タグ別アーカイブ: リカルド・カルバーリョ

マンC移籍のベルナルドは歴代3位。ポルトガル人の歴代移籍金ランキングトップ12はこれだ!

『O JOGO』

モナコのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのマンチェスター・シティへの移籍が正式に決定した。その移籍金について、イギリス『BBC』は、4920万ユーロ(4300万ポンド)と報じ、フランス『L’Equipe』は、5000万ユーロ+2000万ユーロの成果報酬と報道。どちらの報道を正としても、ベルナルド・シウバは、ポルトガル人では歴代3番目となる高額の移籍金を生み出したことになった。

そんな中、ポルトガル『O JOGO』がポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングを取りまとめた。

1位は、誰もが知るクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードへ移籍した際の推定9400万ユーロ。2位は、こちらもレアルへ加入したルイス・フィーゴ。移籍金が現在のように高騰していない当時にしては破格の金額となる6000万ユーロであった。

ミランへ4200万ユーロで移籍したルイ・コスタは、今回のベルナルド・シウバの移籍により、歴代4位に転落。5位、6位、7位は、昨季、ジョアン・マリオレナト・サンチェスアンドレ・ゴメスがそれぞれインテル、バイエルン、バルセロナへ移籍した際に塗り替えた記録である。

8位には、3000万ユーロで4人の名選手が並んだ。リカルド・カルバーリョ、ダニー、ぺぺ、ファビオ・コエントランなどベテラン勢は、当時としては眼を見張るような金額で移籍を実現させたが、移籍金の高騰が著しい若手選手に追いやられる形となった。

昨季は上述の3選手が歴史的な金額を記録したが、わずか1年でベルナルド・シウバがそれらを優に越える金額を叩き出した。ポルトガルにはまだまだ多くのタレントがいるため、来季以降もこのランキングは塗り替えられることだろう。

以下、ポルトガル人歴代移籍金ランキング

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ベルナルド・シウバ 5000万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(モナコ→マンチェスター・シティ)

4位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

5位 ジョアン・マリオ 4000万ユーロ(+ボーナス500万ユーロ)(スポルティング→インテル)

6位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ(+ボーナス4500万ユーロ) (ベンフィカ→バイエルン)

7位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(バレンシア→バルセロナ)

8位-12位 3000万ユーロ
・リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
・ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト
・ぺぺ(ポルト→レアル・マドリード)
・ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

©FutePor -ふとぽる-

ビラス・ボアスのもとにまたも大物。上海上港がオスカルに続きリカルド・カルバーリョを獲得

『Record』

ポルトガル代表CBリカルド・カルバーリョが、中国の上海上港と1年の契約を結んだようだ。『Recoed』が報じた。

昨季末にモナコを退団して以来、無所属の状況が続いていたカルバーリョは、同郷指揮官ビラス・ボアスが新たに監督就任した上海上港へ加入することとなった。同クラブは、昨季ブラジル代表フッキを5500万ユーロで獲得し、今季はビラス・ボアスを招聘するだけにとどまらず、チェルシーからオスカルを6100万ユーロで引き抜いていた。

今年は無所属ながらEURO2016にポルトガル代表として出場し、母国の欧州制覇に貢献したカルバーリョは、2004年にポルトでジョゼ・モウリーニョ監督のもとCLを制した経験を持つ大ベテラン。前線の大型補強を敢行した上海上港では、ディフェンスリーダーとして活躍することが期待されている。

©FutePor -ふとぽる-

モナコ退団発表リカルド・カルバーリョの未来は、ポルト復帰か現役引退?

『zerozero.pt』

3シーズンを過ごしたモナコと契約延長をしない意向を明かしたリカルド・カルバーリョに、古巣ポルトへ復帰する可能性が浮上している。

『A BOLA』によると、同選手は、会長、監督、ソシオ、サポーターなど、あらゆるクラブ関係者から復帰を望まれていることから、古巣への帰還を選択肢の一つにしているという。

しかしリカルド・カルバーリョは同時に、38歳でEURO2016を勝ち取り、歴代最年長優勝者となるなど、キャリアの晩年にさしかかっていることから、現役引退の可能性も閉ざしていないようだ。

ポルトガルの最終ラインを長らく支えた名選手の選択やいかに。

©FutePor -ふとぽる-

今夏で4&5位が更新!高騰するポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングトップ10とは?

