タグ別アーカイブ: マンチェスター・ユナイテッド

「右腕」にアーセナル監督就任の噂。モウリーニョは意思を尊重「荷物をまとめ、旅立つのを助けるまで」

『A BOLA』

ポルトガル人監督レオナルド・ジャルディン(現モナコ)や、パウロ・フォンセッカ(現シャフタール)らとともに、アーセナルの次期監督候補として挙がってあるルイ・ファリア(現マンチェスター・ユナイテッドアシスタントコーチ)。長らく「右腕」として活躍してきたアシスタントコーチが、自身のもとを離れてライバルチームの監督になる噂について、ジョゼ・モウリーニョが口を開いた。

ルイ・ファリアが、ガナーズに栄光をもたらすだけの能力があるのかと問われ、モウリーニョはその能力への信頼を強調。長らくともに歩んできた友人の決断であれば喜んで尊重する意思を示した。

「イエスだろう。彼がトップチームの監督になりたいかどうかは分からないが、今や、彼がその地位に相応しいことは疑っていない。こう言っているのは、私の友人としてというよりも、私のアシスタントとしてだ。自分の友人が素晴らしい仕事を得るチャンスを手にしたのなら、荷物をまとめ、運ぶのを助けるまでだ。もし実現すれば、私は幸せに感じる最初の人間になるだろう。なぜなら、彼がまだ大学生の青年であった頃から18年もの時をともに過ごし、単なるアシスタント以上に偉大な友人であると思っているからだ」

モウリーニョの腹心からトップチームの監督として独立するケースは、ポルト、チェルシー、インテル時代に試合分析スタッフを務めていたアンドレ・ビラス・ボアスの例が記憶に新しい。母校のポルト大学院では神格化されているこのルイ・ファリアも、ビラス・ボアスと同じ人生を歩み、モウリーニョのもとを旅立つのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

マティッチ、ベンフィカの最年少GKに対するモウリーニョの指示を明かす

CLベンフィカ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は、アウェイのユナイテッドが0-1で勝利したが、この日最も注目を集めたのは、良くも悪くも、今季アンデルレヒトから加入したベンフィカGKミル・スビラールであった。

この日、CLでデビュー戦を飾り、イケル・カシージャスが持つ18歳3ヶ月の最年少出場記録を塗り替え、18歳1ヶ月で欧州最高峰の舞台に初出場した同選手であったが、決勝点は自身のミスにより献上し、ほろ苦いデビューを飾っていた。

この決勝点は、ジョゼ・モウリーニョの狙い通りのものとなった。古巣との対戦となったマンチェスター・ユナイテッドのネマニャ・マティッチは、デビュー戦がいきなりのユナイテッド戦というプレッシャーの渦中にあった最年少GKに対するモウリーニョの指示を明かした。

「積極的にシュートを打ち、彼めがけてクロスを多くあげるようにという指示があった。彼はまだ若く、デビュー戦だったからね」

信じられないミスでチームを敗戦に追い込んでしまったスビラールだが、18歳の若さで、CLの、しかも世界的ビッグクラブとの試合でのデビューを飾った同選手への称賛が相次いでいる。マティッチは「これがフットボールというもの。彼は偉大なGKで、ベンフィカの未来だ」と、ミスへの同情とスビラールへの期待を語った。また、ユナイテッド指揮官モウリーニョも「彼はフェノメノ。多くのクラブが彼の獲得に大金を払うことだろう」と大成を予見した。

試合後には、対戦相手で母国の先輩であるルカクに慰められたスビラール。ほろ苦いデビュー戦は、将来有望な若きGKにとって大きな糧になる経験だったに違いない。

©FutePor -ふとぽる-

モウリーニョが新戦力リンデロフを称賛「ユナイテッドで輝かしい未来が待っている」

『O JOGO』

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、母国ベンフィカから獲得したスウェーデン代表CBビクトル・リンデロフを称賛した。

「彼はとても才能のある選手で、ユナイテッドでは素晴らしい未来が待っていることだろう。昨季は、我々のチームのオプションとなりえ、チームに深みを与えられることを示していた。ビクトルは、この夏チームに加わった最初の選手。我々の素晴らしい選手たちは、彼をチームの一員として迎え入れてくれることだ」

UEFAが選ぶ16-17のポルトガルリーグベストイレブンにも選ばれていたリンデロフは、マンチェスター・ユナイテッドと4年契約を締結。移籍金は3500万ユーロであった。

©FutePor -ふとぽる-

マンUとベンフィカが22歳CBリンデロフの移籍で合意!移籍金は3500万ユーロ

『zerozero.pt』

マンチェスター・ユナイテッドとベンフィカの両クラブが、スウェーデン代表CBビクトル・リンデロフに移籍に関して合意に達したことを発表した。

リンデロフのユナイテッド移籍でベンフィカが得る移籍金は3500万ユーロ。さらに、目標の達成度合いによって1000万ユーロのボーナスが加わる契約となったようだ。

現在、リンデロフはメディカル・チェックを行っており、終わり次第正式に契約を結ぶという。

22歳のリンデロフは、今季ベンフィカの守備の中心選手として47試合に出場した187センチの長身CB。レギュラーとしてフル稼働した今季は、UEFAが選ぶポルトガルリーグベストイレブンにも選出されていた。

©FutePor -ふとぽる-

モウリーニョ、チェルシー時代から関心を抱くポルトFWの獲得に興味か

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョが、古巣ポルトに所属するアルジェリア代表FWヤシン・ブライミの獲得に興味を抱いているようだ。

ユナイテッドは、モナコの新星ムバッペの獲得を目指していたが、同選手がレアル行きを望んでいることもあり、代替策を検討。そこで浮上したのが、モウリーニョがチェルシー時代から好んでいるブライミであるという。

今季は新監督ヌーノ・エスピリト・サント率いるポルトで、シーズン前半戦を控えに甘んじていたブライミだが、シーズン後半に監督の信頼を取り戻すと、そこからチームMVP級の活躍。リーグ優勝をしたベンフィカをあと一歩まで追い詰める中心選手としてプレーしていた。

交渉の鍵となるのは、ブライミに設定されている6000万ユーロという超高額の移籍金。ユナイテッドがどこまで金額を下げられるかが、獲得の成否を左右しそうだ。

©FutePor -ふとぽる-