タグ別アーカイブ: ルイ・パトリシオ

17-18季ポルトガルリーグ各種賞が発表!MVPはあの1億ユーロ男。ベスト11ノミネートの中島翔哉・ファブリシオは選外に

『zerozero.pt』

ポルトガルリーグが、2017-18シーズンの各種賞を発表。1部リーグの最優秀選手賞には、同シーズンにスポルティングへ加入して、1億ユーロの違約金が設定されたことで注目を集めたブルーノ・フェルナンデスが、得点王のジョナスやリーグ王者ポルトのエースFWムサ・マレガらを退けて、年間MVPの栄誉を獲得。最優秀監督賞には、ポルトでクラブ最多勝ち点を積み上げ、2012-13シーズン以来となるリーグ王者を奪還したセルジオ・コンセイサオンが輝いた。

※以下、所属クラブは2017-18シーズン当時のもの

Liga NOS(ポルトガル1部リーグ)
◆フェアプレー賞(チーム)
シャービス

◆フェアプレー賞(個人)
イケル・カシージャス(ポルト)

◆最優秀若手選手賞
ルーベン・ディアス(ベンフィカ)
その他のノミネート選手:
ユリ・ヒベイロ、マテウス・ペレイラ

◆得点王
ジョナス(ベンフィカ) 34ゴール

◆最優秀ゴール賞
ロドリゴ・ピーニョ(マリティモ)

◆最優秀選手賞
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
その他のノミネート選手:
ジョナス、ムサ・マレガ

◆最優秀監督賞
セルジオ・コンセイサオン(ポルト)
その他のノミネート監督:
ペパ、アベル・フェレイラ

◆ベストイレブン
GK ルイ・パトリシオ(スポルティング)
RSB リカルド・ペレイラ(ポルト)
CB コアテス(スポルティング)
CB フェリペ(ポルト)
LSB アレックス・テレス(ポルト)
CMF エクトル・エレーラ(ポルト)
CMF ピッツィ(ベンフィカ)
CMF ブルーノ・フェルナンデス
(スポルティング)
RWG ムサ・マレガ(ポルト)
CF ジョナス(ベンフィカ)
LWG ジェウソン・マルティンス
(スポルティング)

Ledman LigaPro(ポルトガル2部リーグ)
◆フェアプレー賞(チーム)
ベンフィカB

◆フェアプレー賞(個人)
アルトゥール・アブレウ
(ビトーリア・ギマラインスB)

◆最優秀若手選手賞
チキーニョ(アカデミカ・コインブラ)
その他のノミネート選手:
ラファエル・バルボーザ、フェデ・バレーラ

◆最優秀GK賞
リカルド・リベイロ
(アカデミカ・コインブラ)
その他のノミネート選手:
ブラカリ、ダニエウ

◆得点王
リカルド・ゴメス(ナシオナル) 22ゴール

◆最優秀監督賞
コスティーニャ(ナシオナル)
その他のノミネート監督:
カルロス・ピント、アルマンド・エバンジェリスタ

◆最優秀選手賞
リカルド・ゴメス(ナシオナル)
その他のノミネート選手:
ムリージョ、チキーニョ

なお、ポルトガル1部リーグのベストイレブン候補には、ポルティモネンセから、リーグで唯一2桁得点2桁アシストを記録した中島翔哉と、得点ランキング4位のファブリシオ(現浦和レッズ)もノミネートされていたが、両者ともに惜しくも選外となった。

©FutePor -ふとぽる-

マルセイユが、ポルトガル代表の「最前線」と「最後尾」から攻守の要を狙う

『O JOGO』

マルセイユが、ポルトガル代表のワントップを務めるアンドレ・シウバと、正GKルイ・パトリシオのダブル獲りを狙っているようだ。

ポルトの10番アンドレ・シウバについては、すでにスカウトを送り込み、現地で視察。マルセイユは昨夏から関心を寄せていたようだが、今季はここまで37試合で20ゴールと、まさにポルトガルを代表する若手選手へと成長した同選手への興味をさらに強めている。翌年のタイトルを狙う切り札として、アトレティコのケビン・ガメイロと2トップを組ませたい意向だという。

