タグ別アーカイブ: ミゲウ・ベローゾ

バレンシアが関心のミゲウ・ベローゾにプレミアクラブも興味。日本代表選手と同僚になるか

『O JOGO』

ジェノバに所属する元ポルトガル代表MFミゲウ・ベローゾに、サウサンプトンが関心を寄せているようだ。『Daily Star』が報じた。

同メディアによると、サウサンプトンは今季ジェノバとの契約を終えるベローゾの獲得に興味を抱いているという。しかし、同選手を狙うのはサウサンプトンだけではなく、先日は、バレンシアからの関心が報じられていた。

早くも30歳になったポルトガルきっての男前フットボーラー、ミゲウ・ベローゾ。果たして、プレミアに移籍し、日本代表DF吉田麻也と同僚になることはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

バレンシアが、元ポルトガル代表MFミゲウ・ベローゾに興味

『zerozero.pt』

元ポルトガル代表MFミゲウ・ベローゾにバレンシア移籍の噂が浮上した。スペインメディア『AS』か報じた。

同メディアによると、バレンシアを率いるチェザーレ・プランデッリ監督が同選手の獲得を希望しており、すでにクラブディレクターが、ベローゾの所属するジェノバとの交渉を開始したという。

30歳のベローゾは、ウクライナのディナモ・キエフでのプレーを経て、昨季セリエAに復帰していた。ポルトガル代表からは遠のいている同選手は、元同僚ナニが所属する名門クラブで再起を図るのか。

©FutePor -ふとぽる-

ミゲウ・ベローゾ、練習参加中のジェノバ移籍へ

『A BOLA』

元ポルトガル代表MFミゲウ・ベローゾが、7月初旬より練習に参加しているジェノバへ移籍することになった。

「正しい選択をしたと確信している。このクラブ、そしてチームメイトに力になれるよう全力を尽くす」。自身のFacebookで、意気込みを語った。

ミゲウ・ベローゾは、今季限りで4年間プレーしたディナモ・キエフを退団していた。来季から、2010-12年に渡ってプレーした古巣へ復帰することとなる。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティング会長、クラブ出身のスター選手ポルトガル代表トリオを狙う

『zerozero.pt』

スポルティングのブルーノ・デ・カルバーリョ会長が、クラブに大変革をもたらそうと計画している。スポルティングからポルトガル代表に羽ばたいた3名のスター選手を、クラブへ復帰させようと目論んでいるようだ。

1人目がベジクタシュに所属するリカルド・クアレスマである。スポルティングは、ベジクタシュとELで同グループなったことを利用して、敵地での第1戦後に、トルコクラブへ同選手の移籍交渉を投げかけたようだ。また、最終節ではクアレスマがリスボンに凱旋するため、その際にも選手が尊敬するジョルジ・シェズス監督を交え、カルバーリョ会長が移籍交渉の可能性を探るという。

2人目がミゲウ・ベローゾである。同選手は、ディナモ・キエフとの契約の最終年にあり、クラブ退団を考慮に入れている。選手自身は、スポルティングへの復帰を好意的に考えており、家庭事情を理由に1年間はイタリアクラブに移籍し、その後は母国ポルトガルへ復帰したいと計画しているようだ。

3人目がジョアン・モウティーニョである。しかし、同選手の獲得はこの3選手の中で最も困難を極めるだろう。モウティーニョは、スポルティングからポルトへ禁断の移籍を果たした過去があり、ライバルクラブへの愛情を示している。また、現在所属するモナコへの不満を明かしたことを機に、アトレティコ・マドリードやゼニトなど、各国の強豪クラブが熾烈な獲得競争を繰り広げるようになった。スポルティングがこれらクラブとの競合に勝利するのは容易でない。

世界レベルの選手に成長したかつてのスター選手が、古巣スポルティングに一堂に会するという、サポーターが願ってもみなかった壮大な夢が実現することはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ミゲウ・ベローゾにイタリア復帰の噂。今冬にも「夢のクラブ」へ加入か

『Record』

2012年よりウクライナのディナモ・キエフに所属するポルトガル代表MFミゲウ・ベローゾにイタリア復帰の噂が流れている。同選手は、かつて2シーズンにわたりジェノバに在籍していた。

『Calciomercato』によると、フットボール界屈指のイケメン選手に白羽の矢を立てたのは、イタリアの名門ACミラン。2008年ベローゾがスポルティングに所属していた当時にも同じく関心を寄せていたミランが、再び獲得に興味を示している。

ミゲウ・ベローゾにとってミランは「夢のクラブ」である。同郷の先輩ルイ・コスタが10番として活躍したクラブであり、2008年に関心が寄せられた際にも喜びをあらわにしていた。「人々は僕をピルロとビエーラの中間のような選手だと言うけど、僕は自分をピルロとガットゥーゾの間だと思っている」と、自らの特徴を夢のクラブのスター選手に重ねて語っていた。

ミランは1月の移籍市場での獲得を目指すようであるが、同メディアによると、移籍の実現は今季末になるかもしれないとのこと。ベローゾとディナモ・キエフとの契約が今シーズン限りで終了するためである。また、今回のイタリア移籍は、選手の妻による影響が大きく、イタリア人妻が母国への帰国を望んでいるという。

期待されながらもビッグクラブ入りが叶わなかったベローゾ。年齢的にも最後のチャンスとなるであろうミラン移籍の夢を叶えることができるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-