タグ別アーカイブ: ルイス・ナニ

日本初の放映年、ポルトガルリーグへ復帰した4人のスーパースターを紹介

例年と比べてもの静かな移籍市場を送った18-19シーズンのポルトガルリーグ。前クラブ会長の選手批判により数名の主力選手が退団したスポルティングを除き、ポルトやベンフィカは中心選手を慰留し、大幅な選手の流出を避けることに成功した。

そんな中でも、例年とは異なる形で市場を賑わせたのは、かつてリーグでプレーしたレジェンドたちの復帰であった。ある選手はスーパースターへの階段を駆け上がる第一歩となった古巣に帰還。そしてある選手は所属したことのない新クラブに加入してかつての名声を取り戻すチャレンジに挑む。今回は、それぞれの思惑交わる移籍劇が繰り広げられた末にポルトガルリーグに復帰した4名のスーパースターを紹介する。

1.ジャクソン・マルティネス(ポルティモネンセ)

かつてポルトで3年連続リーグ得点王の栄光を手にしたストライカーは、センターFW不足に苦しむポルティモネンセに加入した。失意のシーズンを送ったアトレティコ・マドリードを経て、中国の広州恒大では大怪我に見舞われ、ついには無所属になるまでキャリアは失墜。欧州の表舞台から忘れ去られた中でのポルトガルリーグ復帰となった。

昨シーズンのリーグ得点ランキング4位の点取り屋ファブリシオ(浦和レッズ)やベテランFWピレス(ペナフィエル)らがチームを去り、本来はウイングの選手がセンターFWを務めるほかない窮地に陥っていたポルティモネンセと、ポルト時代の栄光の日々を取り戻したいジャクソン・マルティネス。両者の思惑が合致した期限終了間際の駆け込み移籍となった。与えられた背番号は9番。10番を背負う中島翔哉との共演にも期待がかかる。

2.ファビオ・コエントラン(リオ・アベ)

ジャクソン・マルティネスのポルティモネンセ加入と同じく、移籍市場閉幕間際のサプライズとなったのが、ファビオ・コエントランのリオ・アベ復帰だ。ベンフィカでの活躍や2010年南アフリカW杯ポルトガル代表でのパフォーマンスを受け、レアル・マドリードに加入した同選手だったが、銀河系軍団加入以降は、レンタル移籍を繰り返した。昨季はベンフィカ時代の恩師ジョルジ・ジェズスの後を追い、スポルティングへの禁断の移籍でポルトガルリーグ復帰を果たしていた。そして、今回は華々しいキャリアを送るきっかけとなったベンフィカよりも前、駆け出し時代の古巣リオ・アベに電撃復帰した。ポルト郊外のこの中小クラブは、コエントランがユース時代を過ごしプロデビューを飾った思い出の地。キャリアの礎を築いてくれたクラブに、世界トップクラスの経験を還元できるか。

3.ルイス・ナニ(スポルティング)

愛するスポルティングに加入すること、実に3度目。またもやクラブのレジェンドがリスボンに帰還した。

2度目の古巣復帰となったナニは、ユース時代を過ごしたスポルティングでプロデビュー。その後、マンチェスター・ユナイテッドでの経験を経て、2014年にレンタルの形で古巣に初復帰した。レンタル期間は1年で終わり、その後フェネルバフチェとラツィオを経由。そして今季、またもスポルティングに舞い戻ったのだった。現在チームの指揮を執るジョゼ・ペゼイロは、ナニをスポルティングのトップチームに引き上げた監督。恩師のもと、数十年リーグタイトルに見放されている強豪に念願のリーグ制覇をもたらせるか。

4.ダニー(マリティモ)

ユース時代を過ごし、プロデビューも果たした古巣に、エースナンバー10番を背負って復帰した。ロシアでは、ディナモ・モスクワとゼニトの2クラブで合わせて10年以上プレーするなどポルトガル人選手としては異才を放つ経験を、愛する古巣の上位定着に還元できるか。

例年、ポルトガルリーグを観る楽しみといえば、ビッグクラブに羽ばたくスターの卵を発見できる点はひとつあるが、今季は、満を持してリーグに復帰した上記4名のスター選手の活躍を拝めるのもまたひとつ見どころになるだろう。特に、今季はスカパーがポルティモネンセの試合の放映権を獲得し、史上初めてポルトガルリーグを日本で見られる年である。ポルティモネンセのエースとして活躍するジャクソン・マルティネス、そして彼らと対戦するファビオ・コエントラン、ルイス・ナニ、ダニーら元ポルトガル代表の名手らのプレーに是非とも注目いただきたい。

