タグ別アーカイブ: レアンドロ・フレイレ

エストリルの新監督はビラス・ボアスの元アシスタントか。あの現Jリーガーを率いた過去も

『O JOGO』

ペドロ・カルモーナ監督の解任を発表したエストリルの新監督候補として、現在はフリーであるペドロ・エマヌエルが有力となった。ポルトガルの複数メディアが報じた。

今季はファビアーノ・ソアレス監督を途中解任し、その後任としてペドロ・カルモーナに指揮を任せたエストリルだが、クラブの英雄マルコ・シウバ(現ハル・シティ監督)がリーグ4位に導いた栄光も今は昔。同監督退任後は年々順位を落とし、今季はここまで降格圏目前の15位に沈んでいる。

そんなエストリルが、1部残留の切り札として白羽の矢を立てたのが、42歳のペドロ・エマヌエル。同監督はアカデミカやアロウカなどポルトガルの弱小クラブを残留に導いた経歴を持ち、今季途中にキプロスのアポロン・リマソールの監督を退任していた。ちなみに、アポロンでは、今冬に清水エスパルスへ加入したレアンドロ・フレイレを指揮していた。

選手として、ポルト時代にジョゼ・モウリーニョの指導を受け、引退後には愛するクラブでアンドレ・ビラス・ボアスのアシスタントコーチを務めるなど、華やかな経歴を持つペドロ・エマヌエル。エストリルを残留に導き、クラブがマルコ・シウバ以来渇望する新たな英雄となれるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

シャービスがレアンドロ・フレイレの清水エスパルス移籍を正式発表!

『Record』

ポルトガル1部リーグ所属シャービスが、ブラジル人CBレアンドロ・フレイレの移籍に関し、清水エスパルスと完全移籍で合意したことを、クラブのfacebookにて正式に発表。O JOGOやRecordを始めとする現地主要メディアも一斉に報じた。

先月1月23日のナシオナル戦後に、「清水エスパルスに行く」と明言していたフレイレ。オフシーズンを過ごし、いよいよ移籍が正式に決定。残すは、来日と清水エスパルス側の正式発表のみとなった。

2部昇格組ながらポルトガルリーグで奮闘したシャービスの守備の要がいよいよ来日。清水エスパルスのディフェンスリーダーとしても期待がかかる。

©FutePor -ふとぽる-

レアンドロ・フレイレ本人が明言!「日本の清水に行く」シャービスへの別れの挨拶も

『maisfutebol』

2-0の勝利にフル出場で貢献したナシオナル戦後、シャービスのブラジル人CBレアンドロ・フレイレがインタビューに応じ、日本の清水エスパルスへの移籍を明言した。また、半年間を過ごしたシャービスへの別れともとれる言葉を残した。

「常にポジティブな結果を残せるよう、シーズンを通じてチームとして取り組んできた。リーグでは6位に到達でき、目標としていた勝ち点40との距離を縮めることもできた。チームはとてもよくプレーしている。それこそが重要なことなんだ」

「ここは僕にとって、素晴らしいホームだ。僕を受け入れてくれた全員に感謝したい。サポーター、クラブ、そして選手たちからも愛情を感じている。素晴らしいグループであり、こんなにもいいチームは僕のキャリアで見たことがなかった。シャービスを応援し続けるよ。未来は神だけが知っているけれど、いつの日か戻ってきたい」

「僕は日本の清水でプレーする」

連日の報道通り、ついに清水エスパルスへの移籍を明言したレアンドロ・フレイレ。シャービスでのおそらく最終戦を終え、いよいよチームのディフェンスリーダーが来日する。

©FutePor -ふとぽる-

フル出場のナシオナル戦後、レアンドロ・フレイレがシャービス退団を認める

『zerozero.pt』

月曜日に行われたシャービス対ナシオナル戦にフル出場を果たし、2-0の勝利に貢献したレアンドロ・フレイレが、『zerozero.pt』のフラッシュインタビューに対し、クラブからの退団を認めたようだ。

先日は『A BOLA』がすでに日本へ発ったことを報じたが、このナシオナル戦に招集されたことで、フレイレの来日は一旦保留となっていた。しかし、試合後選手自身が退団を認めたということで、今後移籍が加速する可能性が高いとみられる。

ただし、移籍先の明言は避けたというフレイレ。報道通り、Jリーグ、また清水エスパルスへ加入するのかどうかは、まだ分からないといった状況だろう。

©FutePor -ふとぽる-

日本へ発ったと報道されたレアンドロ・フレイレの来日はまだ。月曜日のナシオナル戦に招集へ

『A BOLA』

シャービスを率いるリカルド・ソアレス監督が、今夜月曜日の現地時間20時(日本時間で24日火曜日の5時)ポルトガルリーグ第18節ナシオナル戦に臨むメンバーを発表し、清水エスパルスへの移籍が噂されるレアンドロ・フレイレもリスト入りした。

先日は『A BOLA』が、シャービスが新CBヌーノ・アンドレ・コエーリョを獲得した際に「Simzuへ発ったレアンドロ・フレイレの穴を埋める補強」と報じていたが、フレイレの来日はまだ実現していないようだ。

日本でも日に日にJリーグ加入への期待が高まってきたレアンドロ・フレイレ。一旦は所属チームの試合に出場することになったが、果たしてその後の動向はどうなることだろう。ふとぽるでは、引き続き同選手の移籍の動きに注目していく。

m.abola.pt/noticia.aspx?id=652208

©FutePor -ふとぽる-