タグ別アーカイブ: マルセイユ

マルセイユが、ポルトガル代表の「最前線」と「最後尾」から攻守の要を狙う

『O JOGO』

マルセイユが、ポルトガル代表のワントップを務めるアンドレ・シウバと、正GKルイ・パトリシオのダブル獲りを狙っているようだ。

ポルトの10番アンドレ・シウバについては、すでにスカウトを送り込み、現地で視察。マルセイユは昨夏から関心を寄せていたようだが、今季はここまで37試合で20ゴールと、まさにポルトガルを代表する若手選手へと成長した同選手への興味をさらに強めている。翌年のタイトルを狙う切り札として、アトレティコのケビン・ガメイロと2トップを組ませたい意向だという。

スポルティングの守護神ルイ・パトリシオについては、詳しい状況は報じられていないが、マルセイユは、来季の守備の要として「代表クラスのGK」を探しており、欧州王者ポルトガルの正GKであるパトリシオを、最大の獲得候補と見なしているようだ。

なお、アンドレ・シウバはポルトとの契約を2021年まで残し、違約金は6000万ユーロに設定されており、ルイ・パトリシオはスポルティングと2022年まで契約を結び、違約金は4000万ユーロに設定されている。

両者ともにメガクラブが狙う人気銘柄であり、移籍金が高騰することも予想されるが、マルセイユはポルトガル代表の攻守の要をダブルで獲得することはできるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

期待の若手FWマネーとジョッタにフランスの強豪2クラブが関心

『zerozero.pt』

スポルティングの若手ポルトガル人FWカルロス・マネーと、パソスのU-21ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタにフランスの強豪チームが関心を寄せている。

元U-21代表メンバーのカルロス・マネーには、マルセイユが興味。今季ジョルジ・ジェズス監督が就任してからは、怪我の影響もあり出場機会をあまり得られていない。マルセイユは、21歳の若手ポルトガル人FWを、トゥールーズ所属のベン・イェデル獲得に失敗した際のプランBとして注目しているようだ。

現U-21ポルトガル代表FWのディオゴ・ジョッタには、モナコが関心を寄せている。同郷監督レオナルド・ジャルディンが指揮を執るモナコは、冬の移籍市場でパソスの若きエースの獲得を狙っているようだ。他にも、早熟の天才FWに対し、バルセロナやベンフィカも興味を抱いているため、激しい争奪戦が予想される。

©FutePor -ふとぽる-

マルセイユがスポルティング期待のU-21ポルトガル代表FWを狙う。6000万ユーロの違約金がネックか

『zerozero.pt』

マルセイユが、スポルティングに所属するU-21ポルトガル代表FWカルロス・マネーの獲得を狙っている。

『Foot365』によると、マルセイユのミシェル監督が、マネーの能力を高く評価しているようだ。監督は獲得にゴーサインを出しており、あとはクラブの交渉次第となる。しかし、スポルティング側は、クラブの将来を担う期待の若手FWをそう簡単に手放す意思はなく、交渉は難航することが予想される。昨季には、モナコが同選手に対して700万ユーロのオファーを提示したものの拒否されていた。2020年までスポルティングとの契約を保持するマネーには、6000万ユーロもの高額違約金が設定されている。

マルセイユは、そのため、スポルティングから良い返答をもらえなかったときのために、プランBを用意している。エバートンに所属するケビン・ミララスを、第二候補として追跡しているようだ。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトがU-17フランス代表の逸材ビラル・ブトバ獲得に関心

『A BOLA』

この夏よりポルトが関心を寄せるマルセイユの若手MFビラル・ブトバ。『Foot Marseille』によると、ポルトは現在17歳の若手選手に引き続き興味を抱いているようだ。

U-17フランス代表にも選出されているブトバは、昨季16歳ながらトップチームで3試合に出場。現在のチームでは最年少である。また、今季はU-19フランス代表にも飛び級で選出されており、その期待値の高さが伺える。

またしてもポルトが将来性のある若手を格安で獲得し、数年後には巨額の移籍金を動かすことになるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトがニューカッスルのフランス人MF獲得に失敗?選手はマルセイユ移籍濃厚

『A BOLA』

ポルトがニューカッスルに所属するフランス人MFレミ・カベッラにオファーを提示したが、選手はすでにマルセイユに向かっており、プレミアからリーグ・アンにレンタル移籍する可能性が高いようだ。

フランスメディアによると、ポルトは25歳のカベッラに正式オファーを提示。しかし、カベッラはすでにメディカルチェックのためフランスへ発ち、マルセイユと契約を結ぶことになるという。

先日も、中盤のラストピースを探すポルトがトッテナムのラメラに関心を寄せていると再度報じられていた。同じくプレミアリーグのニューカッスルからMFを獲得する計画は頓挫してしまったようだが、やはり今夏の移籍市場で中盤のポジションを補強する意向なのだろう。

©FutePor -ふとぽる-