タグ別アーカイブ: ムサ・マレガ

17-18季ポルトガルリーグ各種賞が発表!MVPはあの1億ユーロ男。ベスト11ノミネートの中島翔哉・ファブリシオは選外に

『zerozero.pt』

ポルトガルリーグが、2017-18シーズンの各種賞を発表。1部リーグの最優秀選手賞には、同シーズンにスポルティングへ加入して、1億ユーロの違約金が設定されたことで注目を集めたブルーノ・フェルナンデスが、得点王のジョナスやリーグ王者ポルトのエースFWムサ・マレガらを退けて、年間MVPの栄誉を獲得。最優秀監督賞には、ポルトでクラブ最多勝ち点を積み上げ、2012-13シーズン以来となるリーグ王者を奪還したセルジオ・コンセイサオンが輝いた。

※以下、所属クラブは2017-18シーズン当時のもの

Liga NOS(ポルトガル1部リーグ)
◆フェアプレー賞(チーム)
シャービス

◆フェアプレー賞(個人)
イケル・カシージャス(ポルト)

◆最優秀若手選手賞
ルーベン・ディアス(ベンフィカ)
その他のノミネート選手:
ユリ・ヒベイロ、マテウス・ペレイラ

◆得点王
ジョナス(ベンフィカ) 34ゴール

◆最優秀ゴール賞
ロドリゴ・ピーニョ(マリティモ)

◆最優秀選手賞
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
その他のノミネート選手:
ジョナス、ムサ・マレガ

◆最優秀監督賞
セルジオ・コンセイサオン(ポルト)
その他のノミネート監督:
ペパ、アベル・フェレイラ

◆ベストイレブン
GK ルイ・パトリシオ(スポルティング)
RSB リカルド・ペレイラ(ポルト)
CB コアテス(スポルティング)
CB フェリペ(ポルト)
LSB アレックス・テレス(ポルト)
CMF エクトル・エレーラ(ポルト)
CMF ピッツィ(ベンフィカ)
CMF ブルーノ・フェルナンデス
(スポルティング)
RWG ムサ・マレガ(ポルト)
CF ジョナス(ベンフィカ)
LWG ジェウソン・マルティンス
(スポルティング)

Ledman LigaPro(ポルトガル2部リーグ)
◆フェアプレー賞(チーム)
ベンフィカB

◆フェアプレー賞(個人)
アルトゥール・アブレウ
(ビトーリア・ギマラインスB)

◆最優秀若手選手賞
チキーニョ(アカデミカ・コインブラ)
その他のノミネート選手:
ラファエル・バルボーザ、フェデ・バレーラ

◆最優秀GK賞
リカルド・リベイロ
(アカデミカ・コインブラ)
その他のノミネート選手:
ブラカリ、ダニエウ

◆得点王
リカルド・ゴメス(ナシオナル) 22ゴール

◆最優秀監督賞
コスティーニャ(ナシオナル)
その他のノミネート監督:
カルロス・ピント、アルマンド・エバンジェリスタ

◆最優秀選手賞
リカルド・ゴメス(ナシオナル)
その他のノミネート選手:
ムリージョ、チキーニョ

なお、ポルトガル1部リーグのベストイレブン候補には、ポルティモネンセから、リーグで唯一2桁得点2桁アシストを記録した中島翔哉と、得点ランキング4位のファブリシオ(現浦和レッズ)もノミネートされていたが、両者ともに惜しくも選外となった。

©FutePor -ふとぽる-

リバプールやトッテナムらプレミアの複数クラブが、ポルトガルリーグ暫定得点王に関心

『zerozero.pt』

ビトーリア・ギマラインスに所属するマリ代表FWムサ・マレガに、プレミアリーグの強豪を含む複数クラブが関心を寄せている。

ここまで8試合で10ゴールと絶好調の25歳に関心を寄せるのは、リバプールやトッテナムら超名門クラブを始め、ストークやワトフォード、サンダーランドにクリスタルパレスなど多くの中堅クラブ。マレガは、ここまでリーグ5位と好調を維持するギマラインスのエースとして、前節リオ・アベ戦ではキャリア初となるハットトリックを記録していた。

マレガは昨季、マリティモからポルトに加入するも、結果を残せず不遇の時を過ごし、今季末までギマラインスにレンタルされている。ポルトとの契約は2020年まで保持しており、違約金は4000万と高額である。

©FutePor -ふとぽる-

北の2強が絶好調!ブラガは3位浮上でポルトガルリーグは「5強」体制に!

