タグ別アーカイブ: レアル・マドリード

コエントラン、スポルティングへの「禁断の移籍」が間近に。残すは詳細を詰めるのみか

『zerozero.pt』

レアル・マドリードの元ポルトガル代表SBファビオ・コエントランのスポルティングへの「禁断の移籍」がいよいよ現実味を帯びて来た。

ポルトガルメディア『zerozero.pt』によると、コエントランのスポルティングへの移籍は、あとは契約の詳細を詰めた後、メディカルチェックを受けるのみであるという。また同メディアは、レアル側がコエントランの給料の80-90%を負担することでクラブ間合意に達したとも報じている。

仮にスポルティングへの移籍が実現した場合、ベンフィカ出身のコエントランにとっては、ライバルへの「禁断の移籍」となる。しかし同時に、本移籍はベンフィカ時代の恩師ジョルジ・ジェズスとの再会も意味する。世界一の名門レアル・マドリードへのステップアップの力になってくれた恩師のもと、かつての輝きを取り戻せるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

コエントラン、スポルティングへ禁断の移籍も。レアルは90%の年俸を払うことにも好意的

『zerozero.pt』

レアル・マドリードに所属する元ポルトガル代表LSBファビオ・コエントランのスポルティング移籍がにわかに現実味を帯びてきた。

『O JOGO』によると、レアルとスポルティングはすでにコエントランの移籍に関して対談の場を設け、1年のレンタルともう1年の延長オプションが付けられた契約で話が進んでいるようだ。さらに、最大で2年間に及ぶレンタル期間中は、レアルが同選手の年俸の90%を支払うことにも好意的な姿勢を示しているという。

コエントランはすでにスポルティング会長ブルーノ・デ・カルバーリョと、元恩師ジョルジ・ジェズスを交え対談。かりに移籍が実現すれば、コエントランにとっては2007-11シーズンにジョルジ・ジェズスに率いられたベンフィカ時代以来となるポルトガル復帰に。恩師に誘われ、禁断の移籍を実現させるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

クリロナ、レアルを苦しめたポルトガル代表の同僚をペレス会長に推薦か

『Record』

レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドが、フロレンティーノ・ペレス会長にポルトガル代表の同僚FWジェウソン・マルティンスの獲得を進言したようだ。『Diario Gol』が報じた。

ジェウソン・マルティンスは、今季スポルティングで中心選手としての地位を確立し、ポルトガル代表にも定着した注目の若手選手。今季のCLでは、グループステージでレアル・マドリードと対戦し、サンティアゴ・ベルナベウで行われた一戦ではレアル守備陣を大混乱に陥れた。レアルは、プレミアリーグ移籍が報じられるハメス・ロドリゲスやガレス・ベイルの後釜となる前線の選手を探しており、クリスティアーノが代表のチームメイトをクラブ会長に推薦したようだ。

しかし、クリスティアーノの一言で同選手の獲得が決まるほど簡単ではなく、すでに多くのビッグクラブが関心を寄せている。それは、ライバルであるバルセロナとアトレティコ・マドリードや、マンチェスター・ユナイテッドとシティ、バイエルンにパリ・サンジェルマンなど錚々たる面々である。

現在22歳のジェウソンは、スポルティングとの契約を2022年まで保持。違約金は6000万ユーロに設定されている。クリスティアーノ・ロナウドの後押しを受けたレアルは、競合との獲得競争に勝ち、チームのエースを満足させられるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

コエントラン、恩師が残留ならスポルティングへレンタル移籍か。レアルも交渉に応じる構え

『A BOLA』

レアル・マドリードに所属するファビオ・コエントランに、来シーズンに母国へ復帰する噂が浮上した。行き先として報じられているのは、恩師が率いるスポルティングだ。

『A BOLA』によると、スポルティングを率いるジョルジ・ジェズス監督は、2009-11シーズンにベンフィカで指揮した教え子のレンタル加入を願っており、レアル側も移籍交渉に応じる構えがあるという。

ただし、移籍交渉の鍵は教え子の加入を望む監督自身が握っている。ジョルジ・ジェズスには、来季スポルティングを退団するとの報道がされており、コエントラン自身は、恩師がいなければ、ベンフィカ時代のライバルチームに加わる意思はないと考えているようだ。

もし名将が去ればチーム力の低下は避けられないスポルティングだが、同監督の慰留は母国のスーパースターを確保する上でも、果たさなければならないミッションとなった。

©FutePor -ふとぽる-

レアルでの10年間に別れ?ぺぺの新天地はイタリアで交渉は順調か

『O JOGO』

レアル・マドリードに所属するポルトガル代表DFぺぺに、今季限りで10年間過ごしたクラブを去る可能性が浮上。そして、新天地の有力候補としてイタリアの名前が挙がった。

『Sky Italia』によると、ぺぺの移籍先として有力なのはインテルであるようだ。金曜日には、すでに代理人ジョルジ・メンデスがクラブ幹部と話し合いの場を設け、交渉は順調に進んでいるという。また、選手自身も、イタリア移籍に対して好意的であると報じられている。

今季、レアルが提示したわずか1年の契約延長オファーをすでに2度断っているぺぺ。長年過ごしたマドリードへ別れを告げる時が近づいているのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-