タグ別アーカイブ: 中島翔哉

ポルティモネンセ中島翔哉、ポルトガルリーグ11-12月のベストFWに選出!

ポルティモネンセ中島翔哉が、ポルトガルリーグの公式サイトにて投票される11-12月期のベストFWに選出された。

ポルトガルリーグの公式Twitterが各ポジションの最優秀選手を発表。中島は、ベンフィカのジョナス、ポルトのヤシン・ブライミらとベストFWの座を争ったが、見事に栄誉を射止めた。ポルティモネンセからは、中島の他にも、ベストMFにデネル、ベスト監督にビトール・オリベイラが揃って選出され、チームとしてのパフォーマンスが評価された格好となった。

なお、ベストGKにはスポルティングのポルトガル代表ルイ・パトリシオ、ベストDFにはスポルティングのコアテス、全体のMVPにはベンフィカのジョナスが選出された。中島は全体MVPでは、ジョナスとポルトのバンサン・アブバカルに次ぐ3位であった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガルリーグ11-12月のMVPはジョナス!気になる中島翔哉の順位は?

『Record』

ポルトガルリーグ11-12のMVPに、ベンフィカのエースFWジョナスが選出された。

ジョナスは、11月26日にベンフィカがビトーリア・セトゥバル相手に6-0で大勝した試合で2ゴールを決めるなど、当該期間で3ゴールの活躍。現在は、2位バス・ドストを5ゴール上回る15ゴールで、得点ランキングのトップを走っている。

今回のMVP投票にあたり、ジョナスは18.7%を獲得。2位バンサン・アブバカル(ポルト)の11.7%、3位中島翔哉(ポルティモネンセ)の9.1%を大きく上回った。

ポルティモネンセ中島は惜しくも第3位に。それでも、トンデーラ戦で決めた2ゴールなどが評価され、見事MVP目前までたどり着いた形となった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルティモネンセ中島翔哉が11-12月の最優秀FW候補に選出!2強のエースと並ぶ

『O JOGO』

ポルティモネンセに所属する中島翔哉、デネル、ビトール・オリベイラの3名が、それぞれ、ポルトガルリーグ11-12月期の最優秀FW、MF、監督候補に選出された。投票はリーグのオンラインサイトにて明日12月6日まで行われる。

最優秀FWには、中島の他、ポルトのアルジェリア代表FWヤシン・ブライミと、暫定得点王に位置する元ブラジル代表のベンフィカFWジョナスがノミネート。最優秀MFには、デネルの他、ポルトのメキシコ代表エクトル・エレーラとベンフィカのクロビノビッチがノミネート。最優秀監督には、ビトール・オリベイラの他、スポルティングのジョルジ・ジェズスとブラガのアベル・フェレイラがノミネートされている。

©FutePor -ふとぽる-

最多シュートを放った中島翔哉を現地メディアが評価「対戦相手の悩みのタネに」

『maisfutebol』

ポルトガルリーグ第13節、ポルティモネンセはアウェイで最下位に沈むエストリルと対戦し、得点を奪えずスコアレスドローに終わった。中島翔哉は84分に交代するまでポルティモネンセの攻撃を牽引し、この試合最多となるシュートを放つなど躍動した。

この活躍ぶりから、ポルトガルメディア『maisfutebol』は、この日活躍した選手の1人として中島を選定。以下のように評価した。

「この日本人は、今日の試合でも対戦相手にとって悩みのタネであった。速いこと、プレーがはっきりしていること、そしてフィニッシュのシーンで素晴らしいポジション取りをするために隠れる能力(マークを外す能力)などがその要因だ。2度ほどモレイラ(エストリルGK)に迫り危険なシュートを打ち、遠距離からポストギリギリのシュートも放った」

スコアレスドローに終わりながらも、ポルティモネンセの攻撃の中心として活躍する中島翔哉への注目度は変わらず高いようだ。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガルリーグ8戦6発の中島翔哉にフランスリーグの2クラブが関心か

『zerozero.pt』

トンデーラ戦で2ゴールを決め、ポルトガル移籍後リーグ8試合で6ゴールと絶好調のポルティモネンセ中島翔哉に、フランスリーグから熱視線が注がれているようだ。

『Record』によると、サンテティエンヌとボルドーの2クラブがポルティモネンセ対トンデーラの一戦にスカウトを派遣しており、2ゴールを決めた中島翔哉について良い印象を抱いたという。

今夏、FC東京からレンタルで加入した中島翔哉に対し、ポルティモネンセは20%の保有権を持っているが、同選手の活躍ぶりから、シーズン末に残りの保有権を買い取る可能性は高い。また、ポルトガル国内の他クラブが関心を寄せる可能性もあり、国内外のクラブが中島の争奪戦を繰り広げることは十分に考えられるだろう。

©FutePor -ふとぽる-