ポルトガルリーグ北部の2強クラブが絶好調だ。

ブラガはU-21ポルトガル代表リカルド・オルタの2ゴールで、ベレネンセスに2-1で勝利。ナシオナルに引き分け、勝ち点18にとどまっていたスポルティングを抜き、3位に浮上した。また、勝ち点は20に積み上げ、2位ポルトと並んだ。

昨季は10位に終わったビトーリア・ギマラインスは、リオ・アベに3-0で快勝。ポルトからレンタル中のムサ・マレガのキャリア初のハットトリックにより、スポルティングに勝ち点1差に迫る5位に浮上した。ちなみに、マレガはここ8試合で10ゴールと絶好調で、ギマラインスの躍進の原動力となっている。

ポルトガル北部の2強の好調により、現在のポルトガルリーグは5強体制に。勝ち点25で首位につけるベンフィカが頭一つ抜きん出て、同20の2位ポルトと3位ブラガがそれを追う。4位スポルティングは同18と不調で、次節の結果次第では、同17の5位ギマラインスに順位を抜かれる可能性もある。

近年のスポルティングの復権により、3強体制が色濃くなっていたポルトガルリーグ。パウロ・フォンセッカのもとパソスが3位に躍進した2011-12シーズン以来となる、3強体制を打ち崩すチームは現れるのだろうか。ブラガとギマラインスはその有力候補だ。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト新監督、現状のFW陣に満足せず?新たなストライカーを望む

『A BOLA』

今季よりポルトの監督に就任したヌーノ・エスピリト・サントが、クラブに対し新たなストライカー獲得の必要性を説いたようだ。

現在、同監督が戦力とみなしているセンターFWは2選手。「9番」を背負うバンサン・アブバカルと、昨季ポルトBで2部MVPに輝いたアンドレ・シウバであり、彼らと違った特徴を持つゴールゲッターを求めているという。

ポルトは、以前からアトレティコ・マドリードへ移籍したエース、ジャクソン・マルティネスの後継者探しに躍起となっている。昨季は、セトゥバルとマリティモという中小クラブでそれぞれ活躍した韓国代表ソク・ヒョンジョンとマリ代表ムサ・マレガを獲得していたが、両者ともにヒッグクラブであるポルトに相応しいパフォーマンスを発揮できなかった。さらに、ソクはリオ五輪に参加し、マレガはレンタルでギマラインスに加わるなど、前線の人材不足に悩まされている。

エスピリト・サント監督は特に、チームのエースになり得るアブバカルへの要求を強めているようだ。中国移籍の噂もあった同選手のレベルをさらに上げるよう取り組んでいくという。

ジャクソン・マルティネスの後継者を見つけられず得点不足に陥り、そして解任された前監督フレン・ロペテギと同じ轍を踏まないためにも、年間20点は決められる絶対的なゴールゲッターが求められる。ジョナスを要するベンフィカや、スリマニを抱えるスポルティングなど、3強のライバルは絶対的なエースを誇っているからこそ、ポルトとしては補強に関して遅れは許されない。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティング行き濃厚2選手が急遽ポルト移籍へ。EURO2015準優勝GKはカシージャスのライバルに

『Público』

スポルティングへの移籍が有力とされていた2選手が、急遽ポルトへ移籍することとなった。2選手の所属元であるマリティモが公式サイトにて発表した。

マリティモからポルトへ移籍することになったのは、マリ人FWムサ・マレガと元U-21ポルトガル代表GKジョゼ・サー。ともにスポルティング移籍が濃厚とされながら、ポルトと5年半の契約を結ぶこととなった。

24歳のマレガは、186cmの体格を武器にする屈強なFWである。2015年の1月にマリティモへ加入したばかりだが、わずか1年でポルトガルの強豪クラブへステップアップを果たした。ちなみに、今季はここまでリーグで5ゴールを含む7得点を記録している。

23歳のジョゼ・サーは、U-21ポルトガル代表の正GKとして、昨年行われたEURO2015で母国を準優勝に導いた期待の若手である。しかしマリティモでは、絶対的守護神であるサリンからポジションを奪えておらず、今季は9試合の出場にとどまっている。同選手は、ベンフィカのユースで育ちながら、最大のライバルクラブ、ポルトでさらに激しいポジション争いに挑むこととなった。

新監督ジョゼ・ペゼイロが就任したポルトは、今冬の移籍市場でクラブの変革を試みている。補強第1号は韓国人FWソク・ヒョンジョンであったが、同選手は前任監督ロペテギが最後に望んだとされる補強である。ペゼイロ新監督は、アブバカルとソクの実質2人頼みであるFW陣に、強力な新戦力を迎えた。同様に、GKにもポジション争いを強いる意向があるのだろう。正守護神であるイケル・カシージャスは、先日のギマラインス戦で失点を献上するミスを犯し、チームの黒星の元凶となってしまった。また、エウトンも年齢的な衰えが隠せなくなってきており、彼らを勢いよく追い上げる若手GKが不足していた。

スポルティングも獲得を狙った2人の強力な新戦力、マレガとジョゼ・サーは、新監督が就任して改革を進めるポルトに新たな風を吹き込むことができるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-