タグ別アーカイブ: ルーベン・ネーベス

ユベントスがポルトの3選手に興味。今季急成長オタービオの名前も

『O JOGO』

イタリア王者ユベントスが、ポルトの3選手に興味を示しているようだ。『Tuttosport』が報じた。

ユベントスが獲得に関心を抱いたのは、ポルトガル期待の若手MFルーベン・ネーベスと、現在チームでキャプテンの一角を担うメキシコ代表エクトル・エレーラ、そして今季よりポルトに復帰し、レギュラーを奪取したブラジル人FWオタービオ・モンテイロだ。

人気銘柄であるネーベスとエレーラへの関心を昨季から度々報じられていたが、オタービオの名前が挙がったのは今回が初。今季ビトーリア・ギマランエスへのレンタルからポルトに復帰した21歳の同選手は、並み居る強力ライバルをよそ目に、11試合に出場。早速チームのレギュラーに定着している。

前ブラジル代表監督ドゥンガからもブラジル代表になりうる人材と讃えられたオタービオ。早速メガクラブへのステップアップが実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

40名のゴールデン・ボーイ候補にポルトガル人3選手が選出!ふとぽるのイチオシはもちろん…

『Público』

ヨーロッパでプレーする21歳以下の若手選手からNo.1を決める「ゴールデン・ボーイ」賞の2016年候補者が発表され、40名の中に3名のポルトガル人が選出された。

その3名とは、EURO2016で母国の優勝に貢献した当時18歳のスーパーボーイ、レナト・サンチェス(ベンフィカ→バイエルン)。そして、U-21ポルトガル代表の常連であり、昨季はA代表にも呼ばれたゴンサロ・グエデス(ベンフィカ)とルーベン・ネーベス(ポルト)である。

彼らが2016年最高の若手選手の名誉を争うライバルにはそうそうたる顔ぶれが揃った。レナトと入れ替わる形で今季バレンシアからベンフィカに加わった元U-20ブラジル代表キャプテン、ダニーロ・シウバ。マンチェスター・ユナイテッドのラシュフォードやリオ五輪を制覇したインテルのガブリエル・バルボーザ。17歳でイタリア代表にも選ばれたミランGKドンナルンマなど、彼ら3選手に負けじと劣らない同世代のスーパースターが名を揃えた。

イタリアメディア『Tuttosport』が2003年に創設したゴールデン・ボーイ賞は、世界的名プレーヤーの登竜門として知られている。これまで選ばれたのはウェイン・ルーニー(2004)やリオネル・メッシ(2005)、マリオ・バロテッリ(2010)にポール・ポグバ(2013)など、現在も話題に事欠かない名選手がズラリ。昨季はマンチェスター・ユナイテッドに大型移籍し賛否両論を集めたマルシャルが選出された。

ポルトガル贔屓のふとぽるが選ぶゴールデン・ボーイ最右翼は、ゴンサロ・グエデスやルーベン・ネーベスと比べ、頭ひとつ飛び出た実績を誇るレナト・サンチェス。ベンフィカのトップチームデビューから僅か半年でポルトガル代表で欧州王者に輝き、世界最高のクラブであるバイエルンに行き着いた同選手の受賞に期待したい。

©FutePor -ふとぽる-

敏腕代理人ジョルジ・メンデスが、ユベントスにルーベン・ネーベスを推薦か

『O JOGO』

ポルトガルが誇る敏腕代理人ジョルジ・メンデスが、ポルトのMFルーベン・ネーベスをユベントスに推薦したようだ。イタリアメディア『Tuttosport』が報じた。

今季、チームのトップスター ポール・ポグバをマンチェスター・ユナイテッドに売却したユベントス。ジョルジ・メンデスは、その空いたポジションに、ポルトで最年少キャプテンを務めポルトガル代表にも選ばれた経験のある注目の若手選手を紹介した。

19歳のルーベン・ネーベスには、4000万ユーロの違約金が設定されている。すでにイグアインという大きな買い物をしたユベントスだが、その選択やいかに。

©FutePor -ふとぽる-

モウリーニョ、チェルシー時代から狙う母国若手MFのマンU引き抜きを望む

『O JOGO』

スペインメディア『AS』によると、マンチェスター・ユナイテッドの新監督ジョゼ・モウリーニョが、ポルトのU-21ポルトガル代表MFルーベン・ネーベスの獲得を画策しているようだ。

同メディアによると、モウリーニョがクラブに提示した獲得リストには、GKロリスやCBバラン、FWグリーズマン、カバーニらが記載されており、その中に同郷MFネーベスの名が含まれているという。

モウリーニョは、昨季チェルシーを率いた際にCLで対戦したネーベスを当時から追っていた。古巣ポルトで名を馳せる期待の若手MFを獲得した場合、ドルトムントから補強したムヒタリアンに続いての大型補強となる。

©FutePor -ふとぽる-

ルーベン・ネーベスと9選手。モウリーニョがマンUへ連れて行く10名のリスト

『SAPO Desporto』

来季のマンチェスター・ユナイテッド行きが噂されるジョゼ・モウリーニョ。すでに次なるシーズンを見据え、10名の選手リストを作成しているという。

かつてレアルやチェルシーで指揮したスターや当時から関心を寄せていた大物選手が多く含まれたこのリスト。今冬解任されたチェルシー時代にも追い続けていた母国注目の若手MFルーベン・ネーベスも掲載されているようだ。同選手は、ポルトと2019年までの契約を結び、4000万ユーロの違約金が設定されているが、果たして、莫大な資金を携えて、モウリーニョがユナイテッドにこのヤングスターを連れて行くことがあるのだろうか。

以下、モウリーニョがマンチェスター・ユナイテッドに連れて行くと噂される10名のリスト

バラン(レアル・マドリード)
ジョン・ストーンズ(エバートン)
スナイデル(ガラタサライ)
シェイマス・コールマン(エバートン)
ルーベン・ネーベス(ポルト)
レミー(チェルシー)
ハリー・ケイン(トッテナム)
グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
カバーニ(パリ・サンジェルマン)
マット・ミアガ(チェルシー)

©FutePor -ふとぽる-