タグ別アーカイブ: ロドニー・サンパイオ

ウルブス、残り20%のひと押しを断念へ。中島翔哉、今季末まで残留の可能性

『zerozero.pt』

ウルバーハンプトンへの移籍が「80%」と迫っていた中島翔哉だったが、移籍の実現が困難になりつつあるようだ。すでにウルバーハンプトンは移籍交渉を進めることを断念し、ポルティモネンセは中島翔哉の「残留」という選択肢を見据えつつあるという。

先日、地元ラジオに対して、「中島のウルバーハンプトン移籍の可能性は80%」と語っていたポルティモネンセ会長ロドニー・サンパイオ氏が、新たにポルトガルメディア『Record』に対して、下記のように語ったという。

「先週、中島のウルバーハンプトン移籍成立まで残すところ20%と言ったが、あれから何らかの進展はない。より良い条件を提示できるクラブだって現れ得る」

「中島の今季末までの残留も、よりよい選択肢のうちのひとつだ。彼がアジア杯を戦い、その価値をさらに高めてくれることを信じているからだ」

あくまでも、2000万ユーロ、または報道によっては4000万ユーロとも言われている違約金満額の支払いを求めるポルティモネンセ。アジア杯という見本市を控える中、中島の売却益をさらに増やそうという魂胆が垣間見える。ポルティモネンセ側の評価額ばかりが高まり、世界各国の強豪クラブが支払うに値しないと判断する金額にまで上り詰めてしまうことだけは避けてほしいところだ。

©FutePor -ふとぽる-

中島翔哉、やはり超高額違約金がネックに。ポンテ副会長「まだ具体的なものはない」

『O JOGO』

今冬の移籍市場での移籍が噂されているポルティモネンセFW中島翔哉だが、移籍の実現に向けたハードルはいまだ高いようだ。ポルトガル大手サッカーメディア『O JOGO』によると、多くの強豪クラブが中島の獲得に関心を寄せながらも、ポルティモネンセを納得させるだけのオファーは一切届いていないようだ。

同メディアによると、中島の獲得に興味を寄せているのは、度々報じられてきたポルトガルの3強のほか、シャフタール、サウサンプトン、セビージャ、パリ・サンジェルマンなど。先日は、クラブ会長ロドニー・サンパイオ氏が、地元メディアに対して「ウルバーハンプトン移籍の可能性は80%」と語っていたが、実現に向けた残り20%、すなわち、違約金満額の支払いがいまだネックとなっているようだ。

中島に設定されている違約金は、2000万ユーロなど様々な説がある中、『O JOGO』は4000万ユーロと報道。違約金満額の支払いを求めるポルティモネンセの要求額に応えるクラブが皆無であることを、副会長ロブソン・ポンテの下記コメントとともに報じている。

「たくさんのコンタクトがあるし、いくつかのオファーももらっている。しかし具体的なものはない」

確かに中島翔哉の活躍ぶりには眼を見張るものがあるのは事実だが、ポルトガルの中位クラブで活躍しているだけの選手を、ヨーロッパの強豪クラブが2000〜4000万ユーロもの大金を叩いて即買いすることは、にわかには考えにくい。ポルト、ベンフィカ、スポルティングなど3強で活躍した、未来のスターの卵ですら、2000万〜高くて3000万ユーロ代での移籍が通常であり、ポルトガルリーグのいち選手に4000万ユーロの買取額がつくことは極めて異例なケースと言える。

「ウルバーハンプトンへの移籍の可能性が80%」と言えば、一見すると確かに実現性は高そうにも見えるが、ポルティモネンセの強硬姿勢を鑑みると、残り20%の壁は文面以上に分厚いものなのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

過熱するポルトの中島翔哉・パウリーニョ「ダブル獲り」報道。ポルティモネンセ会長がその真相を明かす!

『maisfutebol』

ポルトが、ポルティモネンセのブラジル人MFパウリーニョと、日本人FW中島翔哉の1月中の「ダブル獲得」を目指しているという報道が複数のポルトガルメディアにより報じられ、またも移籍報道が過熱している。そんな中、『maisfutebol』がポルティモネンセ会長からのコメントを入手。パウリーニョと中島の移籍騒動の真相について口を開いたその内容を報じた。

『maisfutebol』によると、両クラブの交渉は「かなり進んでいる」ようだ。ポルティモネンセの最大株主であり、所属選手の代理人も務めるテオドロ・フォンセッカが直接移籍交渉に携わり、クラブ会長ロドニー・サンパイオも、移籍成立の断言は避けたものの「今月末までに全ては起こり得る」と移籍の可能性が否定できないことをほのめかした。

ポルティモネンセが今月中に2代看板のうちのどちらか、または、両方をポルトに手放す可能性が、次第に現実味を帯びて来た。特に、パウリーニョは2019年6月まで契約を残し、違約金が2000万ユーロと高額に設定されていることから、ポルトは買い取りオプション付きのレンタル移籍を目指すなど具体的に報じられており、同メディアも「パウリーニョはレンタルでポルトへ向かう」と半ば断定的な表現で記載。一方で、中島翔哉については、「より複雑な状況にある」と記載し、ポルティモネンセが800万ユーロのオファーを拒否したことを引き合いに出し、「ポルトにとっては受け入れるのが難しい投資」が必要であるとした。中島の移籍については、サンパイオ自身も「中島はもう20回くらい売られたことになっているね(笑) もしポルトが引き抜きたいなら、(違約金を)支払わなければならないのは自然なこと」と、あくまでも違約金満額を満たすオファー以外は認めない姿勢を貫いた。

両クラブの対話は今後数日間は続けられる模様。パウリーニョのレンタル移籍は現実性が高まって来たが、中島翔哉の移籍についてはまだ様子見といったところだろう。しかし、ポルトとの移籍交渉は実際に行われており、しかも前進の兆しを見せていることが今回の報道で明らかになった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルティモネンセ会長、ついに中島の移籍に言及「留めたいが難しい。違約金が支払われれば…」

『maisfutebol』

ベンフィカやポルト、ウォルフスブルクからの関心が伝えられている中島翔哉。日に日に移籍の噂が過熱しているが、ついにポルティモネンセ会長ロドニー・サンパイオ氏が、同選手の移籍について口を開いた。

『maisfutebol』によると、すでにポルティモネンセはレンタル先であるFC東京から、中島の保有権を全て買い取ったようだ。サンパイオ氏によると、「1月末までは1000万ユーロの違約金が設定されており、その後は2000万ユーロに上がる」という。また、退団の可能性については、「我々は彼を留めたいと思っているが、それは難しいことになるだろう。すでに800万ユーロのオファーを拒否している。宝は誰かが違約金を支払ったときのみ、ここを去る」と語り、中島の違約金である1000万ユーロを支払うクラブが現れた場合、同選手の放出はやむを得ないことを暗示した。

中島の違約金が、2月からは2000万ユーロになることを鑑みると、この冬、1000万ユーロのうちに具体的なオファーを差し出すクラブが現れるかもしれない。その場合は、ポルティモネンセとしても拒否することは難しいようだ。

©FutePor -ふとぽる-