タグ別アーカイブ: マンチェスター・シティ

食野亮太郎が移籍したリオ・アベってどんなクラブ?

マンチェスター・シティに所属する元ガンバ大阪FW食野亮太郎が、ポルトガル1部リオ・アベに移籍することが決定。契約期間は2年、買取りオプション付きのレンタル移籍となった。

食野の新天地となったリオ・アベは、2019-20シーズンにリーグ5位に輝いたポルトガルを代表するクラブの一角だ。今回は食野の移籍に際して、日本ではあまり知られていない同クラブの特徴についてご紹介する。

ポルト郊外に位置するポルトガル屈指の実力派

リオ・アベのホームスタジアム「エスタディオ・ドス・アルコス」は、ポルト区域内のメトロで北西に伸びるレッドラインの西端「ビラ・ド・コンデ」に位置する。ポルト中心部からは約1〜1.5時間で辿り着ける距離である。レッドラインは、FCポルトのホームスタジアム駅「エスタディオ・ド・ドラガオン」を終着点としてポルトを縦横断しているため、リオ・アベ⇄ポルトのそれぞれのスタジアムへのアクセスは、メトロ一本で可能となる。

リオ・アベは、昨季2019-20シーズンには、ポルトガルリーグで5位に輝き、見事プレーオフからのEL挑戦権を獲得した。ポルトガルリーグは、ポルト・ベンフィカ・スポルティング・ブラガの「4強」が頭ひとつふたつ飛び抜けているが、それ以外のクラブの中では、毎年コンスタントに躍進している実力派クラブの一角と言えよう。過去3シーズンを遡っても、2016-17シーズンには7位、2017-18シーズンは5位、そして2018-19シーズンは7位と、上位クラブとしてのポジションを確固たるものに。2013-14シーズンには、ポルトガル国内の2つのカップ戦で、ともに決勝まで進出している。

良い監督が良い選手を育てる好循環

リオ・アベをポルトガル国内屈指のチームとしているひとつの理由は、その「監督輩出力」にある。近年はリオ・アベから世界に羽ばたく優秀な監督が量産されており、彼らによって育成された選手も欧州の名門クラブにステップアップする好循環が生まれている。

前述した国内2つのカップ戦で決勝進出を果たしたのは、現ウルバーハンプトン監督ヌーノ・エスピリト・サントである。同監督は本シーズン後に、スペインの名門バレンシアへとステップアップ。敏腕代理人ジョルジ・メンデスの「最初の顧客」として知られる同氏だけに、メンデスが懇意にするバレンシアへの移籍は実力以上の力が働いたことが推察されるが、いずれにせよ、このポルトガルの中堅クラブから世界の舞台に羽ばたく前例を作った。

ヌーノ・エスピリト・サントの後を継いだペドロ・マルティンスは、リオ・アベで2シーズンにわたって指揮を執り、その後ビトーリア・ギマラインスを経て、現在はギリシャの名門オリンピアコスを指揮。2016-17シーズンに監督途中交代のピンチヒッターを務めたルイス・カストロは、ウクライナ王者シャフタールでリーグ優勝やCL出場を経験している。昨シーズンのリーグ5位と同等の躍進を遂げた2017-18シーズンにチームを指揮したミゲウ・カルドーゾは、リオ・アベでの1年を経て、その後スペインのセルタやフランスのナント、ギリシャのAEKの監督を歴任した。

昨季クラブを5位に導いたカルロス・カルバリャウも、例によって、ポルトガル4強の一角ブラガに引き抜かれる中、今2020-21シーズンに新監督に就任したのが、マリオ・シウバだ。同監督は、2018-19シーズンにポルトU-19を率いてUEFAユースリーグを優勝、クラブに同初タイトルをもたらした育成のスペシャリストとして知られている。同大会でプレーしたファビオ・シウバら7選手は、昨季ポルトのトップチームで多くがレギュラー格として躍動し、リーグタイトル奪還に貢献した。

リオ・アベから世界的スターに登り詰めた最高傑作は、元ポルトガル代表SBファビオ・コエントランだろう。育成組織出身のコエントランは、リオ・アベでの活躍が認められてベンフィカへとステップアップ。その後、銀河系軍団レアル・マドリードの一員となったことは周知の通りである。昨季も、37試合21ゴールと得点を量産してリーグのベストイレブンにも選出されたイラン代表FWメフディ・タレミが、今季からポルトへ移籍することが決定したばかりだ。

