タグ別アーカイブ: 中島翔哉

ポルティモネンセ会長、ついに中島の移籍に言及「留めたいが難しい。違約金が支払われれば…」

『maisfutebol』

ベンフィカやポルト、ウォルフスブルクからの関心が伝えられている中島翔哉。日に日に移籍の噂が過熱しているが、ついにポルティモネンセ会長ロドニー・サンパイオ氏が、同選手の移籍について口を開いた。

『maisfutebol』によると、すでにポルティモネンセはレンタル先であるFC東京から、中島の保有権を全て買い取ったようだ。サンパイオ氏によると、「1月末までは1000万ユーロの違約金が設定されており、その後は2000万ユーロに上がる」という。また、退団の可能性については、「我々は彼を留めたいと思っているが、それは難しいことになるだろう。すでに800万ユーロのオファーを拒否している。宝は誰かが違約金を支払ったときのみ、ここを去る」と語り、中島の違約金である1000万ユーロを支払うクラブが現れた場合、同選手の放出はやむを得ないことを暗示した。

中島の違約金が、2月からは2000万ユーロになることを鑑みると、この冬、1000万ユーロのうちに具体的なオファーを差し出すクラブが現れるかもしれない。その場合は、ポルティモネンセとしても拒否することは難しいようだ。

©FutePor -ふとぽる-

ベレネンセスとドローも、現地メディアが中島翔哉を最も際立った選手に選出。関心を寄せるドイツ1部クラブも判明

『maisfutebol』

ポルトガルリーグ第16節、ポルティモネンセは、ベレネンセスと対戦し、スコアレスドローに終わった。

その中でも、ポルトガルメディア『maisfutebol』は、最も際立っていた選手に、この日フル出場を果たした中島翔哉を選定。下記のように、中島の活躍ぶりを「違うリズム」と評価した。

「ウォルフスブルクとベンフィカからの関心が伝えられた日本人は、常に動き回り、チームを加速させた。試合は、トランジションの場面で硬さがあったポルティモネンセにとって思う通りには進まなかった。中島はボールを触る機会こそ少なかったが、ボールを持ったときには常に、リズムで違いを作り出し、すでにいくつかのゴールを決めてきた危険なダイアゴナルな動きでゴールに迫ろうとしていた。中盤からの速攻のシーンでは、得点間近であった」

ちなみに、すでにドイツ1部クラブが中島翔哉にオファーを出したがポルティモネンセ側に断られていたという報道がされていたが、どうやらそのクラブは、かつて長谷部誠が所属したウォルフスブルクであったようだ。この日最も目立った選手の評価記事から、中島に関心を寄せていたクラブも判明する形となった。

©FutePor -ふとぽる-

ドミンゴス・パシエンシアがポルティモネンセ攻撃陣を警戒「パウリーニョと中島は困難を作り出す」

『maisfutebol』

ポルトガルリーグ第16節、ポルティモネンセとの一戦に臨むベレネンセスのドミンゴス・パシエンシア監督が記者会見に応じ、敵攻撃陣への警戒心をあらわにした。

「パウリーニョと中島は、インスピレーションがある状態で、困難を作り出す。それは3強との試合で見られた通りだ」

ドミンゴス・パシエンシアといえば、かつてポルトのエースナンバー9番を背負ったクラブのレジェンドFW。2010年にはブラガを率いてELで準優勝に輝いた実績のある監督であり、中島が出場したリオ五輪でポルトガル代表の9番としてグループステージ3戦全発を記録したゴンサロ・パシエンシアの父親でもある。

パウリーニョと中島翔哉は、ポルトのレジェンドFWを前に、その評価に違わずゴールを決め、存在感を発揮できるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

「憧れ」のポルトが中島翔哉の獲得レースに参戦!宿敵ベンフィカを一歩リードか

『zerozero.pt』

現在ポルトガルリーグで首位を走るポルトが、ポルティモネンセの日本人FW中島翔哉の獲得レースに参戦したようだ。ポルトガルメディア『zerozero.pt』が報じた。

同メディアによると、ポルトはすでにポルティモネンセとの交渉を開始し、この冬の移籍市場で中島の獲得を目指すようだ。まずはレンタルで中島を獲得し、シーズン終了後の買取オプションが付けられる契約を試みているという。ただし同メディアは、交渉を進めるためには、ポルティモネンセがFC東京の持つ残り80%の保有権を買い取る必要があるとも記述している。

