タグ別アーカイブ: ラファ・シウバ

キーナス・デ・オウロ2019各種賞が発表!あわせてポルトガルリーグベスト11も

ポルトガルサッカー連盟が、サッカー監督協会とプロサッカー選手連合の協賛を受けて、毎年前年に優れた実績を残した男女サッカー、フットサル、ビーチサッカーの選手・監督・クラブに贈る「キーナス・デ・オウロ」。第4回を迎えた2019各種賞が、9月2日に発表された。

注目の男子サッカー選手からは、クリスティアーノ・ロナウドが選出。ネーションズリーグMVPのベルナルド・シウバ、ポルトガルリーグMVPのブルーノ・フェルナンデス、今季飛躍の年を送ったジョアン・フェリックス、ルーベン・ネーベスらがノミネートされる中、ポルトガル代表のキャプテンが栄光に輝いた。

男子サッカー監督は、ベンフィカでシーズン途中就任後、19戦無敗でリーグ王座奪還を成し遂げたブルーノ・ラージュが選出。その他には、代表をネーションズリーグ初代王者に導いたフェルナンド・サントス、シャフタールで躍進したパウロ・フォンセッカ、パソスをポルトガル1部に昇格させたビトール・オリベイラ、上海上港のビトール・ペレイラらがノミネートされていた。なお、男子サッカークラブ部門も、ベンフィカが受賞した。

(その他、女子サッカー、フットサル、ビーチサッカーの各種賞は下記リンクを参照)

また、プロサッカー選手連合が選ぶポルトガルリーグ男子サッカーベストイレブン2018も合わせて発表。リーグMVPのブルーノ・フェルナンデスを除くと、全員が王者ベンフィカと2位ポルトから選出された。

GK
イケル・カシージャス (ポルト)

DF
エデル・ミリタオン(ポルト)
ルーベン・ディアス(ベンフィカ)
アレックス・テレス(ポルト)
グリマルド(ベンフィカ)

MF
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
ピッツィ(ベンフィカ)
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)

FW
ラファ・シウバ(ベンフィカ)
セフェロビッチ(ベンフィカ)
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)

©FutePor -ふとぽる-

18-19季ポルトガルリーグ各種賞が発表!年間MVPは2季連続ブルーノ・フェルナンデスに!

ポルトガルリーグが来たる19-20シーズン開幕を前に、前年18-19シーズンの各種賞を発表した。

1部の年間MVPには、スポルティングのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが、昨季に続いて選出。リーグ優勝を果たしたベンフィカのピッツィとジョアン・フェリックスとともにノミネートされていたが、MFながら33試合で20ゴールという驚異の成績が評価され、元ポルトのフッキや、ベンフィカのジョナスらに続き、2年連続の栄冠に輝いた。

1億2600万ユーロでアトレティコ・マドリードへの移籍が決まったベンフィカのジョアン・フェリックスは、年間MVPが期待されていたが、年間最優秀若手選手賞に選出。レナト・サンチェス、ネウソン・セメード、ルーベン・ディアスに続き、4シーズン連続でベンフィカの選手が同賞に輝いた。

年間ベストイレブンには、逆転優勝を果たしたベンフィカよりポルトの選手が多く選出。ポルトから5名、ベンフィカから4名、スポルティングから2名が選ばれ、例年のごとく、ポルトガルの3強が同賞を独占する形となった。なお、最優秀監督賞には、ベンフィカを大逆転優勝に導いたブルーノ・ラージュが選ばれた。

GK
イケル・カシージャス(ポルト)
DF
アレックス・テレス(ポルト)
エデル・ミリタオン(ポルト)
ジェレミー・マテュー(スポルティング)
グリマルド(ベンフィカ)
MF
エクトル・エレーラ(ポルト)
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)
FW
ハリス・セフェロビッチ(ベンフィカ)
ラファ・シウバ(ベンフィカ)
ムサ・マレガ(ポルト)

各種賞の詳細は、下記の通り

ポルトガル1部リーグ

最優秀選手賞 ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)

最優秀監督賞 ブルーノ・ラージュ(ベンフィカ)

最優秀若手選手賞 ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)

最優秀ゴール賞 ジョバネ・カブラウ(スポルティング)

得点王 ハリス・セフェロビッチ(ベンフィカ)
23ゴール
次点:ブルーノ・フェルナンデス20ゴール、ラファ・シウバ17ゴール

最優秀ゴールキーパー賞 イケル・カシージャス(ポルト)

フェアプレークラブ賞 ベレネンセス
フェアプレー個人賞 エデル・ミリタオン(ポルト)
最優秀ピッチ賞 ポルティモネンセ

ポルトガル2部リーグ

最優秀選手賞 ルイス・カルロス(パソス)

最優秀監督賞 ビトール・オリベイラ(パソス)

最優秀若手選手賞 ジョッタ(ベンフィカB)

得点王 ピレス(ペナフィエル)

最優秀ゴールキーパー賞 リカルド・リベイロ(パソス)

フェアプレークラブ賞 ベンフィカB

フェアプレー個人賞 ルーベン・フレイタス(マフラ)

©FutePor -ふとぽる-

16-17季に新天地へ移ったポルトガル代表選手8名。超新星から百戦錬磨のベテランまで

EURO2016を悲願の初優勝で終えたポルトガル代表。本大会を境にその前後で、多くの選手が新天地へと活躍の場を移した。母国期待の若手スターから百戦錬磨のベテランまで、ビッグクラブ入りを果たしたケースも多く見られた本プレシーズンのポルトガル代表選手の移籍を、以下8件ご紹介する。

