タグ別アーカイブ: ルーベン・ネーベス

U-21ポルトガル代表が「暫定」25名を発表!レナトら招集の最強メンバーで念願のEURO2017優勝へ!

U-21ポルトガル代表ルイ・ジョルジが、EURO2017に向けた「暫定」代表メンバー25名を発表した。

最大のサプライズとなったのは、EURO2016にフル代表の一角として出場し、史上最年少で優勝メンバーとなったレナト・サンチェス(バイエルン)の招集。同日発表されたコンフェデレーションズカップに臨むフル代表から同じく漏れたジョアン・カンセーロ(バレンシア)とともに、1つ下のレベルでプレーすることとなった。

彼らフル代表を経験したメンバーのリスト入りは、念願の優勝を狙うU-21代表にとっては願ってもいなかった幸運だ。前回のEURO2015では、同日コンフェデ杯メンバーに選ばれた前回大会MVPウィリアン・カルバーリョ(スポルティング)やベストイレブンのベルナルド・シウバ(モナコ)、ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント)らを擁しながら、惜しくも準優勝に終わっていた。

今回は、前述のレナト・サンチェスやジョアン・カンセーロに加え、フル代表経験のあるゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)やルーベン・ネーベス(ポルト)、リオ・オリンピック10番ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)や同大会のチーム得点王ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)らもメンバー入り。他にも、ジョゼ・モウリーニョが期待を寄せてるGKジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)に、今季の国内リーグでますます株を上げたスポルティングCBルーベン・セメード、ポルトFWディオゴ・ジョッタ、ブラガFWリカルド・オルタら、数えればキリがないほど、注目の若手選手が出揃った。まさに史上最強メンバーと言っても過言ではない、死角のない布陣となった。

グループBに所属するU-21ポルトガル代表は、6月17日に初戦のセルビア戦を戦い、20日には最大のライバルであるスペイン、そして23日にはマケドニアと対戦する。なお、大会規定のメンバーは23名であるため、この25人の中から2人が、6日に招集外となり、選ばれし23名で念願のEURO制覇へ挑むこととなる。

以下、U-21ポルトガル代表暫定メンバー25名
(☆は筆者の独断と偏見による注目選手。五輪マークはリオ・オリンピックメンバー)

GK
ミゲウ・シウバ(ビトーリア・ギマラインス)
ブルーノ・バレーラ(ビトーリア・セトゥバル)☆五輪
ジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)☆五輪

DF
ペドロ・ヘボッショ(モレイレンセ)
ルーベン・セメード(スポルティング)☆☆
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)☆五輪
トビアス・フィゲイレード(ナシオナル)☆五輪
エドガル・イエー(ベレネンセス)☆五輪
ケビン・ロドリゲス(レアル・ソシエダ)
ジョアン・カンセーロ(バレンシア)☆☆☆

MF
ルーベン・ネーベス(ポルト)☆☆☆
フランシスコ・ラモス(ポルト)五輪
トーマス・ポドスタウスキー(ポルト)☆五輪
ジョアン・カルバーリョ(ビトーリア・セトゥバル)
フランシスコ・ジェラウデス(スポルティング)
ロニー・ロペス(リール)☆
ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)☆☆☆五輪
レナト・サンチェス(バイエルン)☆☆☆

FW
ディオゴ・ジョッタ(ポルト)☆☆☆
ダニエル・ポデンセ(スポルティング)
リカルド・オルタ(ブラガ)☆☆
イウリ・メデイロス(ボアビスタ)☆
ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)☆☆五輪
ブルマ(ガラタサライ)☆
ゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)☆☆☆

©FutePor -ふとぽる-

今週末のクラシコに、ユベントスがスカウトを派遣。視察するポルトの4選手とは

『O JOGO』

今週末にポルトのドラガオン・スタジアムで行われるポルト対ベンフィカの『クラシコ』に、ユベントスがスカウトを派遣する。そのお目当てはポルトの4選手であるようだ。

ユベントスが視察予定の選手とは、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバ、好調の若きブラジル人オタービオ・モンテイロ、メキシコ代表MFエクトル・エレーラ、そしてU-21ポルトガル代表MFルーベン・ネーベス。ちなみに『Tuttosport』によると、ユベントスはベンフィカのSBグリマルドにも関心を寄せているというが、同選手は負傷離脱中のため、招集メンバーに含まれていない。