先日は、リーグ4連覇中の王者ベンフィカからの興味が現地メディアにより伝えられたが、中島の獲得競争はポルトが一歩リードしているようだ。というのも、ポルトとポルティモネンセは良好な関係を築いており、それが交渉を進める上で決定的な要因になり得るという。

現地メディアに対し、「ポルトでプレーしたい」と語っていた中島。その夢は叶うのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポルティモネンセ中島翔哉が、ポルトではなくベンフィカに行くべきたった2つの理由

ポルティモネンセの中島翔哉は、現在ポルトガルメディアを大いに賑わす最注目選手の1人である。「ポルティモネンセがドイツ1部クラブからの中島へのオファーを拒否した」とのニュースを皮切りに、中島本人が答えた「ポルトでプレーしたい」というインタビューや、「ベンフィカが中島に興味か」という報道など、移籍報道を中心に連日現地メディアに取り上げられる存在となった。

今夏、FC東京から加入したポルティモネンセのチーム得点王が、この冬どのクラブに移籍するのか。これはポルトガルメディアが最も注目する関心事項のひとつとなっている。その中でもとりわけ、中島本人が「プレーしたい」と公言したポルトか、現地メディアが「興味を抱いている」と報じたベンフィカのどちらのビッグクラブに移籍するのかは、多くの日本人ファンも含め気になるところだろう。未だポルトからの関心が伝えられたことはないが、かのイケル・カシージャスからゴールを奪った中島の獲得に、今後同クラブが興味を抱く可能性も低くはないだろう。ベンフィカについては、すでに「具体的な大枠について数回会話されている」ようで、問題となっている金銭面をクリアすれば、一気に話が進む可能性も十分にあり得る。

ポルトとベンフィカへの移籍の可能性が同じ粒度にはないことは前提に置きながらも、筆者は、中島翔哉に「望む」ポルトではなく「望んでくれている」ベンフィカへの移籍を推奨したい。いくつかある中でも、大きくはたった2つの理由からである。

ベンフィカでは得意の左ウイングにチャンス。絶対的エース誇るポルトではノーチャンス

中島翔哉がポルティモネンセでプレーするのは左ウイング。カットインをしてゴールに迫るプレーを得意とする中島は、この得意ポジションで水を得た魚のようにゴールを量産している。当然、ベンフィカも左ウイングでプレーする中島に関心を抱いているだろうし、ステップアップ先においても、是が非でも確保したいポジションであることは明白である。

ポルトとベンフィカ両チームの左ウイングを見てみると、中島にとってより試合出場およびその先の活躍の可能性が高そうなのは、ベンフィカである。

伝統の4-3-3から、直近では4-4-2のシステムに移行しつつあるポルトで、左ウイングの定位置を確保しているのは、アルジェリア代表FWヤシン・ブライミ。プレミアリーグを中心に関心を集め、毎年メガクラブへのステップアップが噂されるリーグNo.1アタッカーの一角である。今季も、リーグ戦の15試合全てに出場して4ゴールをマークする他、アシストランキングで暫定トップタイの6アシストを記録するなど、名実ともにリーグで突出した存在だ。ともに中島がリーグでマークしている6ゴールの倍である12ゴールを記録しているバンサン・アブバカルとムサ・マレガの強靭な2トップに優れたボールを配給し、チームの得点源を屋台骨のごとく支えている。

一方、ベンフィカでは若手アルゼンチン人レフティであるフランコ・セルビが一応のレギュラーとしてプレーしている。しかし、12試合に出場して1ゴール2アシストとイマイチ波に乗れず。小気味よいドリブルで一定の存在感は発揮しているものの、「ディ・マリア2世」と期待される存在としてはいささか物足りない。リーグ4連覇中のベンフィカ自体も、主力が一斉に退団した今季は不調に苦しみ、シーズン折り返し地点ですでに、CL、ポルトガル杯、リーグ杯で敗退しており、残るタイトルの可能性はリーグ戦のみに絞られている。シーズン前半からの挽回を期して、中断期間にチーム構成にメスを入れることは考えられる。

仮に中島翔哉が加入するのであれば、絶対的なエース、ヤシン・ブライミを誇るポルトではなく、左ウイングに絶対的な存在がおらず、チームも変化の時期にあるベンフィカの方が、活躍のチャンスに恵まれると推察する。