リオ・アベでは、食野のようにレンタルで獲得した選手をうまく登用・育成して、そのキャリアに花を咲かせる前例も多い。例えば、フランクフルト所属のゴンサロ・パシエンシアや、フィオレンティーナやモナコなどでプレーしたジウ・ディアスらも、これら欧州の強豪クラブへ移籍する以前はリオ・アベでプレーしていた過去を持つ。

今季も例年のように、マリオ・シウバのような欧州を代表する指揮官となり得るポテンシャルを持つ優秀な監督のもと、リオ・アベからビッグクラブへ巣立つ優秀な選手が現れることだろう。それが食野亮太郎であれば、日本人としてはこの上なく誇らしい。

またもマルコ・シウバ旋風の兆し。グアルディオラも称賛「ファンタスティックな監督」

『zerozero.pt』

マンチェスター・シティを率いるペップ・グアルディオラ監督が、次節対戦するワトフォードについてコメント。チームを率いるマルコ・シウバ監督を称賛した。

「ワトフォードは、我々の勝ち点差わずか2の位置につけている。サウサンプトン戦の(2-0で勝利)彼らのパフォーマンスは印象的だった。前半は圧倒していた。とてもフィジカルの強いチームであり、速い選手が多く、良い監督もいる。(マルコ・シウバは)ハル・シティで偉業を成し遂げたファンタスティックな監督」

昨季はシーズン途中から率いたハル・シティを、最下位からあと一歩で残留というところまで立て直し、プレミアリーグを席巻したマルコ・シウバ。今季より率いるワトフォードでも、現在リーグ4位につけており、今年も「マルコ・シウバ旋風」がイングランドの地で巻き起こる予感を感じさせている。

©FutePor -ふとぽる-

ベルナルド・シウバ、マンチェスターへ。移籍交渉の相手はまさかの…シティ?

『O JOGO』

リーグ・アンを制し、CLではベスト4に進出するなど、輝かしいシーズンを送ったモナコで10番を背負うポルトガル代表ベルナルド・シウバが、移籍交渉のためマンチェスターに到着したようだ。

イングランドメディアによると、移籍交渉の相手は、度々報じられてきたユナイテッドではなく、なんとシティ。同郷監督ジョゼ・モウリーニョのもとでプレーすることが有力視されていたが、一転ライバルクラブへの移籍が有力となった。

名将グアルディオラを迎えながら、CLでもプレミアリーグでも無冠に終わったマンチェスター・シティ。来季のクラブ改革に向け、CLで負かされたモナコの10番に7000万ユーロを支払うことが推測されている。

©FutePor -ふとぽる-

アンドレ・シウバにマンCが興味。他にもプレミアの複数クラブがクラシコにスカウトを派遣

『SAPO Desporto』

ポルトFWアンドレ・シウバが、ヨーロッパを席巻する台風の目となっている。先日21歳の誕生日を迎えたポルトの10番には、プレミアクラブを始めとする多くの名門が関心を寄せている。

『Manchester Evening News』は、マンチェスター・シティが同選手の獲得に興味を示していることを報道。アトレティコのグリーズマンとともに、グアルディオラ監督の標的となっており、先日ドラガオン・スタジアムで行われたベンフィカとのクラシコにスカウトを派遣したという。他にも、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプールなどプレミアの強豪クラブのスカウトがポルトのホームに駆けつけ、アトレティコ・マドリードやバルセロナなど、スペインの名門クラブも獲得に興味を抱いているという。

ポルトガル代表にも定着しつつあるアンドレ・シウバは、今季ここまで14ゴールを記録。今年デビューしたポルトガル代表では早くも4ゴールを挙げ、Aチームに定着したばかりのポルトでも、エースストライカーとして10ゴールを挙げるなど絶好調だ。

©FutePor -ふとぽる-

マンU、マンC、バイエルン、レアル、バルサ…スポルティンFWにメガクラブが行列

『SAPO Desporto』

スポルティングに所属する若手ポルトガル代表WGジェウソン・マルティンスに、世界各国のメガクラブが関心を寄せている。

『A BOLA』によると、ジェウソンに興味を抱くのは、チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、レアル・マドリード、バルセロナなど、まさにトップトップの錚々たる顔ぶれ。特に、ユナイテッドの関心は強く、同選手がプレーした全試合を視察しているという。

今季のCLレアル戦で、アウェイながらセルヒオ・ラモスら世界有数のDF陣を翻弄し、一気に脚光を浴びたジェウソン。スポルティングは、勢いそのままにポルトガル代表にも定着しつつある同選手に、6000万ユーロの違約金を設定している。

©FutePor -ふとぽる-