『Record』

この夏、ポルトガル人2選手を取り巻くビッグディールが行われた。ベンフィカからバイエルン・ミュンヘンに移籍したレナト・サンチェス、そしてバレンシアからバルセロナへ移籍したアンドレ・ゴメスが、ポルトガルフットボール史にその名を刻む歴史的な移籍を果たした。

両選手は、ともに3500万ユーロの固定額で世界トップのメガクラブへ移籍した。しかしそれだけにはとどまらず、バイエルンのレナト・サンチェスには最高4500万ユーロ、バルセロナのアンドレ・ゴメスには最高2000万ユーロの変動額が付与されている。

両者は固定額だけを考慮してもなお、ポルトガル人歴代移籍金ランキングで4位と5位を更新する歴史的なビッグディールとなった。近年移籍金が高騰しているポルトガル人選手だが、今回はこれまでの高額移籍を振り返る。

歴代最高額の値が付けられたのは、言わずもがな、クリスティアーノ・ロナウド。レアル・マドリードは、マンチェスター・ユナイテッドから同選手を9400万ユーロで獲得した。

歴代2位にも、レアル・マドリードの名が上る。2001年のバロンドーラーであるルイス・フィーゴが、違約金と同額の6000万ユーロでバルセロナからレアルへ禁断の移籍を果たした。

3位は、フィオレンティーナからミランへ移籍したルイ・コスタ。4000万ユーロ強の移籍金を記録した。

そして前述の通り、4位にはバイエルンのレナト・サンチェス、5位にはバルセロナのアンドレ・ゴメスがランクイン。両者は、3000万ユーロでポルトからチェルシーへ移籍したリカルド・カルバーリョ、同額でディナモ・モスクワからゼニトへ移籍したダニー、ポルトからレアルへ移籍したペペ、そしてベンフィカからレアルへ移籍したファビオ・コエントランの4件を塗り替えた。

ポルトガル人選手による歴代トップ10を締めくくったのは、2550万ユーロでスポルティングからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したルイス・ナニ。2500万ユーロでポルトからモナコへ移籍したジョアン・モウティーニョはランク外に弾き出された。

<以下、ポルトガル人選手歴代移籍金ランキングトップ10>

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

4位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ+変動額4500万ユーロ(ベンフィカ→バイエルン)

5位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ+変動額2000万ユーロ(バレンシア→バルセロナ)

同率6位 3000万ユーロ
リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト)
ペペ(ポルト→レアル・マドリード)
ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

10位 ナニ 2550万ユーロ(スポルティング→マンチェスター・ユナイテッド)

©FutePor -ふとぽる-

優勝の要因は若手とベテランの融合?ポルトガル代表2選手が、最年長・最年少優勝記録を同時に更新!

『O JOGO』

EURO2016を優勝し、見事ヨーロッパ王者にその名を刻んだポルトガル代表。初のタイトルを獲得した裏で、興味深い2つの記録を同時に更新していた。

ポルトガル代表の2選手が、この日の優勝によって、EUROを勝ち取った「最年長記録」と「最年少記録」を同時に更新した。

「最年長」のヨーロッパ王者になったのは、リカルド・カルバーリョ。決勝の舞台に立つことはなかったものの、ベテランCBが歴代最高齢の欧州王者となった。

同時に、この日「最年少」のヨーロッパ王者になったのは、バイエルンのレナト・サンチェス。ポルトガル人最年少ゴールなどの記録も更新していた注目の18歳は、決勝の舞台でも堂々とプレーし、見事最年少欧州王者に輝いた。

ポルトガル代表優勝の鍵は、この若手とベテランが高度に融合したチーム構成だったのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-