特に代表でも絶好調、20歳のエースFWアンドレ・シウバは、多くのメガクラブが関心を寄せる存在。ユベントスの他にも、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリード、チェルシーにマンチェスター・ユナイテッドらも熱い視線を寄せている。

©FutePor -ふとぽる-

ユベントスがポルトの3選手に興味。今季急成長オタービオの名前も

『O JOGO』

イタリア王者ユベントスが、ポルトの3選手に興味を示しているようだ。『Tuttosport』が報じた。

ユベントスが獲得に関心を抱いたのは、ポルトガル期待の若手MFルーベン・ネーベスと、現在チームでキャプテンの一角を担うメキシコ代表エクトル・エレーラ、そして今季よりポルトに復帰し、レギュラーを奪取したブラジル人FWオタービオ・モンテイロだ。

人気銘柄であるネーベスとエレーラへの関心を昨季から度々報じられていたが、オタービオの名前が挙がったのは今回が初。今季ビトーリア・ギマランエスへのレンタルからポルトに復帰した21歳の同選手は、並み居る強力ライバルをよそ目に、11試合に出場。早速チームのレギュラーに定着している。

前ブラジル代表監督ドゥンガからもブラジル代表になりうる人材と讃えられたオタービオ。早速メガクラブへのステップアップが実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

40名のゴールデン・ボーイ候補にポルトガル人3選手が選出!ふとぽるのイチオシはもちろん…

『Público』

ヨーロッパでプレーする21歳以下の若手選手からNo.1を決める「ゴールデン・ボーイ」賞の2016年候補者が発表され、40名の中に3名のポルトガル人が選出された。

その3名とは、EURO2016で母国の優勝に貢献した当時18歳のスーパーボーイ、レナト・サンチェス(ベンフィカ→バイエルン)。そして、U-21ポルトガル代表の常連であり、昨季はA代表にも呼ばれたゴンサロ・グエデス(ベンフィカ)とルーベン・ネーベス(ポルト)である。

彼らが2016年最高の若手選手の名誉を争うライバルにはそうそうたる顔ぶれが揃った。レナトと入れ替わる形で今季バレンシアからベンフィカに加わった元U-20ブラジル代表キャプテン、ダニーロ・シウバ。マンチェスター・ユナイテッドのラシュフォードやリオ五輪を制覇したインテルのガブリエル・バルボーザ。17歳でイタリア代表にも選ばれたミランGKドンナルンマなど、彼ら3選手に負けじと劣らない同世代のスーパースターが名を揃えた。

イタリアメディア『Tuttosport』が2003年に創設したゴールデン・ボーイ賞は、世界的名プレーヤーの登竜門として知られている。これまで選ばれたのはウェイン・ルーニー(2004)やリオネル・メッシ(2005)、マリオ・バロテッリ(2010)にポール・ポグバ(2013)など、現在も話題に事欠かない名選手がズラリ。昨季はマンチェスター・ユナイテッドに大型移籍し賛否両論を集めたマルシャルが選出された。

ポルトガル贔屓のふとぽるが選ぶゴールデン・ボーイ最右翼は、ゴンサロ・グエデスやルーベン・ネーベスと比べ、頭ひとつ飛び出た実績を誇るレナト・サンチェス。ベンフィカのトップチームデビューから僅か半年でポルトガル代表で欧州王者に輝き、世界最高のクラブであるバイエルンに行き着いた同選手の受賞に期待したい。

©FutePor -ふとぽる-

敏腕代理人ジョルジ・メンデスが、ユベントスにルーベン・ネーベスを推薦か

『O JOGO』

ポルトガルが誇る敏腕代理人ジョルジ・メンデスが、ポルトのMFルーベン・ネーベスをユベントスに推薦したようだ。イタリアメディア『Tuttosport』が報じた。

今季、チームのトップスター ポール・ポグバをマンチェスター・ユナイテッドに売却したユベントス。ジョルジ・メンデスは、その空いたポジションに、ポルトで最年少キャプテンを務めポルトガル代表にも選ばれた経験のある注目の若手選手を紹介した。

19歳のルーベン・ネーベスには、4000万ユーロの違約金が設定されている。すでにイグアインという大きな買い物をしたユベントスだが、その選択やいかに。

©FutePor -ふとぽる-