タグ別アーカイブ: レアル・マドリード

コエントラン、来季は古巣ベンフィカへ復帰?レアルでは6シーズンにわたりプレー

『O JOGO』

レアル・マドリードの元ポルトガル代表LSBファビオ・コエントランに、来季の古巣ベンフィカ復帰の噂が浮上している。

モナコへのレンタルを終え、レアルへ復帰したコエントランだが、怪我の影響もあり、今季の試合出場は4試合のみ。スペインメディア『Sport』は、来季レアルがチームの改革を実行することを予想しており、人員整理の対象に2019年まで契約を残すコエントランも含まれているようだ。そこで、出場機会を求めるコエントランに、6年間プレーしたレアルを離れ、愛する古巣への復帰の噂が浮上した。

現在29歳のコエントランは、2007年にベンフィカへ加入。2009年にジョルジ・ジェズス監督に抜擢されようやくレギュラーの座を掴み、3000万ユーロという高額な移籍金で銀河系軍団の一員となっていた。

©FutePor -ふとぽる-

レアル、ポルトCB獲得に3500万ユーロを 用意か。すでに口頭合意に達したとの報道も

『zerozero.pt』

レアル・マドリードが、ポルトに所属するブラジル人CBフェリペの獲得に向け前進しているようだ。

スペインメディア『AS』によると、レアルは同選手の移籍に関し、すでに口頭合意に達したようだ。27歳のフェリペをポルトガル代表ぺぺの後継者として注目しており、3500万ユーロの移籍金を支払う用意があるという。

フェリペは今夏、コリンチャンスからポルトへ加入。1年目から、ベンフィカと首位を巡って争うポルトで守備の中心選手として活躍している。

©FutePor -ふとぽる-

クリスティアーノ・ロナウド、未来の代表エースFWの獲得をクラブ会長に提言か

『SAPO Desporto』

レアル・マドリードに所属するクリスティアーノ・ロナウドが、ポルトガル代表のチームメイトの加入を望んでいるようだ。

『A BOLA』によると、クリスティアーノ・ロナウドは、ポルトで10番を背負う21歳の若手FWアンドレ・シウバの獲得を、フロレンティーノ・ペレス会長に提言したようだ。同選手は、サポーターから満足されていないカリム・ベンゼマに代わる選手として、度々レアル移籍が報じられており、昨夏には移籍に関してレアルと個人合意に達したという報道もされていた。

アンドレ・シウバは、今季よりポルトのAチームに定着し、いきなり10番を背負ってチームのエースとして活躍。ここまで35試合に出場して20ゴールを記録している。また、今季デビューしたポルトガル代表でもワントップとして定着し始め、すでにハットトリックを記録するなど、将来のエース候補として注目されている。

©FutePor -ふとぽる-

レアルがぺぺの後釜としてポルトCBに興味。実現すればまたも「大儲け」に

『SAPO Desporto』

レアル・マドリードが、ポルトに所属するブラジル人CBフェリペに関心を寄せているようだ。

『O JOGO』によると、レアルは、今季限りで契約を終えるポルトガル代表CBぺぺに代わる存在として、フェリペの獲得に興味を抱いている。同選手の代理人はすでにレアル側と会話の場を設けており、ジネディーヌ・ジダン監督にも、スカウトが選手の特徴を網羅した報告書が上がっているという。レアルは、2月にフェリペの視察にスカウトを送り込み、それ以来同選手への関心を持つようになったようだ。

今季コリンチャンスからポルトへ加入したフェリペは、ここまでチームの守備の要として、リーグ2位に貢献。加入した際の移籍金は620万ユーロであったが、現在クラブは違約金を5000万ユーロに設定しており、交渉次第では、売買上手なポルトがまたも大金を得る可能性がある。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガル代表次期エース、アンドレ・シウバがレアルと合意?英メディアが報じる

『SAPO Desporto』

イギリスメディア『Daily Star』によると、ポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバが、来夏のレアル・マドリードへの移籍に個人合意したようだ。

現在21歳のアンドレ・シウバは、ポルトで10番を背負うポルトガル代表の次世代のエース。今季ポルトと2021年まで契約を延長し、違約金は6000万ユーロに設定されている。同メディアによると、レアルは来季2017年の夏にアンドレ・シウバが加入することで合意しているというが、移籍の実現に向けた障害はこの高額な違約金になりそうだ。レアルは5800万ユーロを用意しているようで、ポルトが望む金額とは200万ユーロの開きがある。

ちなみに、アンドレ・シウバには他にもアーセナルが強い関心を寄せているが、同クラブが用意する移籍金は2300万ユーロとされており、獲得競争はレアルがリードしそうだ。

2017年の6月まで選手の獲得を禁止されているレアル。果たして、解禁後1発目の大物獲得はこのポルトガルの新エースとなるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-