ポルトは育成<結果、ベンフィカは育成+結果

ポルトとベンフィカは、どちらも毎年タイトルを獲得することが最低条件とされる国内屈指のビッククラブであり、ともに「結果」が最重視される点は変わらない。しかし現在のチーム状況から、ポルトは是が非でも結果を残すことに執着せざるを得なく、若手選手を育成している余裕はない。一方で、ベンフィカは若手選手を育成しながらタイトルを獲得してきた実績がすでにあり、今季も苦戦はしながらも、育成と結果の両実を得る姿勢を貫いている。

宿敵ベンフィカにリーグ4連覇を許すという屈辱を浴びているポルトを率いるセルジオ・コンセイサオンにとって、今季のタイトル獲得は史上命題。直近でも、パウロ・フォンセッカ→フレン・ロペテギ→ヌーノ・エスピリト・サントと、タイトルを逃した監督は短命に終わっており、コンセイサオンも念願のチャンピオンカップを手にできなければ、ピント・ダ・コスタ会長の剛腕により、彼らと同じ運命を辿ることになることは自覚しているだろう。現在無敗でリーグ首位に立つポルト、そしてセルジオ・コンセイサオンは、今季こそはタイトルを逃してはならない。だからこそ、ゴールマウスはスペインのレジェンドであるイケル・カシージャスから、U-21世代で出場したEURO2015の準優勝チームの正GKであるジョゼ・サーにすげ換えたものの、昨季は大車輪の活躍をしたオリベル・トーレスやオタービオ・モンテイロら若手選手が苦戦する中、彼らの得意ポジションであるトップ下またはインサイドハーフが存在しない4-4-2システムを採用。前述のアブバカル-マレガの強力2トップに頼り、確実に勝ち点3を奪うスタイルで結果を残している。

一方のベンフィカは、若手を大抜擢しながらもリーグタイトルを2連覇中の実績のあるルイ・ビトーリアのもと、若手選手をチームの中心に据えながら、かつタイトルを目指す姿勢を継続している。今季もゴールマウスには、ポルトのジョゼ・サーと並び次代のポルトガル代表を担うと期待されるブルーノ・バレーラを採用。控えGKの18歳ミル・スビラールに至っては、CLマンチェスター・ユナイテッドとのビッグゲームでサプイラズ抜擢している。その他にも、今季加入した22歳フィリペ・クロビノビッチも出場機会を増やしつつあり、前述のフランコ・セルビも辛抱強く登用し続けている。

ルイ・ビトーリアのもとベンフィカで育ち、世界有数のメガクラブに羽ばたいていった選手は、下記の通り錚々たるメンバーであり、特にAチームデビューから僅か半年でポルトガル代表に選ばれ、バイエルン・ミュンヘンに巣立ったレナト・サンチェスのように、中島翔哉にとっても、今冬ベンフィカに移籍して半年で結果を残せば、欧州の名門クラブへの切符を手にできる「シンデレラ・ストーリー」を夢見ることが可能だ。

<ルイ・ビトーリアが輩出した主な若手選手(チーム名は現在の所属ではなく、ベンフィカから移籍した際の移籍先)>

エデルソン・モラエス
(→マンチェスター・シティ)
ネウソン・セメード
(→バルセロナ)
ビクトル・リンデロフ
(→マンチェスター・ユナイテッド)
・レナト・サンチェス
(→バイエルン・ミュンヘン)
ゴンサロ・グエデス
(→パリ・サンジェルマン)

「プレースタイルが好きだから」との理由で、絶対的なレギュラーが待ち受ける憧れのポルトへ加入するのか、何人もの若手を欧州の名門に輩出した実績のあるルイ・ビトーリアのもと、得意ポジションで出場のチャンスがあるベンフィカに加入するのか。仮に両クラブからのオファーが舞い降りた場合、中島が選択すべき道は明らかなように思える。未だ、ベンフィカからも正式なオファーは届いていないが、エースに君臨するポルティモネンセへの残留という選択肢も含め、今冬、中島翔哉が下す決断をポルトガルサッカーファンの1人として待ちわびたい。そして、スポルティングに所属した田中順也以来となる「ポルトガル3強所属プレーヤー」の誕生を切に願いたい。