タグ別アーカイブ: マルコ・シウバ

ポルト移籍は消滅か。マルコ・シウバの新天地は、やはりクリスタル・パレスが有力に

『O JOGO』

やはりマルコ・シウバの新天地は母国ポルトガルのポルトではなく、プレミアリーグになりそうだ。

先日は、ポルトガルメディアにより、ポルトとの契約が成立したことを報じられていたマルコ・シウバだが、同監督はハル・シティを率いたプレミアリーグ残留を望んでおり、プレミアの3クラブから寄せられたオファーのうち1つを受けることを検討しているという。

そのうち最有力となったのが、クリスタル・パレスだ。マルコ・シウバが移籍先に望む条件は2つ、チームの質とクラブの投資サポートであり、中でも選手の獲得に1億ユーロを用意可能であるというクリスタル・パレスが、マルコ・シウバにとって理想的なクラブとなっているという。

ハル・シティ退団が正式に決まり、いよいよその新天地の決定も間近に迫ってきた。マルコ・シウバは、次の日曜日には将来を決めたいようで、クリスタル・パレスへの監督就任が来週には決まっている可能性もある。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトと合意報道から一転。マルコ・シウバ、クリスタル・パレスとの交渉のためロンドン入りか

『zerozero.pt』

先日、ポルトガルメディア『zerozero.pt』が、マルコ・シウバがポルトと4年契約に合意したと報じたが、一転して、プレミアリーグ残留の可能性も浮上している。

『O JOGO』によると、木曜日ハル・シティ退団が正式に発表されたマルコ・シウバは、現在クリスタル・パレスとの交渉のためロンドンに滞在しているようだ。同クラブは金曜日までにマルコ・シウバと2年契約を結びたい意向であるという。

プレミア勢ではワトフォードも同監督の獲得を狙っており、ポルトからの興味も依然として絶えず報じられている。ハル・シティ退団が正式に決定し、いよいよその動向への注目が加熱してきたが、果たしてポルトガルきっての若手監督の選択やいかに。

©FutePor -ふとぽる-

ハル・シティ監督マルコ・シウバ、監督就任交渉のためポルト入りか

『zerozero.pt』

ヌーノ・エスピリト・サント監督を解任したポルトが、早くも新監督の確保に動き出したようだ。

『Sky Sports』によると、ハル・シティの監督を務めるマルコ・シウバが、ポルトとの交渉のため、母国ポルトガルへ帰国し、この港町に到着したという。

ただし、マルコ・シウバは、ハル・シティがチャンピオンシップに降格したのち、プレミアリーグで引き続き指揮をとりたいという願望を語っていたため、ポルト入りしたからとはいえ、母国のクラブを指揮することになると明言することはできないだろう。

ポルトは、マルコ・シウバの他にも、フィオレンティーナを率いるパウロ・ソウザや、ナントを率いるクラブOBセルジオ・コンセイサオンなど、海外リーグで活躍するポルトガル人監督に狙いを定めている。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト、ヌーノ・エスピリト・サントの解任を発表。新監督候補には5名の名が

ポルトが、ヌーノ・エスピリト・サント監督の解任を正式に発表した。

昨季フレン・ロペテギを途中解任し、その後チームを託したジョゼ・ペゼイロとも契約を解除し、今季よりクラブの元GKであるヌーノ・エスピリト・サントを招聘したポルトだが、わずか1年で再び監督交代を敢行した。

ヌーノ・エスピリト・サントに率いられた今季のポルトは、ポルトガルカップでは4回戦で格下シャービスに敗れ、リーグカップではまさかのグループリーグ敗退を喫していた。2012-13シーズンぶりのタイトルを目指したリーグ戦でも、クラブ史上最悪となる4試合スコアレスドローを含め、格下相手の引き分けが相次ぎ、勝率はモウリーニョが去った2004-05以来最悪となる55.1%を記録していた。

ポルトガルメディアが報じた新監督候補には、5名の名前が浮上し、『Maisfutebol』は読者に人気投票を実施。1番人気は、ハル・シティのマルコ・シウバ、次いで、フィオレンティーナのパウロ・ソウザ、スポルティングのジョルジ・ジェズス、ナントのセルジオ・コンセイサオン、そして、最後にギマラインスを4位に導いたペドロ・マルティンスとなった。

2012-13シーズンにビトール・ペレイラがリーグを制覇してから、パウロ・フォンセッカ、フレン・ロペテギ、そして今回のエスピリト・サントと、短期政権が続くポルト。タイトル奪還とチームの安定のためにも、次の監督には長期政権を任せられる人物を選びたいところだ。

©FutePor -ふとぽる-

ハル・シティで株を上げたマルコ・シウバにワトフォードが関心。数日中に交渉開始か

『zerozero.pt』

ハル・シティを残留まであと一歩と再建し、プレミアリーグで「ミニ・モウリーニョ」と評価されたマルコ・シウバに、新たなプレミアクラブからの関心が伝えられた。

イングランドメディアによると、同監督に興味を寄せているのはワトフォード。数日中には交渉が開始されると報じられている。

ハル・シティはチャンピオンシップに降格してしまったものの、同監督を評価し、来季の残留を願っていたというが、マルコ・シウバ本人はプレミアリーグでの指揮を希望。ハル・シティからの契約延長オファーを受けないことを理解してもらうようクラブに伝えたようだ。

1月にハル・シティと半年の契約を結んだマルコ・シウバは、6月にはフリーの身となる。そのため、オファーさえあれば自由に移籍先を探すことができる。

©FutePor -ふとぽる-