下位に低迷する浦和レッズにポルトガルリーグでの経験を大いに還元してくれるに違いない。

(下記は亀倉龍希選手のTwitterアカウントです。特に浦和レッズファンの皆様は、是非ともフォローを)

17-18季ポルトガルリーグ各種賞が発表!MVPはあの1億ユーロ男。ベスト11ノミネートの中島翔哉・ファブリシオは選外に

『zerozero.pt』

ポルトガルリーグが、2017-18シーズンの各種賞を発表。1部リーグの最優秀選手賞には、同シーズンにスポルティングへ加入して、1億ユーロの違約金が設定されたことで注目を集めたブルーノ・フェルナンデスが、得点王のジョナスやリーグ王者ポルトのエースFWムサ・マレガらを退けて、年間MVPの栄誉を獲得。最優秀監督賞には、ポルトでクラブ最多勝ち点を積み上げ、2012-13シーズン以来となるリーグ王者を奪還したセルジオ・コンセイサオンが輝いた。

※以下、所属クラブは2017-18シーズン当時のもの

Liga NOS(ポルトガル1部リーグ)
◆フェアプレー賞(チーム)
シャービス

◆フェアプレー賞(個人)
イケル・カシージャス(ポルト)

◆最優秀若手選手賞
ルーベン・ディアス(ベンフィカ)
その他のノミネート選手:
ユリ・ヒベイロ、マテウス・ペレイラ

◆得点王
ジョナス(ベンフィカ) 34ゴール

◆最優秀ゴール賞
ロドリゴ・ピーニョ(マリティモ)

◆最優秀選手賞
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
その他のノミネート選手:
ジョナス、ムサ・マレガ

◆最優秀監督賞
セルジオ・コンセイサオン(ポルト)
その他のノミネート監督:
ペパ、アベル・フェレイラ

◆ベストイレブン
GK ルイ・パトリシオ(スポルティング)
RSB リカルド・ペレイラ(ポルト)
CB コアテス(スポルティング)
CB フェリペ(ポルト)
LSB アレックス・テレス(ポルト)
CMF エクトル・エレーラ(ポルト)
CMF ピッツィ(ベンフィカ)
CMF ブルーノ・フェルナンデス
(スポルティング)
RWG ムサ・マレガ(ポルト)
CF ジョナス(ベンフィカ)
LWG ジェウソン・マルティンス
(スポルティング)

Ledman LigaPro(ポルトガル2部リーグ)
◆フェアプレー賞(チーム)
ベンフィカB

◆フェアプレー賞(個人)
アルトゥール・アブレウ
(ビトーリア・ギマラインスB)

◆最優秀若手選手賞
チキーニョ(アカデミカ・コインブラ)
その他のノミネート選手:
ラファエル・バルボーザ、フェデ・バレーラ

◆最優秀GK賞
リカルド・リベイロ
(アカデミカ・コインブラ)
その他のノミネート選手:
ブラカリ、ダニエウ

◆得点王
リカルド・ゴメス(ナシオナル) 22ゴール

◆最優秀監督賞
コスティーニャ(ナシオナル)
その他のノミネート監督:
カルロス・ピント、アルマンド・エバンジェリスタ

◆最優秀選手賞
リカルド・ゴメス(ナシオナル)
その他のノミネート選手:
ムリージョ、チキーニョ

なお、ポルトガル1部リーグのベストイレブン候補には、ポルティモネンセから、リーグで唯一2桁得点2桁アシストを記録した中島翔哉と、得点ランキング4位のファブリシオ(現浦和レッズ)もノミネートされていたが、両者ともに惜しくも選外となった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルティモネンセ中島翔哉、新背番号は金崎夢生を継ぐ10番か。小池裕太もお披露目

ポルティモネンセが来たる2018-19シーズンに向けた最初のトレーニングを火曜日に開始した。

ポルトBより新監督アントニオ・フォーリャを招聘し、昨季リーグを席巻した攻撃サッカーで上位進出を狙うポルティモネンセ。チーム得点王のファブリシオが浦和レッズへ、10番のエウェルトンがポルトへ移籍するなど、主力選手の退団が相次いだが、この日のトレーニングでは、新エースとして期待される中島翔哉や、流通経済大学より加入した小池裕太らが汗を流した。

