タグ別アーカイブ: ルイス・フィーゴ

マンC移籍のベルナルドは歴代3位。ポルトガル人の歴代移籍金ランキングトップ12はこれだ!

『O JOGO』

モナコのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのマンチェスター・シティへの移籍が正式に決定した。その移籍金について、イギリス『BBC』は、4920万ユーロ(4300万ポンド)と報じ、フランス『L’Equipe』は、5000万ユーロ+2000万ユーロの成果報酬と報道。どちらの報道を正としても、ベルナルド・シウバは、ポルトガル人では歴代3番目となる高額の移籍金を生み出したことになった。

そんな中、ポルトガル『O JOGO』がポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングを取りまとめた。

1位は、誰もが知るクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードへ移籍した際の推定9400万ユーロ。2位は、こちらもレアルへ加入したルイス・フィーゴ。移籍金が現在のように高騰していない当時にしては破格の金額となる6000万ユーロであった。

ミランへ4200万ユーロで移籍したルイ・コスタは、今回のベルナルド・シウバの移籍により、歴代4位に転落。5位、6位、7位は、昨季、ジョアン・マリオレナト・サンチェスアンドレ・ゴメスがそれぞれインテル、バイエルン、バルセロナへ移籍した際に塗り替えた記録である。

8位には、3000万ユーロで4人の名選手が並んだ。リカルド・カルバーリョ、ダニー、ぺぺ、ファビオ・コエントランなどベテラン勢は、当時としては眼を見張るような金額で移籍を実現させたが、移籍金の高騰が著しい若手選手に追いやられる形となった。

昨季は上述の3選手が歴史的な金額を記録したが、わずか1年でベルナルド・シウバがそれらを優に越える金額を叩き出した。ポルトガルにはまだまだ多くのタレントがいるため、来季以降もこのランキングは塗り替えられることだろう。

以下、ポルトガル人歴代移籍金ランキング

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ベルナルド・シウバ 5000万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(モナコ→マンチェスター・シティ)

4位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

5位 ジョアン・マリオ 4000万ユーロ(+ボーナス500万ユーロ)(スポルティング→インテル)

6位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ(+ボーナス4500万ユーロ) (ベンフィカ→バイエルン)

7位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(バレンシア→バルセロナ)

8位-12位 3000万ユーロ
・リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
・ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト
・ぺぺ(ポルト→レアル・マドリード)
・ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

©FutePor -ふとぽる-

スポルティング監督がジェウソン・マルティンスを絶賛「フィーゴのレベルに辿り着ける」

『SAPO Desporto』

ホームでのCLレアル・マドリード戦を控え、スポルティング監督ジョルジ・ジェズスが、今季大注目を集めているポルトガル代表WGジェウソン・マルティンスを絶賛した。

サンティアゴ・ベルナベウで行われた前試合では、マルセロら世界屈指の守備陣を奔走し、一気に世界中の注目を集めた若きWG。かつてこのスペインの名門でプレーしたクラブのレジェンドの名を挙げ、ジョルジ・ジェズスは同選手を褒め称えた。

「ジェウソンにはまだまだ成長の余地がある。フィーゴのレベルの選手になれるだろう。疑問はない」

もう1人のスポルティング出身のレアルのスター、クリスティアーノ・ロナウドの凱旋で注目を集めるこの試合。ジェウソン・マルティンスがこのレジェンドよりも大きなインパクトを残したとき、ジェズスの予言は一歩現実に近づくことだろう。

©FutePor -ふとぽる-

レアルを翻弄、ポルトガル代表初招集WGをスペインメディアがフィーゴになぞらえ絶賛!

『Record』

2016年10月のポルトガル代表に初選出された21歳の若手FWジェウソン・マルティンスが、スペインメディア『Mundo Deportivo』のコーナー「Scouting MD」にて、所属するスポルティングとポルトガル代表のレジェンドであるルイス・フィーゴの後継者に指名された。

ジェウソン・マルティンスは、先日アウェイのCLレアル・マドリード戦で世界最高峰の守備陣を翻弄し、世界の注目を一身に集めた。同メディアはその事実に触れながら、「スポルティングは、フィーゴやロナウド、フットレのように素晴らしいウインガーを輩出してきた。しかし、長い間ジェウソン・マルティンスのような選手をお目にかけることはなかった」と、名ウインガーの系譜を継ぐ最有力候補として絶賛した。