16-17季に新天地へ移ったポルトガル代表選手8名。超新星から百戦錬磨のベテランまで

EURO2016を悲願の初優勝で終えたポルトガル代表。本大会を境にその前後で、多くの選手が新天地へと活躍の場を移した。母国期待の若手スターから百戦錬磨のベテランまで、ビッグクラブ入りを果たしたケースも多く見られた本プレシーズンのポルトガル代表選手の移籍を、以下8件ご紹介する。

<百戦錬磨のベテラン選手>
1.ナニ
フェネルバフチェ→バレンシア

マンチェスター・ユナイテッド退団後は、フェネルバフチェや古巣スポルティングへのレンタル移籍など中位リーグのクラブを転々。EURO2016でもその実力を世界に再認識させ、鳴り物入りで主要リーグへの復帰が実現した。

2.ブルーノ・アウベス
フェネルバフチェ→カリアリ

ポルトガル屈指のバトルファイターは、大歓迎の中カリアリに迎え入れられた。

3.エドゥアルド
ディナモ・ザグレブ→チェルシー

急遽噂が浮上したかと思えば即決となったエドゥアルドのチェルシー行き。欧州王者のベテランGKは名手クルトゥワを前に「ポジションを取りに来た」と意気込む。

<世界が注目する超新星>
4.レナト・サンチェス
ベンフィカ→バイエルン

ベストヤングプレイヤーに選ばれるなど、記憶に新しいEURO2016での大車輪の活躍。バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督も「大会のベスト選手」と期待を寄せる。

5.アンドレ・ゴメス
バレンシア→バルセロナ

レアルとバルサが争奪戦を繰り広げた長身MFは、母国のキャプテン、クリスティアーノ・ロナウドよりも、メッシやイニエスタらとともにプレーする道を選んだ。

6.ラファエル・ゲヘイロ
ロリアン→ドルトムント

EURO2016開幕前からドルトムント行きが決まっていたゲヘイロ。コエントランの不在を感じさせないパフォーマンスで得た大会ベストイレブンの栄誉を引っさげ、ドイツへ乗り込む。

7.ジョアン・マリオ
スポルティング→インテル

欧州王者の10番を背負った若きアタッカーは、ポルトガルリーグの自国選手としては歴代最高額となる4500万ユーロの移籍金でインテルへ。3500万ユーロを記録したレナト・サンチェスとアンドレ・ゴメスの移籍金を一夏で上回り、歴代ポルトガル人選手の移籍金ランキングでも、クリスティアーノ・ロナウドとフィーゴにつぐ3位に割り込んだ。

8.ラファ・シウバ
ブラガ→ベンフィカ

ポルトとベンフィカが争奪戦を繰り広げた若手ホープは、ブラガと同色のベンフィカ移籍を選択した。他のポルトガル代表の若手同僚よりもステップアップに一段多くかかってしまった感は否めないが、ポルトガル王者で確実に結果を残し、数年で欧州のメガクラブへ移ることだろう。

<おまけ>
9.ジョゼ・モウリーニョ
無所属→マンチェスター・ユナイテッド

やはり今季メガクラブへ移ったポルトガル人といえばこの男。インテル時代からの相棒イブラヒモビッチと再び同盟を組み、すでにプレミア優勝候補級のインパクトを与えている。

世界が注目する若手スターから、あらゆる国際大会を経験してきた大ベテランまで、今季は多くのポルトガル人が新たな挑戦を決意した。16-17シーズンも、新天地に移った彼らのプレーに期待したい。

©FutePor -ふとぽる-

今夏で4&5位が更新!高騰するポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングトップ10とは?