スポルティングの守護神ルイ・パトリシオについては、詳しい状況は報じられていないが、マルセイユは、来季の守備の要として「代表クラスのGK」を探しており、欧州王者ポルトガルの正GKであるパトリシオを、最大の獲得候補と見なしているようだ。

なお、アンドレ・シウバはポルトとの契約を2021年まで残し、違約金は6000万ユーロに設定されており、ルイ・パトリシオはスポルティングと2022年まで契約を結び、違約金は4000万ユーロに設定されている。

両者ともにメガクラブが狙う人気銘柄であり、移籍金が高騰することも予想されるが、マルセイユはポルトガル代表の攻守の要をダブルで獲得することはできるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ハートをベンチに置いたペップ。欧州王者GKの獲得が加速か

『A BOLA』

16-17プレミアリーグ開幕戦で、マンチェスター・シティ監督グアルディオラが、守護神ジョー・ハートをベンチに置いたことで、新たなGKの獲得の噂が加速している。

『Daily Record』によると、シティのゴールマウスを守る新守護神の最有力がスポルティングのポルトガル代表GKルイ・パトリシオであるようだ。グアルディオラは古巣バルセロナのテア・シュテーゲンにも関心を寄せているが、同選手の違約金は8000万ユーロ。4500万ユーロに設定されているパトリシオの方が安価で獲得でき、年俸も圧倒的に割安であるようだ。

シティは近いうちにスポルティングへパトリシオについて照会をかけると推測されている。同じくプレミアのエバートンも関心を寄せる欧州王者ポルトガル代表の絶対的守護神は、いよいよ初の国外挑戦となるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

EURO決勝でもファインセーブ連発。ポルトガル代表守護神にプレミアクラブが関心

『zerozero.pt』

『The Sun』によると、ポルトガル代表GKルイ・パトリシオにエバートンが関心を寄せているようだ。

エバートンは、パトリシオがEURO2016で魅せたパフォーマンスから獲得に興味を抱いたという。フランスとの決勝戦でもファインセーブを連発し、大会ベストGKにも選ばれた守護神に、700万ユーロを用意しているようだ。

スポルティング一筋のルイ・パトリシオ。28歳というキャリアの全盛期に初の移籍、そして海外挑戦となるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

FIFAがEURO2016ベストイレブンと最優秀選手賞を発表!優勝のポルトガルからは4名が選出

『maisfutebol』

ポルトガルの初タイトルで幕を閉じたEURO2016。FIFAが大会ベストイレブンおよび最優秀選手賞を発表した。

優勝したポルトガル代表からは、4名がベストイレブンに選出。決勝で気迫のセーブを見せたGKルイ・パトリシオ、CBペペ、負傷で不参加コエントランの代役を見事に務めたSBラファエル・ゲヘイロ、そしてクリスティアーノ・ロナウドが選ばれた。

大会MVPには、優勝のポルトガルではなく、準優勝のフランスからグリーズマンが選出。決勝でも幾度となくポルトガルゴールを脅かしたその攻撃力が評価された。

以下、EURO2016ベストイレブン

GK
ルイ・パトリシオ ポルトガル

DF
ジョシュア・キミッヒ ドイツ
ジェローム・ボアテング ドイツ
ペペ ポルトガル
ラファエル・ゲヘイロ ポルトガル

MF
トニ・クロース ドイツ
ジョー・アレン ウェールズ
グリーズマン フランス
ラムジー ウェールズ
パイエ フランス

FW
クリスティアーノ・ロナウド ポルトガル

最優秀選手賞
グリーズマン フランス

©FutePor -ふとぽる-