トレーニングウェアを見てみると、新シーズンに向けた新たな背番号を着用していることが分かるが、中島翔哉は退団したエウェルトンが背負っていた「10」番を着用。小池裕太は「15」番を身につけている。

現時点では正式に発表された背番号ではないが、このまま中島が10番を背負って新シーズンを迎えるのであれば、2014-15シーズンの2部時代に同番号を背負った金崎夢生以来のエースナンバーとなる。

©FutePor -ふとぽる-

ビトール・オリベイラ退任のポルティモネンセ、新監督候補に4名のポルトガル人監督

『zerozero.pt』

ポルティモネンセの新監督候補に、4名のポルトガル人監督の名前が挙がっていることがわかった。ポルトガル大手サッカーメディア『zerozero.pt』が報じた。

ポルティモネンセは、2部優勝を成し遂げチームを1部に導き、1部初年度でリーグ10位と健闘したビトール・オリベイラとの契約延長を断られ、来シーズンの新監督探しを迫られていた。クラブはオリベイラと同様のプロフィール、つまり、国内で実績を積んだベテラン監督を探しており、その候補に3名の監督が挙がったようだ。

1人目が、今季ビトーリア・セトゥバルて率いてリーグ14位となったジョゼ・コウセイロ。かつてはスポルティングやエストリル、ロシアのスパルタクなどを率い、国内外の経験が豊富な55歳のベテラン監督である。

2人目が、今季途中にペドロ・マルティンスの後を継ぎ、クラブを9位に導いたビトーリア・ギマラインスのジョゼ・ペゼイロ。直近の3シーズンは、ポルト、ブラガ、ギマラインスで毎年シーズン途中に監督就任しているポルトガル屈指の「名ピンチヒッター」である。同監督は、すでにギマラインス退団が決定しており、新天地を探している。

3人目が、シャービスをリーグ6位と大躍進させたルイス・カストロ。長らくポルトの育成組織で監督を務め、ポルトのトップチームやリオ・アベなどの強豪クラブを率いた経歴も持っている。同監督も、すでにシャービスからの退任が決まっている。

上記ベテラン3名に加え、野心のある若手監督の招聘も検討しており、ポルトB監督からの退任が決まったアントニオ・フォーリャにも目をつけているようだ。

中島翔哉やファブリシオらの活躍で、昇格組ながらリーグ10位と検討したポルティモネンセ。新監督の動向には、日葡両国のファンが注目していることだろう。

©FutePor -ふとぽる-

元鹿島ファブリシオに、ポルトガルの4強ブラガが興味!リーグ4位の15ゴールを評価

『O JOGO』

ポルトガルリーグ「4強」の一角ブラガが、ポルティモネンセに所属するブラジル人FWファブリシオの獲得に興味を抱いているようだ。ポルトガル大手サッカーメディア『O JOGO』が報じた。

今季ポルティモネンセでチームトップとなる15ゴールを挙げたファブリシオ。これは、得点王に輝いたベンフィカのジョナス、昨季の得点王スポルティングのバス・ドスト、リーグ王者ポルトのチーム内得点王ムサ・マレガに次ぐ、リーグ4位の数字であり、ポルトのカメルーン代表FWバンサン・アブバカルらに並ぶ好成績である。

ブラガは、主力攻撃陣に退団の可能性が浮上しているため、リーグ屈指の得点源として、かつて鹿島アントラーズでプレーしたブラジル人FWに目をつけたという。そのため、同メディアはこのシナリオを「非常に確度が高い」と報じている。また、ポルティモネンセSAD会長ロドニー・サンパイオ氏によると、ファブリシオはブラガにより、シーズンを通じて「よく視察されていた」ようだ。

ポルト、ベンフィカ、スポルティングに次ぐ、リーグ4番目の強豪クラブとして知られるブラガ。今季は、クラブ史上最多となる勝ち点75を稼ぎ出し、3位スポルティングを同3差で追い、5位リオ・アベを同24差で引き離す、3強以外のクラブでは圧倒的な成績を残していた。

2010-11シーズンには、ドミンゴス・パシエンシアに率いられELで準優勝に輝いたポルトガルの名門。果たしてファブリシオは、ポルトガルの「ガナーズ」と知られる赤いユニフォームに袖を通すことはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-