また、スポルティングの右サイドを担い、77番を背負うカーボベルデ系ポルトガル人と、何かとナニとの共通点の多い同選手をフィーゴと比較。「ジェウソン・マルティンスはその特徴から若き日のルイス・フィーゴを思い起こさせる。スピードで相手を切り崩し、敵選手と相対することに恐れを抱かない。そして良いシュートも打てる。ただ欠けていることといえば、シュートの際の落ち着きだろう」

ポルトガル代表に初招集されたジェウソン・マルティンス。果たして、現在チームの主軸を担うクリスティアーノ・ロナウドやナニ、リカルド・クアレスマら、スポルティング産名ウインガーたちの後を追えるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

下町ロケット出演の今をときめくイケメン俳優が、ポルトガルのレジェンドと偶然の対面!


池井戸潤原作の日曜映画劇場「下町ロケット」に出演し、最近では映画「青空エール」の番宣で忙しい俳優の竹内涼真さんが、自身のTwitterに衝撃の画像を投稿した。

なんと、パリでトランジットの間に元ポルトガル代表のレジェンド、ルイス・フィーゴと偶然の対面を果たしたようだ。さすがはレジェンド、知らない日本人のセルフィーにも笑顔で写った姿が印象的だ。

Wikipediaによると、竹内さんの趣味・特技はサッカーだという。サッカーファンだからこそ、世界的レジェンドに会えた喜びはひとしおだったのだろう。

ちなみに、竹内さんは現在ポルトガルの首都リスボンに滞在しているようだ。

©FutePor -ふとぽる-

今夏で4&5位が更新!高騰するポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングトップ10とは?

『Record』

この夏、ポルトガル人2選手を取り巻くビッグディールが行われた。ベンフィカからバイエルン・ミュンヘンに移籍したレナト・サンチェス、そしてバレンシアからバルセロナへ移籍したアンドレ・ゴメスが、ポルトガルフットボール史にその名を刻む歴史的な移籍を果たした。

両選手は、ともに3500万ユーロの固定額で世界トップのメガクラブへ移籍した。しかしそれだけにはとどまらず、バイエルンのレナト・サンチェスには最高4500万ユーロ、バルセロナのアンドレ・ゴメスには最高2000万ユーロの変動額が付与されている。

両者は固定額だけを考慮してもなお、ポルトガル人歴代移籍金ランキングで4位と5位を更新する歴史的なビッグディールとなった。近年移籍金が高騰しているポルトガル人選手だが、今回はこれまでの高額移籍を振り返る。

歴代最高額の値が付けられたのは、言わずもがな、クリスティアーノ・ロナウド。レアル・マドリードは、マンチェスター・ユナイテッドから同選手を9400万ユーロで獲得した。

歴代2位にも、レアル・マドリードの名が上る。2001年のバロンドーラーであるルイス・フィーゴが、違約金と同額の6000万ユーロでバルセロナからレアルへ禁断の移籍を果たした。

3位は、フィオレンティーナからミランへ移籍したルイ・コスタ。4000万ユーロ強の移籍金を記録した。

そして前述の通り、4位にはバイエルンのレナト・サンチェス、5位にはバルセロナのアンドレ・ゴメスがランクイン。両者は、3000万ユーロでポルトからチェルシーへ移籍したリカルド・カルバーリョ、同額でディナモ・モスクワからゼニトへ移籍したダニー、ポルトからレアルへ移籍したペペ、そしてベンフィカからレアルへ移籍したファビオ・コエントランの4件を塗り替えた。

ポルトガル人選手による歴代トップ10を締めくくったのは、2550万ユーロでスポルティングからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したルイス・ナニ。2500万ユーロでポルトからモナコへ移籍したジョアン・モウティーニョはランク外に弾き出された。

<以下、ポルトガル人選手歴代移籍金ランキングトップ10>

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

4位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ+変動額4500万ユーロ(ベンフィカ→バイエルン)

5位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ+変動額2000万ユーロ(バレンシア→バルセロナ)

同率6位 3000万ユーロ
リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト)
ペペ(ポルト→レアル・マドリード)
ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

10位 ナニ 2550万ユーロ(スポルティング→マンチェスター・ユナイテッド)

©FutePor -ふとぽる-