タグ別アーカイブ: 亀倉龍希

浦和レッズ移籍が噂されるポルティモネンセ亀倉龍希ってどんな選手?

ポルトガルの最大手サッカーメディア『A BOLA』により、ポルティモネンセから浦和レッズへの移籍が報じられた亀倉龍希。今回は、これまで日本のメディアにはあまり取り上げられてこなかった同選手についてご紹介したい。

亀倉龍希、本名テオドロス・リュウキ・カメクラ・パナゴポウロス(Theodosos Ryuki Kamekura Panagopoulos)。フッキの代理人を務めることで知られ、ポルティモネンセの最大株主でもあるテオドロ・フォンセッカを父に持つ、日本とブラジルのハーフだ。1995年生まれで現在は22歳。2012-13シーズンより世界的強豪ポルトの下部組織に入団し、2013-14シーズンに当初レンタルでポルティモネンセに加入して以来、実に5シーズンにわたって同クラブでプレーしている生粋の海外組である。
(上記データは、ポルトガルのサッカーデータベース『zerozero.pt』より取得)

ポルティモネンセではチームの主力選手として活躍するかたわら、金崎夢生や中島翔哉らがチームに馴染むように陰ながら支えてきた。金崎がポルトガルで記者会見を行う際には通訳を務めることもあった。中島も現地メディアに対して「どうしても監督やチームメイトの言っていることが分からなかったら、龍希が助けてくれる」などと語っており、日本では金崎夢生と中島翔哉の活躍ばかりが取り上げられる裏で、両者のポルトガルでの生活を支えていた、まさに功労者でもある。

直近の2シーズンは多くの出場機会に恵まれてはいなかったが、ポルトガル2部時代の2015-16シーズンには、年間40試合以上に出場するなど、まさにチームの中心選手として活躍。ちなみに筆者は、2016年のリオ・オリンピックメンバーに選出されることを陰ながら期待していた。

長らくポルトガルリーグでプレーを重ね、プレー以外の面では日葡バイリンガルという強みを活かしてチームメイトが異文化に馴染むのを助けていた亀倉。浦和レッズにはポルティモネンセのチームメイトであるファブリシオが加入しており、仮に亀倉の移籍も実現すれば、ファブリシオが鹿島アントラーズぶりの日本で、快適な生活が送れるよう全力でサポートしてくれるはずだ。また、下位に低迷する浦和レッズにポルトガルリーグでの経験を大いに還元してくれるに違いない。

(下記は亀倉龍希選手のTwitterアカウントです。特に浦和レッズファンの皆様は、是非ともフォローを)

中島翔哉、意思疎通は問題なし?同僚が明言「共通の言語で話しているし龍希もいる」

『O JOGO』

ポルティモネンセのゴールマウスを守るリカルド・フェレイラが、『O JOGO』のロングインタビューに応答。その中で、今夏チームに加入した日本人、中島翔哉についてコメントした。

インタビュアーから「ちょっと興味があるのですが、日本語しか話せないナカジマとは、どのようにして理解し合っているんですか」と尋ねられた同選手は、「時々、彼には、最低限は理解してもらえる英語を使う。でも、まだまだ大きな手間がかかる。だから、特に僕らの「会話」は、ジェスチャーやサッカーの共通言語で行われる。でもいつも最後には理解し合えるよ。難しいときはリュウキ(亀倉龍希:ブラジル人の父を持ち、ポルトガル語に堪能)に通訳を頼むしね」と回答した。

ポルトガル1部のこのチームで、ゴールを決めたポルト戦や、輝かしいパフォーマンスを発揮したベンフィカ戦など、世界屈指の強豪チームと渡り合っている中島。言語は話せないながらも助けてくれる日本人の同僚がおり、チームメイトとの意思疎通に問題はないようだ。中島の活躍の裏には、このような潤滑なコミュニケーションを図れる環境があった。その意味でも、ポルティモネンセ移籍の選択は、「大正解」だったと言えるのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

ファブリシオ所属のポルティモネンセが、プレシーズンにポルト相手に早めの腕試し!

ポルトが、2017-18プレシーズンの日程を発表した。

セルジオ・コンセイサオン新監督率いるポルトは、7月15日からメキシコ遠征に出発。その後帰国し23日にギマラインスと練習試合した後、24日から29日にポルトガル南部アルガルベ地方へ遠征。27日にポルティモネンセと対戦した後、7月30日にドラガオン・スタジアムでサポーターへホームお披露目となる。

2017-18シーズンより1部へ復帰するポルティモネンセにとっては、強豪クラブが並み居る1部への試金石として、最大のビッグクラブ、ポルトと対戦できるのは貴重な機会。ファブリシオと亀倉龍希も、この夏に移籍をしなかれば、ポルトとの貴重なプレシーズンマッチに出場することだろう。

©FutePor -ふとぽる-

ポルティモネンセがポルトガル2部リーグ優勝!ファブリシオは最終節に復帰も出場なし

ポルトガル2部リーグの最終節が各地で行われ、ファブリシオや亀倉龍希らが所属するポルティモネンセが、リーグ優勝に輝いた。

この日、サンタ・クラーラに勝利すれば優勝が決まる一戦。ファブリシオは負傷から復帰し久々のベンチに入りを果たした。試合はポルティモネンセが2-1で勝利。ファブリシオに出場機会は訪れなかったが、チームは最終節に2部優勝を決定させた。

すでに1部昇格を決めていたポルティモネンセだが、最終節に有終の美を飾った。来季は、2部王者のタイトルをひっさげ、リーグ4連覇の絶対王者ベンフィカやポルト、スポルティングなど強豪チームが並み居る1部リーグに挑戦する。

©FutePor -ふとぽる-

ファブリシオ、亀倉所属のポルティモネンセが1部復帰を決定!来季はポルトやベンフィカらと対戦

かつて金崎夢生がプレーし、現在はファブリシオや亀倉龍希が所属するポルティモネンセが、6年ぶりにポルトガル1部への復帰を決定させた。

引き分け以上で1部昇格を決定させるアカデミコ・ビゼウ戦に臨んだ首位ポルティモネンセ。ファブリシオと亀倉龍希は負傷の影響もありともに招集外となった。しかし、チームは格下相手にまさかの敗戦を喫し、昇格は一時見送りに。その後行われた3位バルジンの結果次第となったが、同クラブがコビリャオン相手に4失点の大敗。ポルティモネンセが2位以上を確定させ、念願の1部昇格を達成した。

6年ぶりの昇格となったポルティモネンセは、来季からベンフィカやポルト、スポルティングら強豪クラブが並み居る1部リーグに挑戦する。

©FutePor -ふとぽる-