タグ別アーカイブ: リカルド・クアレスマ

クアレスマ「今ならオレは1億ユーロの価値がある」。死ぬまでポルティスタと愛も語る

『SAPO Desporto』

ポルトガル代表FWリカルド・クアレスマが、自身の好調ぶりを明言。フットボール界で選手の価格が高騰する現在を引き合いに、冗談ながらに語った。

「もし今オレがフットボール界に出始めたら、1億ユーロの価値があるだろうなんて、たまに冗談で言う。今や誰もが6000万、7000万ユーロの価値があるからね。冗談はさておき、今は調子が良いし、自信もある。この歳でこんなにも良い調子を感じられるなんて思ってもいなかった。幸運にも何度も怪我をすることはなく、そのおかげで今を過ごせている」

また、2度目のベジクタシュでの生活を送るクアレスマは、愛するクラブを明言。現在のトルコチームでも、ユース時代を過ごしたスポルティングでもないようだ。

「(ポルトガルで忘れられないクラブは)オレにとってただひとつ。ポルトだけで、それ以外はない。スポルティングには敬意を抱いているし、いつまでも自分とともにある。あの場で育ち、クラブがしてくれたことには全て感謝している。ただ、彼らはオレに対して正しくなかったことは分かっているだろう。ポルトに入団した瞬間から、初めての愛を感じた。オレは死ぬまでポルティスタだ」

死ぬまでポルトへの忠誠を語ったクアレスマ。自身の価値を1億ユーロとキャリアのピークを迎える中、果たして再び愛するクラブへ戻ることはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

クアレスマがベンフィカ指揮官を称賛「フットボールを熟知していることを証明した」

『SAPO Desporto』

ベジクタシュに所属するリカルド・クアレスマが、ベンフィカ監督ルイ・ビトーリアを絶賛した。

CL第5節、ベジクタシュは、ベンフィカの圧倒的な強さを前に0-3のビハインドで前半を折り返したが、後半に3点を返すなど猛追撃し、なんとかドローに持ち込んでいた。この日得点を挙げたポルトガル代表FWは、母国リーグでも首位を走るポルトガル時代からのライバルを讃えた。

「ベンフィカに驚かされてはいない。ハードワークをするチームであり、ルイ・ビトーリアという優れた監督がいる。彼はすでにフットボールを熟知していることを証明したね。自分たちのチームがあんな入り方をするとは思っていなかった。ホームで勝つためにプレーしていたのだから、後半のような入り方をしなくてはならなかった」

「ベンフィカは自分たちの為すべきことをしている。そしてうまくいっている。彼らは3-0で勝っていたが、4点も5点も奪うのに十分なチャンスを作っていた。しかし後半には、同様に彼らはあと数分あれば負けていたかもしれない。いいゲームだったよ。結果は正当なものだ」

スポルティングやポルト時代からのライバルに敬意を示しながらも、自チームの巻き返しを誇ったクアレスマ。この日GS突破を決められなかったポルトガル王者は、最終節に強豪ナポリ戦を戦う。グループ突破を逃した場合、クアレスマに許したこの日のゴールを後々後悔することになるのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

テリーの次はクアレスマ。中国移籍のビラス・ボアスが母国の大物補強を狙う

『zerozero.pt』

上海上港の新監督に就任したポルトガル人指揮官アンドレ・ビラス・ボアスが、ベジクタシュのポルトガル代表FWリカルド・クアレスマの獲得に興味を抱いているようだ。『Tuttomercato』が報じた。

先日はチェルシーのキャプテン、ジョン・テリーの獲得を模索していることが報じられたビラス・ボアス。他にもハビエル・パストーレなど、大物選手の名前が浮上する中、かつて歴史的なシーズンを送ったポルト出身、同郷のファンタジスタを狙っていることが明らかとなった。

ポルトとゼニトで苦楽を共にした盟友フッキと三たびタッグを組むこととなったビラス・ボアス。中国リーグ制覇を目論む同監督が、さらなるスター選手の獲得を望んでいることは間違いないようだ。

©FutePor -ふとぽる-

クアレスマにフランスリーグ行きの噂。実現すればポルトガル代表の同僚とチームメイトに

『zerozero.pt』

ベジクタシュに所属するポルトガル代表FWリカルド・クアレスマに、フランスリーグ行きの噂が浮上。トルコメディアが報じた。

クアレスマを狙うクラブとは、現在リーグで16位と下位に低迷するリール。冬の移籍市場での獲得を目指しているという。なお、リールにはポルトガル代表のチームメイトで、EURO2016決勝で母国を優勝に導く決勝点を決めたエデルが所属している。

ベジクタシュはCLでも活躍するチームのエースに1000万ユーロの移籍金を設定している。ポルトガルきってのベテランドリブラーの未来やいかに。

©FutePor -ふとぽる-

クアレスマ、EURO決勝で披露の「芸術的な」ヘアスタイルに込められた想いを明かす

『maisfutebol』

EURO2016決勝でフランスを破り初優勝を決めたポルトガル。試合前からメディアの注目を集めていたのは、リカルド・クアレスマが披露したヘアスタイルだった。

左こめかみから後頭部にかけて生えた巨大な黄金の羽。フェルナンド・サントス監督も「芸術作品だ」と苦笑いしつつそのセンスを認めたほどだ。一体なぜこのような髪型にしたのだろうか。クアレスマは自身のTwitter上にて疑問に回答した。

「オレの羽ばたきたい想い、チャンピオンになりたい願望、ディフェンスの上を飛び越え、試合を決めるという願いを意味しているのさ」

芸術的なヘアスタイルに込めた想いの通り、無事にチャンピオンへと「羽ばたいた」クアレスマであった。

©FutePor -ふとぽる-