<百戦錬磨のベテラン選手>
1.ナニ
フェネルバフチェ→バレンシア

マンチェスター・ユナイテッド退団後は、フェネルバフチェや古巣スポルティングへのレンタル移籍など中位リーグのクラブを転々。EURO2016でもその実力を世界に再認識させ、鳴り物入りで主要リーグへの復帰が実現した。

2.ブルーノ・アウベス
フェネルバフチェ→カリアリ

ポルトガル屈指のバトルファイターは、大歓迎の中カリアリに迎え入れられた。

3.エドゥアルド
ディナモ・ザグレブ→チェルシー

急遽噂が浮上したかと思えば即決となったエドゥアルドのチェルシー行き。欧州王者のベテランGKは名手クルトゥワを前に「ポジションを取りに来た」と意気込む。

<世界が注目する超新星>
4.レナト・サンチェス
ベンフィカ→バイエルン

ベストヤングプレイヤーに選ばれるなど、記憶に新しいEURO2016での大車輪の活躍。バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督も「大会のベスト選手」と期待を寄せる。

5.アンドレ・ゴメス
バレンシア→バルセロナ

レアルとバルサが争奪戦を繰り広げた長身MFは、母国のキャプテン、クリスティアーノ・ロナウドよりも、メッシやイニエスタらとともにプレーする道を選んだ。

6.ラファエル・ゲヘイロ
ロリアン→ドルトムント

EURO2016開幕前からドルトムント行きが決まっていたゲヘイロ。コエントランの不在を感じさせないパフォーマンスで得た大会ベストイレブンの栄誉を引っさげ、ドイツへ乗り込む。

7.ジョアン・マリオ
スポルティング→インテル

欧州王者の10番を背負った若きアタッカーは、ポルトガルリーグの自国選手としては歴代最高額となる4500万ユーロの移籍金でインテルへ。3500万ユーロを記録したレナト・サンチェスとアンドレ・ゴメスの移籍金を一夏で上回り、歴代ポルトガル人選手の移籍金ランキングでも、クリスティアーノ・ロナウドとフィーゴにつぐ3位に割り込んだ。

8.ラファ・シウバ
ブラガ→ベンフィカ

ポルトとベンフィカが争奪戦を繰り広げた若手ホープは、ブラガと同色のベンフィカ移籍を選択した。他のポルトガル代表の若手同僚よりもステップアップに一段多くかかってしまった感は否めないが、ポルトガル王者で確実に結果を残し、数年で欧州のメガクラブへ移ることだろう。

<おまけ>
9.ジョゼ・モウリーニョ
無所属→マンチェスター・ユナイテッド

やはり今季メガクラブへ移ったポルトガル人といえばこの男。インテル時代からの相棒イブラヒモビッチと再び同盟を組み、すでにプレミア優勝候補級のインパクトを与えている。

世界が注目する若手スターから、あらゆる国際大会を経験してきた大ベテランまで、今季は多くのポルトガル人が新たな挑戦を決意した。16-17シーズンも、新天地に移った彼らのプレーに期待したい。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカがポルトとの争奪戦に勝利!欧州制覇MFラファと5年契約締結へ

『A BOLA』

ついに、ポルトガルで最も注目を集める若手選手の未来が決まった。ベンフィカが、ゼニトやポルトらとの争奪戦を制し、ブラガのポルトガル代表MFラファ・シウバと5年契約を締結するようだ。

23歳のラファは、2014年ブラジルW杯メンバーに選ばれ、ポルトガルが欧州王者に輝いたEURO2016でも母国を代表した、国内きっての注目株。ポルト以外にもイングランドやスペインのクラブなど、多くのチームが関心を寄せる中、ポルトガルリーグ3連覇中のベンフィカが獲得に漕ぎ着けた。

ベンフィカは、違約金が2000万ユーロとされるラファに対し、その保有権の90%を1500万ユーロで買い取るという。さらに、ブラガに3選手を譲り渡し、カルセラとオスカル・ベニテスの両選手を1年間レンタルし、ルイ・フォンテを完全移籍で売却すると報道されている。

ラファは金曜日にリスボン入りし、メディカルチェックを受診予定。今夏の移籍市場を賑わせた若手のホープが、ついにビッグクラブへステップアップを遂げる。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカやゼニトも狙うラファ、ポルト移籍に一歩前進か

『A BOLA』

ブラガのポルトガル代表MFラファ・シウバが、ポルト移籍に一歩前進したようだ。『A BOLA TV』が報じた。

同メディアによると、EURO2016王者メンバーのラファを巡り、アルガルベはビラモウラのホテルにて会談が実現。ポルト会長ピント・ダ・コスタが直々にブラガ会長アントニオ・サウバドールと対談し、選手の保有権のうち50%を保持する代理人ジョルジ・メンデスを含めて、ラファの獲得について交渉をしたようだ。

同会議では、ピント・ダ・コスタがラファの獲得に関して個人的に合意。残すはアントニオ・サウバドールが、2000万ユーロに設定されている違約金の扱いを決定するのみとなったようだ。

ポルトガル期待の新星ラファは、この夏念願のビッグクラブ移籍が実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-