タグ別アーカイブ: リバプール

リバプールが 、ジェウソン・マルティンスに関心。監督がコウチーニョの後継者と注目

『SAPO Desporto』

スポルティングのポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスに、今冬の移籍市場での退団の可能性が浮上している。

『SAPO Desporto』よると、イングランドプレミアリーグのリバプールが、同選手の獲得に大きな関心を抱いているようだ。ユルゲン・クロップ監督が、バルセロナへ移籍したフィリペ・コウチーニョの穴を埋めるのに理想的な存在として注目しており、1億6000万ユーロともされているコウチーニョの売却資金を活用し、ジェウソン・マルティンスが現在スポルティングで受け取っている5倍の年俸を提示する用意があるという。

ただし、ジェウソン・マルティンスに設定されている高額な移籍金が、移籍に向けたハードルになりそうだ。リバプールは、3000万ユーロの移籍金を用意しているようだが、スポルティングが昨年契約を更新したばかりのジェウソンに設定する違約金はその倍額の6000万ユーロ。加えて、クラブが選手個人に150万ユーロを支払えば、違約金は1億ユーロにまで上る可能性もあるようだ。

スポルティングは現在、リーグ戦では2位、2つのカップ戦でも勝ち残っており、チームの主軸を担うジェウソンは是が非でも慰留したいと考えているだろう。リバプールがコウチーニョの売却で得た莫大な資金を活用し、ジェウソンを強奪するのかが注目される。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトまたも生え抜きが退団か。ルーベン・ネーベスにプレミアの強豪2クラブが関心

『zerozero.pt』

ミランへ3800万ユーロで移籍したアンドレ・シウバに続き、またもポルト期待の生え抜き選手に、退団の時が迫っている。移籍の噂が浮上したのは、U-21ポルトガル代表MFルーベン・ネーベス。20歳の同選手にプレミアのメガクラブが関心を寄せているようだ。

『A BOLA』によると、ルーベン・ネーベスに長らく関心を寄せているのは、リバプールとチェルシー。ポルトで史上最年少キャプテンを務めた試合もある期待の若手選手の獲得を狙っているようだ。

ここ2シーズン、チームの中心選手としてフル稼働し、35試合以上に出場していたネーベスだが、今季は監督交代の影響もあり、わずか18試合のみ。『zerozero.pt』はネーベスがポルト残留よりも移籍を選ぶ可能性が高いと推測している。

なお、ポルトはルーベン・ネーベスと2019年までの契約を結び、違約金は4000万ユーロに設定している。

©FutePor -ふとぽる-

カシージャス、リバプール移籍で事前合意か。ポルトは高額年俸がネックで放出の可能性も

『zerozero.pt』

ポルトの守護神、元スペイン代表GKイケル・カシージャスにリバプール移籍の噂が浮上した。

スペインメディア『AS』は、カシージャスがすでにリバプールと交渉を開始し、事前合意に達したと報じている。リバプールは来季のCLを勝ち抜くためGKの補強を望んでおり、経験豊富な同選手に関心を抱いているという。

また、同メディアは、カシージャスがリバプールへ移籍する手助けとして、ポルトの経済面を報じた。ポルトはレアルから獲得したカシージャスの年俸を、この2年間同クラブと共同で払っていたが、来季以降はレアルによる金銭的補助がなくなるため、高額年俸の同選手をチームに留めることができなくなるかもしれないという。

今季はポルトで往年のパフォーマンスを取り戻しファンからの信頼を回復したカシージャス。復調に合わせ、欧州の第一線へと戻る道を選ぶのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

リバプール、ウィリアン・カルバーリョと交渉中か。しかし高額移籍金がネックに

『SAPO Desporto』

リバプールが、スポルティングのポルトガル代表MFウィリアン・カルバーリョ獲得に向け、スポルティングと交渉中であるようだ。

リバプールは、スポルティング会長ブルーノ・デ・カルバーリョの合意を取り付けるため、すでにポルトガルへスカウトを派遣。ウィリアンの獲得に向け交渉をしているという。しかし、スポルティングはポルトガル代表でも主力を務めるクラブのスター選手を簡単に手放す意思はなく、最低でも3000万ユーロという高額な移籍金を求めており、リバプールを躊躇させているようだ。

ここ数年はアーセナルやエバートンなど、プレミアクラブの強豪クラブから度々オファーの提示が噂されてきたウィリアン・カルバーリョ。先日はアトレティコ・マドリードからの関心も伝えられたが、いよいよポルトガルを代表する大型MFがイングランドの地に渡るのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

リバプールやトッテナムらプレミアの複数クラブが、ポルトガルリーグ暫定得点王に関心

『zerozero.pt』

ビトーリア・ギマラインスに所属するマリ代表FWムサ・マレガに、プレミアリーグの強豪を含む複数クラブが関心を寄せている。

ここまで8試合で10ゴールと絶好調の25歳に関心を寄せるのは、リバプールやトッテナムら超名門クラブを始め、ストークやワトフォード、サンダーランドにクリスタルパレスなど多くの中堅クラブ。マレガは、ここまでリーグ5位と好調を維持するギマラインスのエースとして、前節リオ・アベ戦ではキャリア初となるハットトリックを記録していた。

マレガは昨季、マリティモからポルトに加入するも、結果を残せず不遇の時を過ごし、今季末までギマラインスにレンタルされている。ポルトとの契約は2020年まで保持しており、違約金は4000万と高額である。

©FutePor -ふとぽる-