『Record』

この夏、ポルトガル人2選手を取り巻くビッグディールが行われた。ベンフィカからバイエルン・ミュンヘンに移籍したレナト・サンチェス、そしてバレンシアからバルセロナへ移籍したアンドレ・ゴメスが、ポルトガルフットボール史にその名を刻む歴史的な移籍を果たした。

両選手は、ともに3500万ユーロの固定額で世界トップのメガクラブへ移籍した。しかしそれだけにはとどまらず、バイエルンのレナト・サンチェスには最高4500万ユーロ、バルセロナのアンドレ・ゴメスには最高2000万ユーロの変動額が付与されている。

両者は固定額だけを考慮してもなお、ポルトガル人歴代移籍金ランキングで4位と5位を更新する歴史的なビッグディールとなった。近年移籍金が高騰しているポルトガル人選手だが、今回はこれまでの高額移籍を振り返る。

歴代最高額の値が付けられたのは、言わずもがな、クリスティアーノ・ロナウド。レアル・マドリードは、マンチェスター・ユナイテッドから同選手を9400万ユーロで獲得した。

歴代2位にも、レアル・マドリードの名が上る。2001年のバロンドーラーであるルイス・フィーゴが、違約金と同額の6000万ユーロでバルセロナからレアルへ禁断の移籍を果たした。

3位は、フィオレンティーナからミランへ移籍したルイ・コスタ。4000万ユーロ強の移籍金を記録した。

そして前述の通り、4位にはバイエルンのレナト・サンチェス、5位にはバルセロナのアンドレ・ゴメスがランクイン。両者は、3000万ユーロでポルトからチェルシーへ移籍したリカルド・カルバーリョ、同額でディナモ・モスクワからゼニトへ移籍したダニー、ポルトからレアルへ移籍したペペ、そしてベンフィカからレアルへ移籍したファビオ・コエントランの4件を塗り替えた。

ポルトガル人選手による歴代トップ10を締めくくったのは、2550万ユーロでスポルティングからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したルイス・ナニ。2500万ユーロでポルトからモナコへ移籍したジョアン・モウティーニョはランク外に弾き出された。

<以下、ポルトガル人選手歴代移籍金ランキングトップ10>

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

4位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ+変動額4500万ユーロ(ベンフィカ→バイエルン)

5位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ+変動額2000万ユーロ(バレンシア→バルセロナ)

同率6位 3000万ユーロ
リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト)
ペペ(ポルト→レアル・マドリード)
ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

10位 ナニ 2550万ユーロ(スポルティング→マンチェスター・ユナイテッド)

©FutePor -ふとぽる-

2度のMOMで大ブレイクのレナト・サンチェスをナニが絶賛「マンUは偉大な選手を失ったことに気づいているだろうね」

『Record』

昨季ベンフィカでトップチームデビューを果たし、わずか半年足らずでEURO2016メンバーに選ばれ、そして、本大会で大ブレイクを果たしているレナト・サンチェス。そんな18歳の怪物MFを、母国の先輩であるナニが絶賛した。

来季より3500万ユーロでバイエルンへ移籍することが決まっているレナトだが、昨季噂に上がっていたクラブの中で有力視されていたのは、マンチェスター・ユナイテッドだった。そんな中、ナニはかつてプレーした古巣に対して皮肉を送るとともに、期待の後輩を褒め称えた。

「レナトを獲得できていたら、ユナイテッドにとっては素晴らしい契約だったことだろう。そこに一切の疑いの余地はない。でも、レナトには多くの選択肢があり、そしてバイエルンを選んだ。彼が良い選択をし、幸せであることを願っている。ユナイテッドは今、偉大な選手を逃してしまったことに気づいているだろうね」

現在開催中のEURO2016で中々波に乗れないチームとは反対に、レナト・サンチェスは絶好調。クロアチア戦と、ゴラッソを叩き込んだポーランド戦で2度のMOMに選ばれ、全世界にその名を知らしめている。来季より自身の監督になるカルロ・アンチェロッティにも「今回のEUROでベスト選手」「怪物だ」と絶賛されるなど、評価はうなぎ登りである。

新監督にモウリーニョが就任し、新エースとしてイブラヒモビッチが加わったユナイテッドだが、クラブの将来を担うであろう優秀な若手選手を逃したことは悔いていることだろう。

©FutePor -ふとぽる-

UEFAが注目するEURO2016で主役になり得る100選手にポルトガルからは5名が選出!

『SAPO Desporto』

フランスで開催されるEURO2016の開幕まで、残り100日となった。そこで、UEFAが大会で主役になり得る100名の選手を選定し、公式Twitter上で紹介した。

ポルトガル代表からは5選手が選出された。大本命のクリスティアーノ・ロナウドを始め、ぺぺとナニのベテランコンビ。中盤にはジョアン・モウティーニョと期待の若手ウィリアン・カルバーリョがピックアップされた。

15回目のEUROは、6月10日から7月10日にかけて行われ、24国の代表チームが優勝カップをめぐって激突する。

©FutePor -ふとぽる-