タグ別アーカイブ: ルーベン・セメード

これぞ人材の宝庫!ポルトガルがわずか5選手の移籍で生み出した移籍金はなんと218億円!

『O JOGO』

人材の宝庫の呼び声高いポルトガルからの大型移籍が止まらない。このシーズンオフ、ポルトガル人選手、もしくはポルトガルリーグ所属選手の大型移籍が相次ぎ、わずか5選手が1億7700万ユーロ、すなわち1ユーロ123円換算で217億7000万円もの大金を生み出した。

口火を切ったのは、モナコに所属していたポルトガル人FWベルナルド・シウバ。マンチェスター・シティに5000万ユーロで移籍を決め、ポルトガル人の移籍金では歴代3位を記録した。その後、同様にマンチェスター・シティへ移籍したベンフィカのブラジル人GKエデルソン・モラエスが4000万ユーロの移籍金を生み出し、同じくベンフィカのスウェーデン人CBビクトル,リンデロフが、3500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を決めた。

また、昨日はポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバが、3800万ユーロでミランへ移籍。スポルティングからは、U-21ポルトガル代表CBルーベン・セメードが、1400万ユーロでビジャレアルへ移籍していた。

昨季はレナト・サンチェス(バイエルン)やアンドレ・ゴメス(バルセロナ)、ジョアン・マリオ(インテル)らが記録的な大型移籍を決めるなど、毎年、シーズンオフの風物詩となりつつあるポルトガル関連選手のビッグクラブへの移籍。今シーズンのオフもまだまだ始まったばかりであり、今後も数名のポルトガルからの人材が巨額の移籍金を生み出すだろう。

©FutePor -ふとぽる-

U-21ポルトガル代表が「暫定」25名を発表!レナトら招集の最強メンバーで念願のEURO2017優勝へ!

U-21ポルトガル代表ルイ・ジョルジが、EURO2017に向けた「暫定」代表メンバー25名を発表した。

最大のサプライズとなったのは、EURO2016にフル代表の一角として出場し、史上最年少で優勝メンバーとなったレナト・サンチェス(バイエルン)の招集。同日発表されたコンフェデレーションズカップに臨むフル代表から同じく漏れたジョアン・カンセーロ(バレンシア)とともに、1つ下のレベルでプレーすることとなった。

彼らフル代表を経験したメンバーのリスト入りは、念願の優勝を狙うU-21代表にとっては願ってもいなかった幸運だ。前回のEURO2015では、同日コンフェデ杯メンバーに選ばれた前回大会MVPウィリアン・カルバーリョ(スポルティング)やベストイレブンのベルナルド・シウバ(モナコ)、ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント)らを擁しながら、惜しくも準優勝に終わっていた。

今回は、前述のレナト・サンチェスやジョアン・カンセーロに加え、フル代表経験のあるゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)やルーベン・ネーベス(ポルト)、リオ・オリンピック10番ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)や同大会のチーム得点王ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)らもメンバー入り。他にも、ジョゼ・モウリーニョが期待を寄せてるGKジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)に、今季の国内リーグでますます株を上げたスポルティングCBルーベン・セメード、ポルトFWディオゴ・ジョッタ、ブラガFWリカルド・オルタら、数えればキリがないほど、注目の若手選手が出揃った。まさに史上最強メンバーと言っても過言ではない、死角のない布陣となった。

グループBに所属するU-21ポルトガル代表は、6月17日に初戦のセルビア戦を戦い、20日には最大のライバルであるスペイン、そして23日にはマケドニアと対戦する。なお、大会規定のメンバーは23名であるため、この25人の中から2人が、6日に招集外となり、選ばれし23名で念願のEURO制覇へ挑むこととなる。

以下、U-21ポルトガル代表暫定メンバー25名
(☆は筆者の独断と偏見による注目選手。五輪マークはリオ・オリンピックメンバー)

GK
ミゲウ・シウバ(ビトーリア・ギマラインス)
ブルーノ・バレーラ(ビトーリア・セトゥバル)☆五輪
ジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)☆五輪

DF
ペドロ・ヘボッショ(モレイレンセ)
ルーベン・セメード(スポルティング)☆☆
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)☆五輪
トビアス・フィゲイレード(ナシオナル)☆五輪
エドガル・イエー(ベレネンセス)☆五輪
ケビン・ロドリゲス(レアル・ソシエダ)
ジョアン・カンセーロ(バレンシア)☆☆☆

MF
ルーベン・ネーベス(ポルト)☆☆☆
フランシスコ・ラモス(ポルト)五輪
トーマス・ポドスタウスキー(ポルト)☆五輪
ジョアン・カルバーリョ(ビトーリア・セトゥバル)
フランシスコ・ジェラウデス(スポルティング)
ロニー・ロペス(リール)☆
ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)☆☆☆五輪
レナト・サンチェス(バイエルン)☆☆☆

FW
ディオゴ・ジョッタ(ポルト)☆☆☆
ダニエル・ポデンセ(スポルティング)
リカルド・オルタ(ブラガ)☆☆
イウリ・メデイロス(ボアビスタ)☆
ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)☆☆五輪
ブルマ(ガラタサライ)☆
ゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)☆☆☆

©FutePor -ふとぽる-

チェルシーがスポルティングの若手CBに興味。他にもミランやナポリなど強豪が関心

『O JOGO』

スポルティングでレギュラーを張る若手CBルーベン・セメードにチェルシーが関心を寄せている。『Mundo Deportivo』が報じた。

ジョン・テリーやギャリー・ケーヒル、ダビド・ルイスなど、CB陣の高齢化が進むチェルシーは、22歳と若いポルトガル人CBへの投資を模索しているようだ。

ただし、母国でも期待を集めるルーベン・セメードを狙うのはチェルシーだけではない。他にも、同じくプレミアの強豪エバートンや、セリエAのナポリとミランも同選手に関心を寄せているようだ。

ポルトガル代表CBの高齢化も進む中で、将来の母国を担うと期待されるセメード。早くも欧州のトップクラブへのステップアップを果たすのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティング期待の若手2選手が1部下位チームへレンタル移籍か

『A BOLA』

スポルティングの若手選手2名が、1部下位チームにレンタル移籍される可能性が浮上している。

1人目がCBのルーベン・セメード。ジョルジ・ジェズスはその才能を見込んでいるものの、より多くの出場機会を与えるために、ビトーリア・セトゥバルへレンタルする意向だ。

2人目がFWのルリ・メデイロス。スポルティングはモレイレンセと今季末までのレンタル移籍で基本合意したようだ。21歳のメデイロスは、スポルティングと2019年までの契約を保持。しかし、ウイング陣のレギュラー争いに割って入ることができず、ジョルジ・ジェズス監督の構想外となっていた。U-21ポルトガル代表でもプレーする期待の若手FWは、昨年はアロウカにレンタルされていた。

©FutePor -ふとぽる-