タグ別アーカイブ: マリオ・ルイ

ポルトガル人LSBのローマ移籍が決定!「雲の上にいるような気持ちだ」

『O JOGO』

金曜日、ローマがエンポリ所属のポルトガル人LSBマリオ・ルイの獲得を正式に発表した。契約は2017-6-30までのレンタルで、ローマはシーズン末に600万ユーロの買い取りオプションを行使できることとなった。

移籍に際し、マリオ・ルイが記者会見に応答。世界有数のビッグクラブへの移籍に対し、喜びをあらわにした。

「世界でも有数なビッグクラブの一角でプレーすることになり、雲の上にいるような気持ちがする。チームに貢献し、昨季のようなパフォーマンスを発揮できることを期待している」

25歳のポルトガル人LSBは、プロ以前にはスポルティング、バレンシア、ベンフィカなど強豪クラブのユースでプレー。2010-11シーズンに、ファティマでプロデビューを果たし、29試合1ゴールを記録していた。2011年には早くも国外移籍を果たし、イタリアの古豪パルマへ。2部クラブへのレンタル期間を経て、2013年にエンポリへ入団していた。

©FutePor -ふとぽる-

インテルがポルトガル人LSBに興味。長友にライバル出現なるか

『O JOGO』

インテルがエンポリに所属するポルトガル人LSBマリオ・ルイを狙っている。『Gazzetta Dello Sport』を始めとする各メディアによると、同選手はロベルト・マンチーニ監督の獲得候補リストに名を連ね、実力を発揮しきれないブラジル人SBアレックス・テレスに代わる人材として注目されているようだ。

ただし、24歳のポルトガル人SBは、最近クラブと2019年までの契約延長を果たしたばかり。エンポリが戦ったリーグとカップ戦を合わせた全20試合に出場するなど、チームの中心選手として活躍しており、クラブが容易に手放すとは考えにくい。

スポルティングとベンフィカの下部組織で育ち、2010年には10代のうちに早くもイタリアへ渡ったマリオ・ルイ。移籍が実現すれば、早熟のヤングスターは長友佑都にとっても強力なライバルとなるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

19歳からイタリアでプレーするアウトローなポルトガル人SBが、ビッグクラブへの挑戦意欲を見せる

『O JOGO』

入団1年目からレギュラーのポジションを勝ち取ったエンポリで、3年目を迎えるポルトガル人LSBマリオ・ルイ。その活躍から、セリエAの強豪、フィオレンティーナやインテル、ナポリらが獲得を狙っていると噂されている。

同選手は度々、代理人に対してビッグクラブへの移籍願望を明かしていたという。そのため、絶対的なレギュラーを獲得したエンポリとは契約延長をせず、2015-16シーズンをもって契約終了となる。代理人自身も、「我々の意思はビッグクラブへ入団することであり、あの青年はそれに値する。エンポリとの契約更新は全く考えていない」と強気の姿勢を見せた。

スポルティングとベンフィカというリスボンの2大強豪クラブの下部組織で育ち、19歳という若さでイタリアに活躍の場を求めたマリオ・ルイ。今では24歳になり、5年目となる国外挑戦は今年をもって一つの区切りを迎える。契約最終年にさらなるパフォーマンスを発揮し、夢のビッグクラブ入団を勝ち取れるだろうか。前述の3大クラブが獲得を狙っているという噂も、追い風となることだろう。

©FutePor -ふとぽる-